禁煙の薬について徹底解説|ニコチン製剤から非ニコチン製剤まで禁煙補助薬についてわかりやすく説明します

たばこが体に悪いと分かっていてやめたくても、やめられない人が多いのはなぜでしょうか。それは、たばこに含まれるニコチンには依存性があるからです。たばこには多くの有害物質と発がん性物質が含まれています。そのため、肺がんや糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす原因にもなります。近年は、たばこの害について広く知られるようになり、「禁煙」に対する国民の関心も高まってきています。禁煙は、人によっては薬を上手に取り入れながら取り組む必要があります。ここでは、禁煙をしたい人に向けての「禁煙補助薬」について紹介していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01禁煙補助薬とは
  2. 02ニコチン製剤とは
  3. 03ニコチン製剤の作用
  4. 04非ニコチン製剤の作用
  5. 05まとめ

禁煙補助薬とは

ここがポイント!

  • 喫煙は「身体的依存」と「精神的依存」を引き起こす
  • 「禁煙補助薬」には「ニコチン製剤」と「非ニコチン製剤」がある

禁煙は、たばこを吸うのをやめればいいので、自力で行うことができるはずです。それなのに、なぜ「禁煙補助薬」が使われているのでしょうか。それは、たばこに含まれる「ニコチン」という物質が、「ニコチン依存症」を引き起こすからです。ニコチンの作用によってたばこに依存してしまい、自力で禁煙を行うことが難しくなってしまうのです。
たばこへの依存には、体が依存する「身体的依存」と心が依存する「精神的依存」の2つがあります。

「身体的依存(体の依存)」は、喫煙を繰り返すことにより体がたばこの作用に適応してしまった状態です。たばこを吸っている状態が当たり前の状態になってしまっているので、たばこが切れると「離脱症状(いわゆる禁断症状)」が出てきます。「ニコチン」の離脱症状には不安、焦燥、不眠、徐脈、食欲亢進などがあります。
「精神的依存(心の依存)」は、習慣的な依存です。例えば、「利用していた喫煙所」「他人の喫煙」「ストレス過多」など、自分がたばこを吸っていた状況を思い出すようなシチュエーションとなったときに、心理的依存によりどうしてもたばこを吸いたくなってしまう状態です。喫煙年数が長いほど、心理的依存性が高いといわれています。

このように、たばこには依存性があるため、自力での禁煙が難しい場合もあります。そのような状況のときに、「禁煙補助薬」を用いることでより効果的に禁煙を達成することができるのです。禁煙補助薬は、薬局で購入することができますが、「禁煙外来」を受診し条件を満たすと保険が適用される場合があります。

「禁煙補助薬」は「ニコチン製剤」と「非ニコチン製剤」の2つにわけることができます。

ニコチン製剤

たばこから体に吸収されるニコチンより少ない量のニコチンを、ガムやパッチに含ませたものです。ニコチン製剤からあえて体内にニコチンを吸収させることにより、たばこを吸いたいという欲求を抑える方法で、禁煙の補助を行います。ニコチン依存を治療するための薬の成分に、あえてニコチンを使用しているというわけです。

非ニコチン製剤

たばこの満足感は、ニコチンが脳の神経細胞に作用して、脳細胞から「ドーパミン」と呼ばれる物質が放出されることで得られます。もう少し細かくみると、ニコチンは、脳の神経細胞表面の「受容体」と呼ばれるタンパク質に結びつくことで作用します。非ニコチン製剤は、ニコチンがくっつくのと同じ受容体にくっつく薬です。ニコチンより先に薬が受容体にくっつくことによりニコチンの作用を妨害し、たばこを吸っても満足感を得られなくする作用があります。

「禁煙補助薬」には、ニコチンが含まれている「ニコチン製剤」とニコチンに似た物質が含まれている「非ニコチン製剤」があります。次は、「ニコチン製剤」と「非ニコチン製剤」について、種類や作用など、さらに詳しくみていきましょう。

高血圧症発症チェック

ニコチン製剤とは

ここがポイント!

  • ニコチン製剤には「ニコチンガム」「ニコチンパッチ」の2種類がある
  • ニコチン製剤は、喫煙よりもニコチンの吸収が緩やか
  • ニコチンの吸収が緩やかな場合には依存が形成されにくい

ニコチン製剤には、「ニコチンガム」と「ニコチンパッチ」の2種類があります。
ニコチン製剤に含まれているニコチンと、たばこに含まれているニコチンには違いがあります。たばこにより肺から体内に吸収されたニコチンは、血液に乗って体全体を巡り、約7秒で脳に到達します。    
一方で、ニコチンの血液中の濃度は急激に上昇した後で、また急激に下降するため、ニコチンの効果は短く、わずか2時間程度です。このように、ニコチンの血中濃度が急激に変化する状況は、依存が形成されやすいと分かっています。

ここに着目して開発されたのが「ニコチン製剤」です。ニコチン製剤はニコチンを含んでいますが、たばこからニコチンを摂取した場合に比べて作用のしかたが緩やかです。そのため、この薬は、ニコチン依存の解消の手助けとなるのです。

「ニコチンガム」に含まれるニコチンは、口や喉の毛細血管から吸収されます。ニコチンが体全体を巡るのは喫煙をした場合と変わりはありません。しかし、喫煙により肺からニコチンが吸収される速度に比べて、ニコチンガムの方が吸収される速度が緩やかです。
「ニコチンパッチ」は皮膚から吸収されるため、ニコチンガムよりも効き目が遅くなります。一方で、その分ジワジワと効果を持続的に保つことが出来ます。

「喫煙」「ニコチンガム」「ニコチンパッチ」の3つにおけるニコチンの吸収経路と血中濃度はそれぞれ異なり、ニコチン製剤は喫煙に比べ、緩やかにニコチンが吸収されます。このような穏やかな作用は、依存が形成されにくく、体の依存から回復させる効果があります。この効果を狙って、ニコチン製剤が「禁煙補助薬」として使われているのです。

ニコチン製剤の作用

ここがポイント!

  • ニコチン製剤により少量のニコチンが神経細胞の受容体と結合する
  • ニコチンが受容体に結合すると、快感物質である「ドパミン」が放出される
  • ゆっくりとニコチンの少ない状態に体を慣らしていく

ニコチン製剤の作用を知るためには、ニコチン自体の作用を知ることが大切です。ニコチンの作用について、脳の中の神経細胞の働きに触れながら説明していきます。

神経細胞は互いに連結し、情報のやり取りを行っています。そのやりとりの連結部分は「シナプス」と呼ばれます。シナプスでは、情報を発信する神経細胞から、これから情報を受け取る側の神経細胞へと「神経伝達物質」が放出されます。「神経伝達物質」が情報を受け取る側の神経細胞の膜の上にある「受容体」に結合することで、情報が伝わります。すなわち、神経伝達物質の放出は、神経細胞同士の情報のやり取りにおける重要な部分です。

血液を介して脳内へ到達したニコチンは、「受容体」に結合し、神経細胞から神経伝達物質が放出させます。ニコチンが受容体に結合した際に放出される神経伝達物質は「ドパミン」と呼ばれるものです。放出されたドパミンが、情報を受け取る側の神経細胞表面にある受容体に結合すると、「快感」が生まれます。つまりドパミンは快感物質なのです。そのため、人はたばこを吸うと気持ち良いという感覚を覚え、たばこをおいしいと思ってしまうのです。

たばこを吸うと、大量のニコチンが急激に血中に流入するため、発信側の神経細胞の受容体に多くのニコチンが結合します。一方で「ニコチン製剤」の場合は、喫煙時に比べ少量のニコチンが緩やかに取り込まれるので、少量のニコチンが一部の受容体に結合します。そのため、続いて放出されるドパミン量も、喫煙した場合に比べ少なくなります。快感物質であるドパミンの放出量が喫煙時に比べて少ないということは、得られる快感がそこまで大きくはないということを意味します。しかし、全く快感が得られないというわけではないというところがポイントです。微妙な加減の快感が得られるニコチン製剤の使用を続けていくと、徐々に依存から回復していき、最終的にはニコチン製剤をも必要としなくなるに至ります。つまり、ニコチン製剤はゆっくりとニコチンの少ない状態に身体を慣らしていく薬なのです。

高血圧症発症チェック

非ニコチン製剤の作用

ここがポイント!

  • 「バレニクリン」は日本で唯一保険適用が認められている非ニコチン製剤
  • ニコチン受容体に作用し、喫煙による満足感を抑制する
  • 非ニコチン製剤は、医療医薬品のみであり医療機関の受診が必要

非ニコチン製剤は、ニコチンが入っていない「禁煙補助薬」です。非ニコチン製剤には、「バレニクリン」という薬があります。バレニクリンは、ファイザー社からチャンピックスという商品名で販売されています。この薬は日本で唯一保険適用が認められている非ニコチン製剤です。バレニクリンの作用を理解する上で重要なのは、この薬がニコチン受容体に結合するという点です。
「バレニクリン」は、情報発信側の神経細胞にある「ニコチン受容体」に、ニコチンの代わりに結合します。その状態で喫煙により脳内にニコチンが入ってきたとしても、受容体は既にバレニクリンに占拠されているため、ニコチンは物理的に受容体に結合することができません。そのため、「ドパミン」の放出量が抑えられ、喫煙により得られる満足感が減ります。しかし、全く満足感が得られないわけではないというところが、この薬のポイントです。少量の「ドパミン」は放出されるので、禁煙中のイライラや気分の落ち込みなどの離脱症状は、軽減されるのです。こうした効果により、徐々にたばこの本数を減らしていくことが可能です。


バレニクリンの使用で報告されている副作用は、吐気、頭痛、不眠、便秘などです。また、バレニクリンは、「ニコチン製剤」との併用はできません。

ニコチン製剤、非ニコチン製剤のメリット・デメリットを正しく理解した上で、ぜひ禁煙治療に臨みましょう。

ところで、これらの「禁煙補助薬」はどこで手に入れることができるのでしょうか。
ニコチン製剤の「ニコチンガム」は、OTC薬と呼ばれる、処方箋が不要な薬のみで、薬局などで購入が可能です。「ニコチンパッチ」は医療用医薬品(処方箋が必要)とOTC薬(処方箋不要)の2種類があります。医療用医薬品用のパッチは、病院へ行き、医師の診察を受けて、処方箋を書いてもらう必要があります。
非ニコチン製剤の「バレニクリン」は、医療用医薬品(処方箋が必要)のみなので、必ず医療機関を受診する必要があります

まとめ

たばこを長く吸っていると、ニコチン依存症になってしまいます。そのため、いつの間にか自力で禁煙を達成することがとても難しくなります。吸っている年数が長いほど、依存度も高くなり、たばこをやめにくいと言われています。やめなくては体に悪い、と分かっていても吸いたいという気持ちが強く、せっかく禁煙をしても再び喫煙をしてしまう人も大勢います。禁煙をしたい人は、禁煙補助薬である「ニコチン製剤」「非ニコチン製剤」のそれぞれの作用や長所・短所を良く理解した上で禁煙を始めることで、より効率的かつ効果的に禁煙できる可能性があります。禁煙補助薬は、薬局へ行けば手に入るタイプのものもあります。ぜひ「禁煙補助薬」も上手に活用して、禁煙に取り組んでいきましょう。

参考

禁煙推進委員会|日本循環器学会
Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ