市販の発毛シャンプーについて|配合成分から発毛効果を医学的に解説

「発毛シャンプー」として宣伝され、市販されている商品をドラックストアやインターネットで多く見かけますが、医学的に発毛効果が証明されている商品はありません。しかし、シャンプーには、頭皮を清潔に保ち、血流を改善する効果があり、髪の毛や頭皮の健康増進に繋がると考えられています。ここでは、市販されている発毛シャンプーの成分から、頭皮や髪の毛を健康に保つための「正しいシャンプーの方法」までを、詳しく解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01市販の「発毛シャンプー」に含まれる成分
  2. 02発毛シャンプーには、女性用と男性用の区別があるのか
  3. 03医学的に見た「発毛シャンプーの効果」
  4. 04発毛につながる正しいシャンプー方法
  5. 05まとめ

市販の「発毛シャンプー」に含まれる成分

ここがポイント!

  • 頭皮や髪の毛に良いとされる成分が配合されたシャンプーがあるが、発毛の効果が医学的に証明されている市販のシャンプーはない
  • 髪の毛や頭皮に刺激の少ないシャンプーを選ぶことは、頭皮環境を整え、髪の毛の成長や健康のサポートに繋がる

市販されているシャンプーは、種類によってそれぞれ配合されている成分が異なります。発毛効果があると謳っている商品も見かけますが、現在発毛効果が医学的に証明されているシャンプーはありません。シャンプーは、医薬品ではありません。あくまでも、頭皮や毛髪を清潔に保ち、頭皮環境を改善する目的で使用する事を心得ておく必要があります。
髪の毛の成長や健康をサポートするためには、なるべく刺激を与えない事が重要です。シャンプーを選ぶ際には、配合されている成分に注目して見ましょう。
洗浄成分がアミノ酸系のものやノンシリコンシャンプーは、刺激が少ないためおすすめです。

石油系や石鹸系のような洗浄力の高いシャンプーは刺激が強いので、頭皮や髪の毛に優しい
アミノ酸系やノンシリコン系のシャンプーを選ぶようにするのがお勧めです。ただし、ノンシリコン系のシャンプーは泡立ちにくく、髪の毛が絡まりやすいため、抜け毛が増える場合もあります。個々の髪質に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

ここでは、市販されているいくつかのシャンプーとその成分などをご紹介します。

ウーマシャンプープレミアム
成分 馬油(α‐リノレン酸)、加水分解ケラチン液、高アミノ酸(BCAA)、海藻エキスなど
内容量 300ml(約2カ月分)
価格 3,800円(税込み)
URL http://www.u-ma.co.jp/a8/af01/

スカルプD スカルプシャンプー
成分 ビロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸など
内容量 350ml(約2カ月分)
価格 3,900円(税込み)
URL http://scalp-d.angfa-store.jp/

チャップアップ シャンプー
成分 センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなど
内容量 300ml(約2カ月分)
価格 4,180円(税込み)
URL http://chapup.jp/product/detail/30

マイナチュレ シャンプー
成分 センブリエキス、大豆種子エキスなどの天然植物由来成分、サリチル酸、ラウロイルシルクNaなどのアミノ酸系成分など
内容量 200ml(約1カ月分)
価格 3,180円(税抜き)
URL https://www.my-nature.jp/

haru黒髪スカルプ・プロ
成分 リンゴ果実、ハイブリッドローズ、海藻などの22種類の天然成分、アミノ酸系洗浄成分など
内容量 400ml
価格 3,888円(税込み)
URL http://www.haru-shop.jp/lp/scalp/170410/index.html?ch=a8

CA101 薬用ブラックシャンプー
成分 海泥、薬用炭、などの天然成分、ホホバ油、ゴボウエキス、ホップエキス、ブドウ葉エキスなど36種類の天然植物エキスなど
内容量 260ml(約1.5~2か月分)
価格 3,360円(税込)
URL https://www.ca101.net/lp_pc/1701f_set_teiki/?A8_20130701

モンゴ流 シャンプー
成分 イラクサ根エキス・イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、シーバックソーンなどの26種類の天然植物成分、ココイルメチルタウリンNaなどのアミノ酸系成分など
内容量 400ml(約3~4カ月分)
価格 4,980円(税込み)
URL http://www.mongoryu.com/index.html

ここで紹介したシャンプーは、刺激が少なく頭皮や髪の毛に優しいシャンプーの一例です。肌質には個人差があるため、刺激の弱い成分であっても自分の肌に合わない場合もあります。いくつか商品を試して見て、自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

脱毛症診断チェック

発毛シャンプーには、女性用と男性用の区別があるのか

ここがポイント!

  • 男性用シャンプーは、皮脂による毛穴詰まりを防ぐため、洗浄力が高い商品が多い
  • 女性用シャンプーは、肌が乾燥しやすいため、保湿成分が多く配合されている商品が多い
  • 男性用、女性用と区別されているシャンプーもあるが、肌質は個人差があるため、自分にあった商品を選ぶ事が重要

シャンプーの中には、男性用と女性用に区別されているものがいくつかあります。
それらの商品紹介のホームページを見てみると、男性は女性よりも皮脂の分泌が多いため、皮脂をきちんと洗い落とし、毛穴詰まりを解消する事を目的とした洗浄力が比較的強い商品が多いようです。一方、女性は男性よりも頭皮が乾燥しやすいため、保湿成分が多く配合されている低刺激の商品が多いようです。男性用、女性用と区別されている商品もありますが、肌質には個人差があるため、それだけに左右されず、自分の肌にあったシャンプーを選ぶ事が重要です。


医学的に見た「発毛シャンプーの効果」

ここがポイント!

  • 発毛効果が医学的に証明されている市販のシャンプーはない
  • シャンプーには、頭皮環境を清潔に保ち、頭皮の血流を改善する効果がある
  • シャンプーはあくまでも髪の毛の成長や健康をサポートする役割である事を心得ておく必要がある

発毛シャンプーの効果には医学的根拠があるのか

ドラックストアやスーパーのシャンプーコーナーなどには、発毛に効果があると宣伝されている「発毛シャンプー」が売られているのを見かけます。しかし、現在日本で市販されているシャンプーには、発毛効果が医学的に証明されている商品はありません。あくまでも、髪の毛の健康維持が目的であること心得ておきましょう。
シャンプーの発毛・育毛効果に医学的根拠はありません

シャンプーがもたらす効果

シャンプーには、「頭皮環境を清潔に保つ」「頭皮の血流を改善する」という二つの効果があります。ここでは、2つの効果がなぜ髪の毛の健康維持に繋がるのかを見ていきましょう。

頭皮環境を清潔に保つ

シャンプーには、頭皮の皮脂や汚れを洗い流し、毛穴詰まりを防ぐ効果があります。毛穴が詰まると、頭皮が炎症やかゆみを起こしやすくなります。一方で、皮脂には「頭皮の乾燥を防ぐ」役割もあるため、洗い過ぎも頭皮が乾燥してしまい、髪の毛が生えにくくなる原因になります。そのため、正しいシャンプーの方法を身につけて、頭皮や髪の毛のダメージを抑える事が大切です。健康的な頭皮と髪の毛のための「正しいシャンプーの方法」は、次の章で詳しく解説していきます。

頭皮の血流を改善する

髪の毛は、頭皮の毛細血管から成長や健康維持に必要な酸素と栄養を取り入れています。そのため、頭皮の血行が悪くなると、十分な酸素や栄養が髪の毛に行き渡らなくなり、髪の毛の成長や健康に影響を与えてしまうのです。そのため、シャンプーによって頭皮の血流を改善する事は、髪の毛の健康や成長のサポートに繋がると考えられています。

医師に脱毛症の相談をしませんか?脱毛症のお悩みを募集しています

発毛につながる正しいシャンプー方法

ここがポイント!

  • シャンプーは、直接髪の毛や頭皮に触れる行為であり、間違った方法で行うと逆にダメージを与えてしまう可能性がある
  • 正しいの方法を身につけ、髪の毛や頭皮に優しいシャンプーを心掛けよう

発毛効果が医学的に認められている、市販のシャンプーはありません。しかし、前の章でも説明しましたが、シャンプーには「頭皮を清潔に保ち、血流を改善する効果」があり、髪の毛や頭皮の健康増進に繋がると考えられています。
シャンプーは、直接髪の毛や頭皮に触れる行為なので、間違った方法で行うとダメージを与えてしまう可能性があります。ここでは、髪の毛や頭皮に優しい「正しいシャンプーの方法」を紹介しますので、試してみてはいかがでしょうか。

<正しいシャンプーの方法>
1)シャンプーの前にはブラッシングを行う
2)熱すぎないお湯で、地肌までしっかりと濡らす
3)シャンプーは手のひらで泡立ててから使用する
4)爪を立てず、指の腹でマッサージするように洗う
5)洗い残しがないようにしっかりと洗い流す

正しいシャンプー法について詳しくは 【AGAの予防・改善につながるシャンプーの方法とは】おすすめの洗い方からシャンプー選びのポイントまで~今日から試してみようをご参照ください。

まとめ

ドラックストアやインターネットでは、発毛効果があると宣伝されているシャンプーがいくつかありますが、現在日本で発毛効果が医学的に証明されている市販のシャンプーはありません。しかし、シャンプーには「頭皮を清潔に保つ」「頭皮の血行を改善する」といった効果はあります。ですから、髪の毛や頭皮の健康をサポートする目的であると心得て使用すると良いでしょう。髪の毛や頭皮がダメージを受けると炎症やかゆみの原因となり、髪の毛の成長を妨げる恐れがあります。シャンプーを選ぶ際には、アミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーなど刺激の少ない商品で、かつ自分の肌質にあった商品を選ぶようにしましょう。
また、間違った方法でシャンプーを行なっていると頭皮環境を悪化させる原因にもなるので、紹介した「正しいシャンプーの方法」を参考にして、洗い方にも気を配ってみてはいかがでしょうか。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ