【プロペシアの副作用とは】添付文書に記載されている副作用をご紹介|頻尿、体毛が濃くなる、血圧、癌の発症リスク、などの可能性について

プロペシアは、「フィナステリド」を有効成分としたAGAの内服治療薬です。プロペシアの主な副作用は、性欲減退や勃起機能不全などの性機能障害ですが、このほかにもインターネットでは「頻尿」「体毛が濃くなる」「血圧が下がる」「癌の発症リスクが上がる」などの症状も、内服する事で現れるのではないかと噂されています。ここでは、それらの症状について、それぞれプロペシアの副作用なのかを解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01プロペシアとは
  2. 02プロペシアの副作用で頻尿は起こるのか
  3. 03プロペシアの副作用で体毛を濃くなるのか
  4. 04プロペシアには血圧に影響する副作用があるのか
  5. 05プロペシアの副作用で癌の発症リスクが上がるのか
  6. 06プロペシアの副作用で出現した症状は治るのか
  7. 07プロペシアの副作用が子どもに及ぼす影響
  8. 08まとめ

プロペシアとは

プロペシアはAGA治療の内服薬

プロペシアは、AGAの内服治療薬です。
日本皮膚科学会が策定しているAGAの診療ガイドラインでは、AGAの内服治療薬として「フィナステリド」と「デュタステリド」の使用が推奨されています。実は、薬には「商品名」「一般名」「化学名」など複数の名前があり、プロペシアは「フィナステリド」の商品名なのです。
AGAの治療薬について詳しくは「AGA治療薬の効果と副作用|主な2種類の薬~ジェネリック薬情報や値段・通販・輸入薬などについて解説」をご参照下さい。

プロペシアの効果

プロペシアには、AGAの原因物質である「DHT」という男性ホルモンを作る酵素の働きを抑制する作用があります。DHTが減少する事で、AGAの症状が改善する事は医学的に証明されています。
プロペシアの添付文書には、薬理薬効について「男性における男性型脱毛症の進行遅延」と記載されており、AGA以外の脱毛症は適応ではありません。
薬理薬効にも記載されているように、プロペシアの効果はあくまでも進行遅延であり、完治させる事は出来ません。実際に、AGAの症状が改善した方でも、内服を中断すると、脱毛が再発することが知られています。そのため、内服治療は継続していく必要があるのです。
プロペシア(フィナステリド)について詳しくは「【フィナステリド(プロペシア錠)の治療効果と副作用】AGA内服薬の基本情報からミノキシジル(リアップ)との併用、ジェネリック情報や輸入薬(フィンペシア・フィナロ)の使用についてまで幅広く解説」をご参照下さい。

参考


脱毛症診断チェック

プロペシアの副作用で頻尿は起こるのか

ここがポイント!

  • プロペシアの添付文書には副作用として「頻尿」に関連した記載はない

プロペシアの添付文書には、副作用として「頻尿」は記載されていません。そのため、プロペシアを内服する事で頻尿が生じる可能性は限りなく低いと考えられます。頻尿の症状が現れた場合には、他の原因が潜んでいる可能性が高いので、医療機関をを受診し医師に相談してみましょう。

参考


プロペシアの副作用で体毛を濃くなるのか

ここがポイント!

  • プロペシアの添付文書には副作用として「体毛が濃くなる」に関連した記載はない

プロペシアの添付文書には、副作用として「体毛が濃くなる」に関連した記載はされていません。
しかし、プロペシアには、前頭部や頭頂部の薄毛症状を改善させる作用があるため、体毛も濃くなるのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。
プロペシアが減少させるAGAの原因物質「DHT」は、前頭部や頭頂部では毛の成長を抑制する方向に働きかけます。反対に、髭や体毛では毛の成長を促進する方向に働きかけるのです。薬の作用機序から考えても、プロペシアを内服する事で、体毛が濃くなる医学的根拠は乏しく、可能性は限りなく低いです。

参考


脱毛症診断チェック

プロペシアには血圧に影響する副作用があるのか

ここがポイント!

  • プロペシアの添付文書には副作用として「血圧」に関連する記載はない

プロペシアの添付文書に副作用として「血圧」に関連する記載はありません。先ほどから解説しているように、プロペシアは男性ホルモンに関与した働きがあり、作用機序から考えても血圧に影響を与える医学的根拠は乏しいです。そのため、プロペシアを内服する事で、血圧に影響が出る可能性は限りなく低いです。
ちなみに、AGA治療の外用薬として推奨されている「ミノキシジル」は、もともと血圧の薬として開発されており、血管を拡張して血圧を下げる働きがあります。そのため、ミノキシジル配合の外用薬「リアップ」シリーズの添付文書には注意書きとして、「内服すると血圧が下がる等の恐れがあるため、頭部の外用以外には使用しないでください」と記載されています。

参考


プロペシアの副作用で癌の発症リスクが上がるのか

ここがポイント!

  • プロペシアの添付文書には「癌の発症」に関連した記載はない
  • プロペシアの有効成分である「フィナステリド」が、前立腺癌の発症率を減少させるものの、悪性度は高める可能性がある事を示した研究報告はある

プロペシアの添付文書には「癌の発症リスク」に関連した記載はありません。
しかし、一部の研究では、プロペシアと前立腺癌の関連性を示しています。
過去に、男性9,060名を対象に7年間に渡り、プロペシアの有効成分のである「フィナステリド」が前立腺癌に及ぼす影響について調べた研究があります。結果として、フィナステリド5mgを毎日内服していた人は、していない人に比べて前立腺癌の発症率が24.8%減少した事が明らかになりました。つまり、フィナステリドは癌の発症リスクを下げる可能性があると考えられるのです。
しかし、この研究で注目すべき点は別にあります。前立腺癌を発症した人うち、生検という癌かどうかを調べる検査において、フィナステリドを内服している人の方が、癌の悪性度が高かったのです。つまり、フィナステリドを内服する事で発症率は軽減するものの、前立腺癌の悪性度を高めてしまう可能性が示されたのです。
現状では、プロペシアと前立腺癌の関連については、まだ明確な結論が出ていないと言えます。

参考


脱毛症診断チェック

プロペシアの副作用で出現した症状は治るのか

ここがポイント!

  • プロペシアの主な副作用は性欲減退や勃起機能不全などの性機能不全である
  • 副作用は内服を中断すると消失する場合がほとんどだが、継続したという報告もある
  • 副作用の出現頻度や消失までの時間は個人差が大きい
  • 薬の内服中に異常を感じたら、直ちに医療機関を受診し医師の診察を受ける

プロペシアで出現する可能性がある副作用

プロペシアの主な副作用は「性欲減退」や「勃起機能不全」などの性機能不全です。
プロペシアの添付文書によると、国内におけるプロペシアの評価試験において「性欲減退は1.1%」「勃起機能不全は0.7%」に認められたと記載されています。また、その他の副作用として「肝機能障害」があります。肝機能障害は、国内の評価試験では現れていませんが、海外からの報告や自発的な報告によるものであり、発生頻度は不明です。肝機能障害以外にも、かゆみ、発疹、血管浮腫、蕁麻疹、抑うつ症状、めまい、乳房肥大なども同じように、発生頻度は不明ですが、報告されています。何れにしても、薬を内服中に体に異常を感じた際には、医師に相談するようにしましょう。

出現頻度や消失までの時間は個人差による

プロペシアの副作用について説明してきましたが、必ずしも全ての方に副作用が現れる訳ではありません。副作用の出現頻度や重症度、消失までに掛かる時間は個人差が大きいです。また、内服を中止すれば副作用症状が消失する場合がほとんどですが、内服を中断しても副作用が続いたという報告がされています。副作用が現れた場合には、すぐに医師による診察を受けて、適切な処置を受けるようにしましょう。

参考


プロペシアの副作用が子どもに及ぼす影響

ここがポイント!

  • プロペシアの子どもに対する有効性や安全性は検証されておらず、子どもの内服は禁忌とされている
  • AGAは思春期以降に発症する脱毛症であり、思春期以前の子どもに脱毛症状が現れた場合は、他の原因が潜んでいる可能性がある
  • プロペシアの有効成分である「フィナステリド」が男児を妊娠中の妊婦の体内に入ると、胎児の生殖器の発育に影響を与える恐れがある

そもそも子どもは内服が禁忌とされている

AGAの内服治療薬には「フィナステリド(プロペシア)」と「デュタステリド(ザガーロ)」があります。しかし、どちらの薬も未成年への有効性や安全性の検証はされておらず、未成年の内服は禁忌となっています。また、AGAは思春期以降に発症する進行性の脱毛症なので、思春期以前の子どもに脱毛症状が現れた場合、AGAではなくその他の原因が潜んでいると考えられます。子どもの場合も、大人と同じく病院の皮膚科や脱毛症専門外来などで相談すると良いでしょう。

妊婦から赤ちゃんへ影響を及ぼす可能性がある

「フィナステリド」と「デュタステリド」という成分が、男の子を妊娠している人の体内に入ると、男の子の生殖器の発育に影響を与える恐れがあります。そのため、プロペシアの添付文書には、「妊娠している人、妊娠している可能性がある人、授乳中の女性への投与は禁忌とされています。
また、薬の成分は皮膚からも吸収されるため、薬を分割したり、粉砕したりしないように注意書きがされています。薬の表面はコーティングされており、通常であれば薬の成分に触れる事はありません。内服している男性は、薬の取り扱いには気をつけるようにしましょう。

参考


脱毛症診断チェック

まとめ

プロペシアの主な副作用は、性欲減退や勃起機能不全などの性機能障害です。ここでは、頻尿、体毛が濃くなる、血圧、癌の発症リスクなど、プロペシアの副作用なのではないかと噂されているいくつかの症状に対して解説してきましたが、基本的に薬の添付文書に記載されていない症状の副作用としての医学的根拠は乏しいです。しかし、何れにしても、薬の内服中に体に異常が現れた場合には、直ちに医療機関を受診し医師の診察を受ける必要があります。
副作用は、薬を中断すれば消失する場合がほとんどですが、薬を中断しても副作用症状が残ってしまう場合もありますので、早期に医療機関を受診することをおすすめします。
副作用の出現頻度や消失までの時間は個人差がありますので、必ず現れるものではありません。薬には副作用はつきものですので、状況に応じて医師と相談して治療方針を決めていく必要があります。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ