抜け毛はサプリで改善するのか|亜鉛・ノコギリヤシなどの有効成分と効果の医学的信頼性について解説   

抜け毛に効果があるサプリメントとして、亜鉛、マルチビタミン、植物由来成分など様々な有効成分を主成分としたものが販売されています。サプリメントは、ドラッグストアやインターネットの通販で販売されており、誰でも手軽に購入する事が出来ます。
薄毛は、外見が変容するため精神的ストレスを抱える人も少なくはありません。抜け毛に効果があるサプリメントがあれば、購入して使用してみたいと考える方もいるでしょう。
ここでは、抜け毛に効果があると宣伝されているサプリメントに、本当に医学的根拠のあるのかを解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01男性の抜け毛に効果的と言われるサプリメントについて
  2. 02女性の抜け毛に効果的と言われるサプリメントについて
  3. 03サプリは「健康食品」
  4. 04まとめ

男性の抜け毛に効果的と言われるサプリメントについて

ここがポイント!

  • 亜鉛やマルチビタミン(ビタミンB群)は、直接的に抜け毛症状を改善することは出来ないが、髪の毛や頭皮の健康をサポートする効果はある
  • ノコギリヤシには、AGAの症状を改善する効果を示した研究報告が複数ある
  • ナツシロギク、アルギニン、ミレットエキスには、明確な発毛・育毛効果がない

男性の抜け毛に効果があると宣伝されているサプリメントは複数あります。それらに、含まれている有効成分について、抜け毛に対する医学的な根拠があるのかを、それぞれ解説していきます。

亜鉛

亜鉛とは、一部の食品の中に含まれている「ミネラルの一種」です。
髪の毛の約90%は「ケラチン」というタンパク質で出来ています。亜鉛には、タンパク質の合成をサポートする働きがあるため、髪の毛の成長には欠かせないミネラルの一つなのです。

亜鉛サプリを摂取することで、抜け毛予防・改善に直接効果があるという医学的根拠は、現在のところ得られていません。しかし、亜鉛は髪の毛の成長に欠かせないミネラルの一つなので、亜鉛が極端に不足すると「亜鉛欠乏症」を発症し、脱毛症状が現れることが明らかになっています。ですが、亜鉛欠乏症は、亜鉛を全く摂取しなかったり、亜鉛の吸収が出来なかったりする状況になければ、発症する可能性は限りなく低いとされています。
亜鉛サプリメントの摂取は、髪の毛の健康をサポートする効果はありますが、亜鉛を過剰に摂りすぎてしまうと、悪心、嘔吐、食欲不振、腹部痙攣、下痢、頭痛などの症状が現れる可能性もあります。亜鉛サプリメントを摂取する場合には、用法容量を必ず守るようにしましょう。
抜け毛と亜鉛の関連性について詳しくは「亜鉛不足は抜け毛につながるのか|メカニズムや亜鉛サプリの効果~女性でダイエットや産後に特に不足しがちな理由まで」をご参照下さい。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシとは、細くて長いノコギリ状のとがった葉がついたヤシ科の一種です。ノコギリヤシエキスには、前立腺肥大症やAGAの発症に関与している「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの産生を抑制する効果があるとされています。
ノコギリヤシエキスが配合されたサプリメントは医薬品ではないため、有効性や安全性についての医学的根拠が明確ではありません。しかし、複数の研究でノコギリヤシエキスが、「DHT」の量を減少させ、AGAの症状を改善する効果が認められたとの報告がなされています。また、毛根を含む体内の炎症を抑制する可能性があると示した論文もあります。
このように、ノコギリヤシエキスにはAGAの改善に効果があると示した論文が複数報告されていていますが、いずれも小規模の研究であり、現状では明確な医学的根拠があるとは言えません。
ノコギリヤシサプリの抜け毛改善効果を示した論文については「【男性注目のサプリ「ノコギリヤシ」とは】AGAや頻尿の改善効果が期待される理由や女性の使用~髪や腎臓に対する副作用の可能性などまで」をご参照下さい。

マルチビタミン

ビタミンは、体の機能を正常に保つために欠かせない栄養素ですが、体内で合成する事はほとんど出来ません。そのため、食事から摂取する必要があるとされています。ビタミンの中でも、「ビタミンB群」には「糖・脂質・タンパク質(三大栄養素)の代謝」と「エネルギー産生」を助ける働きがあり、皮膚や髪の毛の健康を維持する効果があります。
ビタミンを摂取する事で、抜け毛が改善するという医学的根拠はありませんが、ビタミンは生きる上で重要な栄養素なので、サプリメントだけではなく食事からも積極的に摂取していきましょう。
ビタミンB群が多く含まれている食品について詳しくは「【AGAの予防と対策】食事やシャンプーなどの日常生活で出来る対策から予防薬の情報までを解説」をご参照下さい。

ナツシロギク

ナツシロギクとは、ハーブとして親しまれてきたキク科の植物で、葉や花から抽出されたパルテノライド(PLT)という成分が抗炎症作用を示し、頭皮への抗炎症効果による発毛・育毛効果が期待されています。しかし、ナツシロギクが抜け毛に対して、明確な発毛・育毛効果を示した論文報告はなく、薄毛に対する医学的な効果は乏しいと考えます。

アルギニン

アルギニンは、タンパク質を構成する ための20 種類あるアミノ酸の一つです。
髪の毛の主な成分はケラチンというタンパク質からできているため、その構成をサポートするアルギニンは抜け毛に効果が期待されていますが、明確な発毛・育毛効果を示した論文報告はなく、薄毛に対する医学的な効果は乏しいと考えます。

ミレットエキス

ミレットとはキビの一種である植物で、タンパク質の合成を助けるアミノ酸が含まれていますが、明確な発毛・育毛効果を示した論文報告はなく、薄毛に対する医学的な効果は乏しいと考えます。

サプリメントについて詳しくは発毛・育毛サプリについて徹底解説|それぞれの成分と発毛・育毛効果について医学的根拠に基づき徹底解説をご参照ください。

参考

男性型脱毛症診療ガイドライン2010|日本皮膚科学会(pdf資料)
亜鉛欠乏症診療ガイドライン 一般社団法人 日本臨床栄養学会
ノコギリヤシ|「統合医療」情報発信サイト
ビタミン|e −ヘルスネット

参考


脱毛症診断チェック

女性の抜け毛に効果的と言われるサプリメントについて

ここがポイント!

  • サプリメントには、男性用と女性用で区別されているものはほとんどない
  • 女性に比較的多い鉄欠乏性貧血は直接的に抜け毛の原因にはならないが、酸素が十分に運ばれないため髪の毛の成長に影響を与える可能性がある
  • 「鉄」の摂取は、鉄欠乏性貧血の予防・改善に繋がる
  • イソフラボンは、弱い女性ホルモン作用を示す事が分かっている
  • イソフラボンの発毛効果に対する医学的根拠は乏しいが、性ホルモンが関与しているFAGAへの効果については完全に否定出来ない

発毛・育毛を目的としたサプリで、男性用と女性用に分けられているものはほとんどありませんが、ここでは貧血や閉経など女性特有の症状について効果があると期待されているサプリメントについて紹介していきます。

鉄は、ヘモグロビンや各種酵素の構成成分であり、鉄が欠乏することにより発症する貧血を「鉄欠乏性貧血」と言います。「厚生労働省の日本人の食事摂取基準 2010年版,、鉄(Fe)」には、日本の成人女性の4人に1人は貧血であると記載されています。
主な脱毛症の原因である「AGA」や「円形脱毛症」の診療ガイドラインには、脱毛と貧血の関連性についての記載は一切ないため、貧血が直接的に脱毛の原因となる医学的根拠は乏しいです。しかし、ヘモグロビンには「酸素を全身に運搬する」という重要な役割があります。その機能が貧血によって低下すると、髪の毛に十分な酸素が行き渡らず、髪の毛の成長に影響を与えてしまう可能性がありえます。鉄欠乏性貧血は、鉄を多く含む食材を摂取したり、サプリメントとして鉄剤を摂ることで、予防や改善ができます。貧血は鉄欠乏以外にも、様々な原因で発症します。鉄欠乏性貧血かどうかは、病院で採血を行えば簡単にわかりますので、心配な方は医師に相談してみましょう。

イソフラボン

イソフラボンは大豆の胚芽に含まれており、弱い女性ホルモン作用を示すことがわかっています。イソフラボンの発毛効果については、AGAや円形脱毛症の診療ガイドラインや皮膚科学会のホームページなどには記載されておらず、医学的根拠は乏しいと考えられます。
しかし、女性の主な脱毛原因であるFAGA(女性男性型脱毛症)は、AGAと同じく性ホルモンが関与している可能性があり、男性ホルモンに作用する治療薬の有効性も指摘されています。そのため、イソフラボンのFAGAに対する効果に医学的根拠は乏しいですが、否定することは出来ないと考えられます。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、男性ホルモンの一種である「DHT」を減少させることにより、発毛・育毛効果をもたらす事が複数の研究で報告されています。女性のAGAである「FAGA」の原因は完全に解明されていませんが、女性を対象に含めた研究でもノコギリヤシが効果的であったとの報告があり、女性にもある程度の効果が期待出来る可能性はあると考えられています。
しかし、フィナステリドと同様の効果が想定されているため、妊婦や妊娠する可能性のある女性の服用は避けたほうがいいでしょう。ノコギリヤシはもともと前立腺肥大症に伴う頻尿などの症状改善に使用されていたことから、男性での有効性は多く検証されていますが、女性への有効性や安全性を示す根拠は現状では明確とはいえません。

参考

厚生労働省 日本人の食事摂取基準 2010年版, 鉄(Fe)
大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A|食品安全委員会
C. Fasuloet al. EFFECTIVENESS OF SERENOA REPENS ON ANDROGENETIC ALOPECIA
van Zuuren EJ. et al.Serenoa repens as an Endocrine Disruptor in a 10-Year-Old Young Girl: A New CaseReport.Pharmacology.2015;96(1-2):41-3.

サプリは「健康食品」

ここがポイント!

  • サプリには明確な定義や基準がなく、その効果は医学的に証明されていない

厚生労働省によるサプリメントの定義

サプリメントには明確な定義や基準はありませんが、一般的に「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」を指します。「トクホ(特定保健用食品)」や「栄養機能食品」のような、国によって健康補助機能が認められていたり、栄養成分の基準が設けられているものとは区別されています。

薬ではないので「治療効果」は期待出来ない

サプリメントは「医薬品」ではありません。病気に対する治療効果が医学的に証明されているものは「医薬品」のみです。医薬品とサプリの違いは、摂取することにより身体にもたらされる効果が医学的に証明されているかどうかで決まります。そのため、サプリメントには薄毛を予防したり、改善したりする効果が医学的に認められていないのです。
サプリメントは、髪の毛や頭皮に必要な栄養素や成分を摂取し、あくまでも頭皮環境の改善を図るための補助的な役割である事を心得て使用する必要があります。
サプリの発毛・育毛効果に医学的根拠はありません

参考

医師に脱毛症の相談をしませんか?脱毛症のお悩みを募集しています

まとめ

抜け毛に効果があると考えられているなサプリメントについて解説してきました。サプリメントは市販されており、ドラックストアやインターネットで手軽に購入することが出来ます。サプリメントの中には「発毛効果がある」と謳っている商品も少なくありません。しかし、サプリメントはあくまでも、食事で摂りきれない栄養を補助的に摂取するための商品です。サプリメントのみで、抜け毛の予防や改善をすることは出来ません。そのため、サプリメントを購入する際には、あくまでも髪の毛や頭皮の健康をサポートする程度の効果である事を理解した上で使用するようにしましょう。
また、サプリメントの過剰摂取は、たとえ体に必要な栄養素であっても健康被害を及ぼす可能性があります。使用する場合には、用法容量を必ず守るようにしましょう。育毛・発毛効果が医学的に認められているのは「医薬品」のみです。抜け毛を改善したい方は、医療機関を受診して、医師により治療薬を処方してもらうことをお勧めします。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ