【AGAの症状について】初期症状から特徴的な症状まで正しく理解して対策を立てよう

AGA(男性型脱毛症)の主な症状は、「額の生え際が後退してきた」「頭頂部の髪の毛が薄くなってきた」などの症状に代表される「薄毛」です。
薄毛になる前に現れる「初期症状」があれば、髪の毛が薄くなる前に対策を取ることが出来ますが、AGAにそのような初期症状はあるのでしょうか。また、AGAを発症した場合に、かゆみや髪質の変化など、薄毛以外の症状は現れるのでしょうか。さらに、AGAは女性でも発症する場合があるのですが、男女で症状に違いはあるのでしょうか。
ここでは、AGAで起こり得るさまざまな「症状」に焦点を当てて、詳しく解説をしていきます。AGAの症状について正しい知識を身に付けたら、それを踏まえて一緒に対策法を考えていきましょう。

Ito
伊藤恭太郎 医師監修
日本救急医学会救急科専門医

目次

  1. 01AGAのセルフチェックしてみよう
  2. 02AGAの初期症状
  3. 03男性のAGAの症状とその特徴
  4. 04「かゆみ」はAGAの症状ではない
  5. 05AGAの症状に気付いた場合の正しい対策
この記事のチェックポイント

AGAのセルフチェックしてみよう

ここがポイント!

  • セルフチェックのポイント1:額の生え際が後退していないか
  • セルフチェックのポイント2:前頭部と頭頂部の髪の毛が細く短くなっていないか
  • 「なっているか」ではなくAGAの「なりやすさ」を自宅でセルフチェック出来る「遺伝子検査」もある

「最近額が広くなってきた」「頭頂部の髪の毛が薄くなった気がする」「全体に髪の毛のボリュームが減った気がする」といったことを感じたことはないでしょうか。このような症状が現れた場合、AGAである可能性があります。まずは自分がAGAである可能性があるか、セルフチェックをしてみましょう。

AGAがセルフチェック出来る理由

病院で実際に行われるAGAの診断では、医師が目で、主に「額の生え際が後退しているか」「前頭部と頭頂部の髪の毛が細く短くなっているか」を確かめています。医師が目で見て診断を行うということは、AGAの症状が理解出来ていれば、自分でもある程度セルフチェック出来るということに他なりません。
それでは早速、AGAの簡単なセルフチェックをしてみましょう。

AGAのセルフチェック

  • 額が広くなってきた気がする
  • 髪の毛のボリュームが減った気がする
  • 抜け毛が多くなった気がする
  • 髪質が変わった(髪が細くなった)
  • 頭頂部の髪の毛が薄くなった
AGAのセルフチェック

いくつか当てはまる症状があった場合には、AGAの可能性があります。治療を受けたいと考えている人は、病院を受診し、医師による確かな診察を受けましょう。

AGAの「なりやすさ」のセルフチェック~遺伝子検査

経験的に、「祖父や父親が薄毛なら、子どもも薄毛」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。AGAの原因は主に「男性ホルモン」ですが、「遺伝」も発症に関与すると知られています。AGAに遺伝が関与すると言っても、親がAGAであった場合に子どもも必ずAGAになるというわけではなく、AGAの人の「男性ホルモンの働きに関連する遺伝子」には、ある程度共通した特徴が見られるという意味です。この遺伝子の特徴を調べることで、自分がAGAを発症しやすいかどうかを知ることが出来ます
この遺伝子検査は病院でも受けられますが、インターネットを介したサービスを利用して自宅で受けることも出来ます。
検査方法は、自宅に郵送されてきたキットの容器に、綿棒のようなもので頬の粘膜をこすり取って入れ、返送するだけです。採血のような痛みもなく、短時間で済むので、手軽な検査だと言えるでしょう。検査結果が届くまでには1カ月程度かかります。

AGAの原因について詳しくは【AGAの原因について】原因物質「DHT」が薄毛スイッチを入れる仕組みから遺伝やストレスの影響・女性のAGAまでをご参照ください。
検査方法について詳しくは【AGAの検査を知ろう】病院(皮膚科・AGA専門科)で行われる検査方法から自宅で出来る遺伝子検査まで、方法や特徴を解説をご参照ください。

参考


脱毛症診断チェック

AGAの初期症状

ここがポイント!

  • 初期症状は男性ホルモンの影響で「毛周期」が変化して現れ始める
  • AGAの初期症状は「抜け毛」と「ハリがなく柔らかい髪質になる」
  • AGAになったら治療を受けようと考えている人は、初期症状を見逃さないようにしよう

セルフチェックが済んだところで、今度は、出来るだけ早く気付きたい、AGAの「初期症状」について確認していきましょう。

初期症状は「毛周期」の変化で現れる

私たちの髪の毛は、「成長期」「休止期」「退行期」を繰り返す「毛周期」というサイクルで生え替わっています。髪の毛の「成長期」は、1本1本異なりますが2~6年程度で、この間に毛は太く長く育っていきます。成長期が終わると「退行期」に入ります。退行期は2週間程度で、この間に毛の根元の部分である「毛球」が衰えて小さくなり始めます。毛球が完全に小さくなると、「休止期」に入ります。休止期は3~4カ月程度で、この間に髪の毛は、成長も退行もせずそのままの状態で留まっています。やがて、新しい毛が成長期に入り、毛周期の次のサイクルがスタートすると、休止期であった古い毛は自然に抜け落ちる仕組みになっています。個人差はありますが、正常な毛周期により、髪の毛は毎日100本程度抜けています。

AGAでは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが、髪の毛を作る細胞に作用して、髪の毛の「成長期」を短くしてしまいます。通常2~6年程度であるはずの成長期が、数カ月~1年程度に短縮してしまうため、髪の毛が十分に成長出来ず、結果的に細く短い毛が増えてきてしまいます。
正常な毛周期とAGAの毛周期

つまり、男性ホルモンの影響により毛周期が変化し、成長期が短くなることでAGAが始まり、初期症状が現れ始めるというわけです。

毛周期とAGAの関係について詳しくは【AGAの原因について】原因物質「DHT」が薄毛スイッチを入れる仕組みから遺伝やストレスの影響・女性のAGAまでをご参照ください。
AGA発症の原因物質である「DHT」について詳しくは「AGAを引き起こす男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」とは~男性ホルモンに共通の役割とDHTの特徴からAGA治療薬がDHTを減らす作用の仕組みまで解説」ご参照ください。

AGAの初期症状は「抜け毛」と「髪質の変化」

AGAは発症してすぐ薄毛になるわけではなく、「初期症状」を経て徐々に薄毛になっていきます。
先ほど説明をしたように、AGAは毛の成長期が短くなって発症するため、AGAの具体的な初期症状は、「抜け毛の量が増える」「髪質が細く柔らかくなる」「髪の毛のハリが感じられなくなる」などの形で現れます。

初期症状を見つけたら…

米国の研究グループにより、フィナステリドという薬で治療したAGAの人と治療しなかったAGAの人を対象に、髪の毛の本数の変化を5年間追った結果が報告されています。下のグラフのように、AGAを治療せずに放置しておくと、髪の毛は減り続けていくという結果でした。
5年間の毛髪数の変化
AGAは、日本人の場合、20代男性の10人に1人が発症し、30代、40代と徐々に発症者の割合が増え、症状も著明になっていきます。20代でのAGA治療開始は、決して早過ぎることではありません。初期症状に気付いたら、すぐに病院へ行き医師の視診を受け、AGAと診断された場合には治療を開始することが、AGAの進行予防や改善の可能性に最も近付ける方法であると言えるでしょう。

AGAは進行してから戻す方が何倍も難しく時間もかかります。まずは早期発見し進行させないことがとても大切です。

参考

男性のAGAの症状とその特徴

ここがポイント!

  • 「額の生え際が後退する」「頭頂部の毛が薄くなる」のどちらか、または両方
  • AGAの重症度は「ハミルトン・ノーウッドの分類」に従って判定される
  • AGAは思春期以降に発症し、年齢とともに発症者の割合、症状の程度が大きくなっていく

AGAの初期症状を確認したところで、今度はAGAの主な症状である「薄毛」の部位や重症度、発症時期に関する特徴について確認をしていきましょう。

薄毛パターンに見られる特徴

AGAで薄毛になる部位は「前頭部(額)の生え際」と「頭頂部」で、側頭部や後頭部は基本的に薄毛にならないという特徴があります。「前頭部」と「頭頂部」の薄毛は、どちらか一方のみに現れる場合と、両方に現れる場合があります。つまり、AGAによる薄毛パターンは「前頭部のみ」「頭頂部のみ」「前頭部と頭頂部の両方」の3パターンに大きく分けることができるのです。これは「男性」特有のパターンです。
薄毛のパターン
前頭部の生え際に症状が現れた実際の写真はこちらです。
前頭部の生え際の症状

AGAの重症度と判定法

AGAの重症度は、薄毛のパターンによって「軽症」「中等症」「重症」の3つに分類されています。AGAの診療ガイドラインでは、重症度によって異なる治療方針が推奨されています。重症度の判定には、「ハミルトン・ノーウッドの分類」が用いられます。 これは男性の薄毛のパターンを視覚的に分かりやすく分類したものです。
ハミルトン・ノーウッドの分類
  男性 女性
軽症 Ⅱ,Ⅱa, Ⅱvertex LudwigⅠ
中等症 Ⅲ,Ⅲa,Ⅲvertex,Ⅳ,Ⅳa,Ⅴ LudwigⅡ
重症 Ⅴa,Ⅵ,Ⅶ LudwigⅢ

一度ご自分の状態と照らし合わせて確かめてみてはいかがでしょうか。

発症時期に関する特徴

AGAは、発症に「男性ホルモン」が深く関わっているため、発症時期は男性ホルモンの分泌が盛んになる思春期以降となります。日本人男性のAGA発症頻度は20代で10%程度、30代で20%程度、40代で30%程度、50代以降では40%程度と、年齢とともに高くなる特徴があります。症状も年齢とともに進行し、20代~30代にかけて著明になり徐々に進行して40歳代以降に最終的な状態になります。以上のデータは、AGAの診療ガイドラインに記載されています。

参考



LINE@で皮膚科専門医に無料相談

女性のAGAの症状とその特徴

ここがポイント!

  • 女性の場合は、頭頂部の比較的広い範囲の毛が薄くなる
  • AGAの重症度は、「ルードヴィヒの分類」に従って判定される


AGAは「男性型脱毛症」と言われますが、女性でも発症する場合があります。
女性の場合は、男性とは症状の特徴が異なるため、女性で発症するAGAは男性と区別してとFAGA(女性男性型脱毛症)とも言われます。ここでは女性のAGAの症状とその特徴について確認をしていきましょう。

AGAは女性も発症する~その特徴とは

男性のAGAが「前頭部」や「頭頂部」が薄毛になるという特徴があるのに対し、女性は「頭頂部の比較的広い範囲の髪の毛が薄くなる」という特徴があります。
男性のAGA発症の原因には「DHT」という男性ホルモンが深く関与していることが明らかになっています。しかし、女性のAGA発症の原因は、まだ完全に解明されておらず、男性ホルモンとの関連性も医学的に証明されていないのです。そのため、DHTの産生を抑制する作用がある「フィナステリド」や「デュタステリド」などの内服薬は、女性への安全性や有効性が検証されておらず、適応はありません。
日本皮膚科学会が策定しているAGAの診療ガイドラインでは、女性の第一選択薬として外用薬である「ミノキシジル」を推奨しています。このミノキシジル外用薬も男性と女性では、推奨されているミノキシジル配合量が異なり、「男性では5%」「女性では1%」とされています。

女性のAGAに特徴的な症状については「【女性に多い「びまん性脱毛症」の治療と対策】主な3つの原因から病院の治療薬、シャンプーなどの日常対策まで解説」においても詳しく解説しているため、ご参照下さい。

女性のAGAの重症度と判定法

AGAの重症度は、男性と同じく薄毛のパターンによって「軽症」「中等症」「重症」の3つに分類されています。女性のAGAの重症度判定には「ルードヴィヒの分類」が用いられます。これは、女性の薄毛パターンを視覚的に分かりやすく分類したものです。

ルードヴィヒの分類
  男性 女性
軽症 Ⅱ,Ⅱa, Ⅱvertex LudwigⅠ
中等症 Ⅲ,Ⅲa,Ⅲvertex,Ⅳ,Ⅳa,Ⅴ LudwigⅡ
重症 Ⅴa,Ⅵ,Ⅶ LudwigⅢ


参考




「かゆみ」はAGAの症状ではない

ここがポイント!

  • AGAの症状に「かゆみ」はない
  • かゆみを感じる場合には、頭皮が乾燥や炎症を起こしている可能性がある

結論から言うと、頭皮の「かゆみ」はAGAの症状ではありません。「髪の毛の成長期が短くなり、毛が細く短くなる」というAGA発症の仕組みに、頭皮のかゆみを引き起こす要因はないため、頭皮に「かゆみ」を引き起こすことはないのです。

頭皮にかゆみを感じる場合、シャンプーや育毛剤などが肌に合わず「接触性皮膚炎」などといった皮膚の炎症を起こしている可能性があります。かゆみが収まらない場合には、普段使用しているシャンプーや育毛剤の使用を中止し、一度皮膚科を受診してみましょう。

また、炎症以外にも、頭皮の「乾燥」によってかゆみが生じる場合があります。シャンプーには「界面活性剤」という成分が含まれています。強い洗浄力を持つ界面活性剤を含むシャンプーは、頭皮の皮脂ごと洗い流してしまうため皮膚が乾燥しやすくなり、その部分にかゆみを生じる場合があるのです。シャンプーで頭皮の乾燥を起こしやすい人は、「敏感肌用」のシャンプーなども売られていますので、自分の肌に合った製品を選ぶように心がけましょう。

AGAの人におすすめのシャンプーなどについて詳しくは「【AGAの予防・改善につながるシャンプーの方法とは】おすすめの洗い方からシャンプー選びのポイントまで~今日から試してみよう」をご参照ください。

参考


脱毛症診断チェック

AGAの症状に気付いた場合の正しい対策

ここがポイント!

  • AGAの症状に気付いた場合の1番の対策は「病院での治療」
  • 正しい洗髪方法は間接的にAGA対策となる
  • 健康的な生活を送ることは髪と頭皮の健康にもつながり、間接的にAGA対策となる

AGAの症状について順に見てきたところで、最後に、症状に気付いた場合の正しい対策法についてお話しをしておきます。

病院で診断と治療を受ける


AGAは、病院で診断と治療を受けることが一番の対策であると言えます。AGAの治療を受けたい場合に何科を受診すればいいのか、また、病院ではどのような治療を受けることが出来るのかについて簡単に確認をしましょう。

AGAの場合、何科を受診すればいいのか

AGAは基本的に「皮膚科」で診療を受けることが出来ます。また、「脱毛症専門外来」「AGA専門クリニック」もあり、そのような専門科では、専門医による診療を受けることも可能です。さらに、少数ですが、女性専門の脱毛症外来を開設している病院やクリニックもあります。

診断と治療はこんな流れで行われる

AGAの疑いで皮膚科や専門科を受診した場合、大まかに次のような流れで診断と治療が行われます。

1.問診:「症状が現れた経緯」などについて質問されます。
2.診察:医師が頭皮の状態を見て確かめる「視診」が行われます。
3.診断:問診と診察の結果から、医師によりAGAの診断が行われます。
4.治療方針の決定:AGAと診断され、治療を望む場合には、育毛剤や薬などによる治療方針を決めていきます。
5.治療の開始

この治療の流れはあくまで、医師が診察の際に参考にする「診療ガイドライン」に沿ったものです。このガイドラインを参考に診療が行われていますが、医師によって診療方針は異なります。
AGA専門のクリニックなどでは、無料カウンセリングを行っている病院や、最近ではテレビ電話を使い医師が診察を行い診断・治療を行っている病院も増えてきています。
どのように治療を行っていくのか、まず医師と良く相談し、納得した上で治療を進めていきましょう。

→ 自宅からテレビ電話で医師の無料カンセリングを受けることができます。(東京ロイヤルクリニック)

AGAの診断について詳しくは【AGAの診断方法と診断基準】病院での診断の流れから自宅で出来るセルフチェックや遺伝子検査キットなど幅広く解説をご参照ください。
治療について詳しくは【AGAの治療について】3つの治療方法・期間・薬の効果と副作用から保険適用まで網羅的にをご参照ください。

正しいシャンプー方法でヘアケアを行う

シャンプーは、頭皮や髪の毛に直接触れるものである上に、洗髪は毎日行うことなので、AGAの症状に気付いた人も、そうでない人も、頭皮や髪の毛を傷めないように心がけていることが、健康な髪の毛のために重要です。ここでは、髪と頭皮の健康を保つ正しいシャンプーの方法を簡単に紹介します。

1) シャンプーを行う前には、必ずブラッシングをして髪の毛のからまりを取り除いておきます。
2) お湯はぬるめにして、まずは地肌をしっかりとすすぎます。
3) シャンプーを直接頭皮に付けると刺激が強いので、手のひらでしっかりと泡立ててから使用します。
4) 頭皮を洗うときは、指のおなかの部分を使って、マッサージをするように優しく洗います。
5) シャンプーの洗い残しも頭皮や髪の毛にダメージを与えますので、しっかりと洗い流すようにしましょう。
髪と頭皮に優しいシャンプーの手順

AGA対策としてのシャンプー方法について詳しくは「【AGAの予防・改善につながるシャンプーの選び方】シャンプー選びのポイントからおすすめの洗い方まで~今日から試してみよう」をご参照ください。

健康的な生活習慣を身につける

髪の毛や頭皮も体の一部であるため、健康的な生活を送ることは髪と頭皮の健康につながり、間接的にAGAの症状への対策となります。健康のために心がけるべき生活習慣について具体的に確認をしていきましょう。

バランスの良い食事を取る

私たちは食べ物から栄養素を直接体に取り入れているため、「食事」は健康作りの基本だと言えるでしょう。髪と頭皮の健康に必要な栄養素も、もちろん食事で取り入れています。

禁煙をする

たばこの煙には、多くの有害物質が含まれていますが、特にニコチンには、交感神経を刺激して血管を収縮させ、血行を悪くする働きがあります。髪の毛を作る「毛母細胞」は、「毛細血管」から必要な酸素や栄養素を得ているため、血行が悪くなると髪の毛を作る細胞が酸素不足、栄養不足となり本来の力が発揮できなくなる可能性があります。血行は、体だけでなく髪の毛の健康にも大切なことなのです。

睡眠をしっかり取る

睡眠中に分泌される「成長ホルモン」には、髪の毛を構成するタンパク質の合成を促進する作用があるため、睡眠は髪の毛の成長にも関係してきます。成長ホルモンは、子どもの発育に深く関係するホルモンで、成人になると量が減りますが、分泌は続きます。成長ホルモンは、熟睡している時により多く分泌されることが分かっているため、質の良い眠りを心がけることも大切です。

ストレスを溜めない

AGAとストレスの直接的な関連性は、今のところ明らかになっていません。一方で、ストレスは、眠れない、疲れやすい、頭痛、めまい、情緒不安定など、私たちの体とこころにさまざまな悪影響を及ぼす場合があります。その原因は「自律神経の乱れ」であると知られていますが、この乱れは毛母細胞への血行不良にもつながる可能性があります。
健康的な生活習慣を送ろう


髪と頭皮の健康につながる健康的な生活習慣について詳しくは「【AGAの予防と対策】食事やシャンプーなどの日常生活で出来る対策から予防薬の情報までを解説」をご参照ください。

参考


まとめ

AGAの症状について、いろいろ見てきました。男性に特徴的な症状は、「額の生え際が後退する」と「頭頂部の毛が薄くなる」です。どちらか一方の人もいれば、両方の症状が現れる人もいます。AGAは女性でもなる場合があります。女性の場合は額の生え際は変化せず、「頭頂部の比較的広い範囲の毛が薄くなる」のが特徴的な症状です。AGAによる薄毛パターンは、症状の程度によって「軽症」「中等症」「重症」の3つの重症度に分類されており、この分類は、治療方針を決定する上で重要となります。
自分がAGAかも知れず、もしそうであれば治療を受けたいと思っている場合には、病院を受診してみましょう。AGAは、皮膚科、脱毛症専門外来、AGA専門クリニックなどで受診出来ます。AGAの治療は長期間続けていく必要がある上に、保険が適用されず自費診療となるため、経済的負担も大きくなります。治療法もさまざまですので、主治医と治療方針をよく相談するようにしましょう。
また、病院での治療に加えて、バランスの取れた食事、睡眠、禁煙等規則正しい生活習慣を心がけ、髪の毛と頭皮に優しい生活を送りましょう。

LINE@で皮膚科専門医に無料相談

Ito
伊藤恭太郎 医師
日本救急医学会救急科専門医

プロフィール

東北大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院および聖路加国際病院の救命救急センターにて、救急集中治療医として診療に従事。聖路加国際病院では、救急部チーフレジデントを務め、救急科専門医資格を取得。一般内科外来や在宅診療、重症患者への高度救命処置まで、幅広い分野の診療を経験。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ