【禁煙治療とは】たばこをやめる方法についてわかりやすく解説します

禁煙を決意してたばこを捨てたのに、数日後にはまた喫煙してしまい、後悔した経験のある人はいませんか。たばこに含まれる「ニコチン」は依存性が強く、本人の努力だけでは禁煙するのが難しい場合が多くあります。「たばこをやめたいのに、やめられない」、その裏には「ニコチン依存症」という恐ろしい病気が隠れているのです。
禁煙を成功させるためには、「ニコチン依存」を断ち切る必要があります。そこで最近注目されているのが、「禁煙治療」です。禁煙治療とはどのようなものなのか、具体的にどのような治療をするのかなど、禁煙治療についてわかりやすく説明していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01禁煙が失敗しやすい理由
  2. 02禁煙治療の実際とは
  3. 03禁煙するには治療を受けた方がいい
  4. 04禁煙治療がより身近に
  5. 05まとめ

ニコチン依存症

ここがポイント!

  • たばこに含まれる「ニコチン」が体内に入ると脳で快感物質「ドパミン」が出る
  • 禁煙して体内にニコチンが補給されなくなると、ニコチン切れの症状が出現する
  • ニコチンにはコカイン、ヘロイン、アルコールなどよりも強い依存性がある

たばこの煙には、「ニコチン」という有害物質が含まれています。ニコチンは、体の中に入るとすぐに脳へ到達し、「ドパミン」という快楽を感じる物質を出します。すると、脳は「喫煙すれば快感を得られる」と認識し、やがて快感を得るために常にたばこを欲する状態になってしまいます
また、禁煙すると体の中へのニコチンの補給がストップします。すると脳はニコチンを求め、たばこがとても吸いたくなります。それとともに、イライラや不安を感じ、集中力がなくなるなどの症状が出てきます。これをニコチンの離脱症状と言います。離脱症状は、一般に禁断症状とも呼ばれています。
こういった状態に陥っている人は、ニコチン依存状態だと言えます。ニコチンによる依存は、違法薬物のコカインやヘロイン、また、依存症で有名なアルコールなどよりも強いと言われています。麻薬よりも強い依存性があることからも、個人の努力だけで禁煙をすることがどれだけ難しいことか、想像できるのではないでしょうか。

高血圧症発症チェック

禁煙が失敗しやすい理由

ここがポイント!

  • 禁煙の失敗の原因は、「本人の意志の弱さ」より「ニコチンによる依存」
  • 「禁煙治療」は、ニコチン依存状態から抜け出すための治療

禁煙に失敗した時、自分の意志が弱いせいだと、自分を責めていませんか。禁煙が失敗する原因は、「意志の弱さ」だけではありません。なぜなら喫煙者は「ニコチンによる依存状態」にあるからです。
先ほど説明したように、ニコチンの依存の強さは、コカインなどの麻薬を上回ります。コカインなどの薬物依存症やアルコール依存症は、入院して治療するための専門の施設が存在するのはご存知だと思います。それらの薬物より依存が強い「ニコチン」の依存から抜けだすのがいかに難しいことか、容易に想像出来るのではないでしょうか。実際、大手製薬会社が日本人を対象として大規模に行った調査の結果、本人の努力だけで禁煙を試みた喫煙者のうち、1年後に禁煙に成功していた人は全体の1割未満であったというデータが得られています。このように、禁煙失敗の理由は、「意志の弱さ」より「ニコチン依存」なのです。
ニコチン依存を断ち切るためには、治療が必要な場合が多いです。そして、ニコチン依存を断ち切るための治療が「禁煙治療」と言われるものなのです。それでは次に禁煙治療とはどのような治療なのか、具体的な内容を説明していきましょう。

禁煙治療の実際とは

ここがポイント!

  • 禁煙治療のポイントは「問診・検査」「カウンセリング」「禁煙補助薬」
  • 「問診・検査」では喫煙、禁煙状況の確認と、一酸化炭素濃度の検査を行う
  • 「カウンセリング」では禁煙を続けられる方法を医療者と一緒に考えていく
  • 「禁煙補助薬」はニコチン切れの症状や、たばこを吸いたい気持ちを抑えてくれる

基本的な禁煙治療は、病院や診療所において行われます。
禁煙治療のポイントは「問診・検査」「カウンセリング」「禁煙補助薬」の3つです。

問診・検査

禁煙治療のために病院や診療所を受診すると、最初に問診が行われ、これまでの喫煙状況の確認が行われます。また、既に禁煙治療を開始している場合にも問診を行い、前回の受診から今回の受診までの間に禁煙が続けられたかどうかを確認していきます。
問診とともに、吐いた息(呼気)に含まれる一酸化炭素濃度の検査も行います。専用の機器に息を吹き込むと、体にどれくらい一酸化炭素が残っているかを確認することができます。一酸化炭素はたばこの煙に含まれる有害物質で、検出された一酸化炭素濃度が高いほど、体がたばこの影響を強く受けていることを意味しています。この検査は、禁煙治療中の人も毎回受けます。禁煙をきちんと続け、呼気一酸化炭素濃度が低下しているかどうかを確認するためです。

カウンセリング(診察)

カウンセリングでは、問診や検査結果を基にしながら、禁煙を継続していく方法を禁煙者と医療者とで一緒に考えていきます。カウンセリングを行う医療者は、医師だけでなく看護師などの場合もあります。カウンセリングの内容について主なものをご紹介します。

(1)喫煙や禁煙に関する医療情報

・喫煙のデメリットや、禁煙のメリット
・ニコチン依存から抜け出すプロセス
・禁煙によって起こるニコチン切れ症状
・禁煙補助薬の作用や副作用

(2)禁煙方法に関するアドバイス

・禁煙の動機や、禁煙に対する思い
・これまで禁煙に挑戦した回数と、失敗してしまった時のエピソード
・禁煙中にたばこを吸いたくなると考えられる場面とその時の対処法 

禁煙中はさまざまな誘惑によって、たばこを吸いたくなります。また禁煙状態がつらく、禁煙自体をやめてしまおうとする人もいます。どうしたら禁煙を諦めずに続けていかれるのかを、医療者とともに建設的に話し合っていくのが、カウンセリングです。

禁煙補助薬

喫煙を続けていると、ニコチン依存状態になってしまうことはお話ししました。そのニコチン依存状態から抜け出す手伝いをしてくれるのが「禁煙補助薬」です。禁煙補助薬は、禁煙すると出現するニコチン切れの症状を抑えます。さらに、禁煙中にたばこを吸ってしまった場合に、喫煙により得られる快感を小さくします。こういった効果により、禁煙を継続するための手助けとなります。現在禁煙補助薬として使用出来るものには、貼り薬、もしくは飲み薬(ガムを含む)があります。どの薬を使うかは、診察の時に医師と話し合います。薬の作用や副作用、薬の使用者のアレルギーなどを考慮して、その人に最適な薬が選ばれます。禁煙補助薬は約3カ月間、毎日内服するため、その人の生活状況も選択の際の重要な要素となります。

以上が基本的な禁煙治療の概要です。病院や診療所によって、細かい診療方法は異なるので、受診前にインターネットや電話で一度確認をしておくことをお勧めします。

高血圧症発症チェック

禁煙するには治療を受けた方がいい

ここがポイント!

  • 禁煙治療を受けた人の半数が、治療終了の9カ月後も禁煙を続けられている
  • 自分だけで禁煙するよりも禁煙治療を受けた方が、禁煙成功率が高い

禁煙治療は、どれだけの効果があるのかを見ていきましょう。

禁煙治療は約3カ月間かけて行われます。3ヶ月の間、5回診察を行うことが推奨されています。「ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における禁煙成功率の実態調査」 によると、禁煙治療を 5 回全て終了した患者(1,231人)においては、治療終了時に「4 週間禁煙」が 78.5%、「1 週間禁煙」が 5.6%、「失 敗」が 15.0%でした。また、治療を継続する期間が長いほど、禁煙成功率が高くなるという結果も出ています。自分1人で禁煙しようとして失敗した経験がある人も、禁煙治療を行えば、成功する可能性は高いでしょう。

禁煙治療がより身近に

ここがポイント!

  • 禁煙治療に健康保険が適用されるようになり、費用の面で治療を受けやすくなった
  • 禁煙治療で健康保険を使うためには、4つの条件を満たしている必要がある

世界的にも禁煙が推奨されている中で、日本も成人の喫煙率や、妊婦の喫煙率などを下げようとさまざまな対策を取っています。
日本では、1994年に禁煙補助薬の1種である「ニコチンガム」が使用可能になりました。それに伴い、禁煙外来が設けられるようになりました。その後1999年に、貼り薬である「ニコチンパッチ」が使えるようになりました。この時点ではまだ健康保険が使えなかったので、治療費は高額にならざるを得ませんでした。しかし禁煙に対する機運の高まりから、2006年に、ついに禁煙治療に健康保険が適用されるようになりました。現在多くの人が3割以下の負担金で禁煙治療を受けられるようになっています。
ただし、健康保険で禁煙治療を受けるためには、次の4つの条件を満たしている必要があります
健康保険で禁煙治療を受ける条件
1)ニコチン依存症であること(ニコチン依存症診断テストを受ける)
2)ブリンクマン指数(1日の平均喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること(35歳以上の場合)
3)1カ月以内に禁煙を始めたいと思っていること
4)禁煙治療を受けることに文書で同意していること

禁煙をしたいけれど、費用が気になっているという人は、まず自分がこの条件に当てはまるかを確認してみましょう。
禁煙治療や保険制度の詳しい内容については、「禁煙外来の費用|禁煙治療での保険適用範囲など」をご参照ください。

高血圧症発症チェック

まとめ

「たばこをやめられないのは、本人の意志が弱いからだ」と考える時代は終わりつつあります。たばこに含まれる「ニコチン」が、強い依存状態を生み出すことや、依存のメカニズムが詳細に分かったからです。
「禁煙を決意したのに、また失敗してしまった」と落ち込んでいる人は、諦める前に、禁煙治療を受けてみてはいかがでしょうか。禁煙治療は、禁煙外来を行っている病院や診療所で受けることができます。日本禁煙学会のウェブサイトに禁煙外来を行っている病院や診療書の一覧がありますので、参照してみてください。
禁煙は「意志」よりも「治療」。禁煙への近道である「禁煙治療」で、にニコチン依存状態から抜け出しましょう。

参考

禁煙ってどんなんもの?|e-ヘルスネット|厚生労働省
ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における 禁煙成功率の実態調査報告書|厚生労働省
すすめよう禁煙|日本医師会
禁煙治療のための標準手順書第6版|日本循環器学会
禁煙ガイドライン|日本循環器学会
ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における禁煙成功率の実態調査報告書|中央社会保険医療協議会
Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ