高血糖とは|血糖値が高くなる原因と症状について

血糖値は、血液中のブドウ糖の濃度のことをいい、高血糖とは文字通り血液中のブドウ糖の濃度が高い状態をいいます。そのため、血糖値は常に一定ではなく、食事や運動などの影響を受け、変動します。糖は脳や体の「エネルギー源」となる重要な栄養素の一つですが、過剰に摂取し、高血糖の状態が長く続くと、次第に血管がダメージを受けて、様々な合併症を引き起こします。ここでは、高血糖状態がなぜいけないのか、血糖値が高くなる原因や症状について説明していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01糖尿病は高血糖状態が続く病気
  2. 02高血糖の主な原因
  3. 03高血糖によって起こる症状
  4. 04高血糖高浸透圧症候群とは
  5. 05まとめ

糖尿病は高血糖状態が続く病気

ここがポイント!

  • 糖尿病は、インスリンという血糖値を下げるホルモンの分泌が減ったり、効果が弱まったりする事で、血糖値が高い状態が続く病気
  • インスリンには、血液中の糖分を臓器や細胞に取り込ませる働きがある
  • インスリンの効果が弱まると、血液中の糖分が臓器に取り込まれなくなり、血糖値が高くなる

糖尿病は、「インスリン」という血糖値を下げる働きがあるホルモンが出にくくなったり、正常に働かなくなったりする事で、血糖値が高い状態が続く病気です。インスリンは、血液中の糖を筋肉や脳に運んでエネルギーにしたり、肝臓、筋肉、脂肪組織などに運んで、エネルギー源として蓄えたりします。そのため、糖尿病を発症すると、臓器にブドウ糖を運べなくなるため、糖をエネルギーとして消費することが出来ず、血液中の糖分が増加してしまいます。また、血糖値は上昇しても、自覚症状はほとんどないため、自分で「高血糖」に気づくことは困難です。そのため、気づいた時には糖尿病が進行してしまっている場合もあります。
糖尿病になる仕組み.png

参考

糖尿病治療ガイドライン2016-2017|日本糖尿病学会
高血圧症発症チェック

高血糖の主な原因

ここがポイント!

  • 偏った食生活、運動不足、肥満など生活習慣の乱れは、高血糖になりやすく、糖尿病の発症リスクを高める
  • ストレスにより交感神経の働きが活発になると、血糖値を上げるホルモンの分泌が増加する
  • 糖尿病の発症には「遺伝」の関与が明らかになっており、家族内に糖尿病の方がいる場合は、発症リスクが高くなる

高血糖を招く原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
糖尿病は生活習慣病の一つであり、生活習慣の乱れが発症に大きく関与しています。ここでは、血糖値が高くなり、糖尿病になりやすくなる原因について紹介していきます。


高血糖になる原因

偏った食生活

糖質の過剰摂取や偏った食生活は、血糖値の上昇や肥満に繋がり、2型糖尿病の発症リスクを高めます。糖尿病は「生活習慣病」の一つとされていて、自分の適切な「エネルギー量」を知り、栄養素をバランスよく摂取する事が重要となります。毎日の食事を気をつけることで、糖尿病の発症を予防することが出来ます。
血糖値を上げない食事のコツは、糖尿病予防の食事とは|食事の注意点やおすすめレシピまでご紹介をご参照ください。

運動不足

運動には血糖値を下げる効果があることが明らかになっています。運動を行うと血液中の糖をエネルギーとして消費出来るため、高血糖状態の改善に繋がります。運動不足の人は、少しずつでも体を動かすことを心がけるといいでしょう。
糖尿病予防の運動方法については、【糖尿病予防の運動方法とは】血糖値を下げるのに効果的な運動をご紹介をご参照ください。

肥満

肥満になると体内の血糖値を調節する機能がうまく働かなくなり、糖尿病になるリスクが高くなります。肥満度を表す体格指数であるBMIが「25以上」になると、肥満と判断されます。肥満は血糖値だけでなく、高血圧や脂質異常症など様々な病気の原因となるので、肥満の方は減量を行う必要があります。
<BMIの計算式と判定基準>
体重(㎏)÷身長(m)÷(m)=BMI
※例えば身長170cm、体重90kgの場合
90÷1,7÷1,7=約31 →「肥満度2の判定」

BMIの基準値.png

ストレス

「ストレス」を感じると、交感神経の働きが活発になります。交感神経には、血糖値を上昇させるホルモンの分泌を増加させる働きがあります。一方、リラックスしている時には、副交感神経の働きが活発になり、インスリンの分泌を増加させます。ストレスを感じている方は、自分の好きな事をしたり、友達と話したりして、ストレス発散を行うように心がけましょう。

遺伝

「1型糖尿病」「2型糖尿病」どちらも、発症には遺伝が関係することが糖尿病治療ガイドラインに記載されています。家族に糖尿病の方がいる場合は、将来糖尿病になる可能性が、いない方に比べて高くなる事が明らかになっていますので、生活習慣を改善したり、定期的に健康診断を受けたりと、気をつけていきましょう。

参考

糖尿病治療ガイドライン2016-2017|日本糖尿病学会

高血糖によって起こる症状

ここがポイント!

  • 血糖値が高くても、初期段階では自覚症状はほとんどない
  • 「口渇・多飲」「多尿」「体重減少」の症状があれば、糖尿病がすでに進行している可能性がある
  • 高度で急激な高血糖を起こすと「糖尿病ケトアシドーシス」を発症し、緊急治療が必要になる
  • 糖分を含むペットボトルの飲料が原因で「ペットボトル症候群」いう、急性の高血糖症状を起こすことがあり、緊急治療が必要となる

血糖値が高くなると現れる症状

糖尿病は、初期では自覚症状がほとんどなく、気づいた時には進行している場合も少なくありません。高血糖状態が続くと現れる症状としては、喉の渇きが強くなり、水分を多く飲んだり、尿量が多くなりトイレの回数が増えたりします。また、疲れやすさや、食べていても痩せるなどの症状が現れます。このような自覚症状がある方は、すでに糖尿病を発症し進行している可能性があるため、医療機関を受診し一度医師の診察を受ける事をおすすめします。また、初期では自覚症状がほとんどありませんから、症状がない方も定期的に健康診断を受ける事も重要です。
【セルフチェック方法】気づかない間に発症している可能性ももご参照ください。

高度な高血糖では昏睡状態になる

糖尿病ケトアシドーシス

糖尿病ケトアシドーシスとは、血糖値を下げる効果のある「インスリン」というホルモンが極度に不足することで、血糖値を下げることが出来ず、急性に高血糖状態に陥る状態をいいます。また、血糖値を上げる効果のある「コルチゾール」や「アドレナリン」といったホルモンの分泌も増加するため、血糖値がさらに上昇していきます。ブドウ糖が細胞や臓器に届けられなくなるため、体は脂肪を分解してエネルギーを作ろうとします。脂肪を分解する際に、肝臓で作られる「ケトン体」という物質が血液中に増加する事で、血液が酸性に傾き、意識障害や昏睡状態に陥る場合もあります。

1型糖尿病の人は要注意

「糖尿病ケトアシドーシス」は、インスリンが絶対的欠乏している「1型糖尿病」の人は注意が必要です。インスリン治療をしている人が、インスリン注射を打たなかった場合など、適切にインスリンが投与されなかった時に起こります。また、いつもより食事量が多かったり、運動量が多かった時なども、インスリンが不足することがあります。
「糖尿病ケトアシドーシス」を起こしている時は、緊急治療が必要になり、点滴による脱水症状の改善と、インスリンの補充が行われます。

糖尿病ケトアシドーシス

ペットボトル症候群とは

「ペットボトル症候群」という言葉を聞いたことがありますか。名前の通り、ジュースやスポーツ飲料などの「糖分」を含むペットボトルの飲料水を習慣的に飲むことで、血糖値が上昇してしまう症状です。糖尿病はほとんど自覚症状がないと先程も触れましたが、この「ペットボトル症候群」は、主に自分が糖尿病だと自覚していない人が起こしてしまうことが多い症状です。
ペットボトル飲料は私たちの生活に密接していて、種類も豊富で自動販売機やコンビニ エンスストアなどでいつでも手軽に購入することが出来るため、毎日購入しているという人も多いのではないでしょうか。
特に糖尿病の人は喉が渇きやすいので、「糖分」の入ったペットボトル飲料をよく飲んでしまい、血糖コントロールの状態が悪くなり、糖尿病が更に悪化して、より喉が渇くといった危険な悪循環に陥ります。ペットボトル症候群は、重症化すると「糖尿病ケトアシドーシス」となり、意識障害を起こすこともあります。

ペットボトル症候群

ジュースには、多くの糖類を含んでいる

習慣的な水分補給には、水や「糖分」を含まないお茶などを飲むようにしましょう。
ジュースやスポーツ飲料などの清涼飲料水には、実はかなり多くの「糖分」が含まれています。現在は「カロリーオフ」や「カロリーゼロ」などと表記した商品も多く見かけますが、そのような飲み物にも糖は含まれている場合があります。
ペットボトル飲料に、多くの糖が含まれているとは知らずに、習慣的に飲んでしまっている人は、まずはその飲みものにどれくらいの糖が含まれているのかチェックするといいでしょう。商品の裏などには、必ず「栄養成分表示」が表記されています。そのペットボトル飲料に、カロリーや糖分量がどの程度含まれているのかチェックしてみましょう。

参考

糖尿病治療ガイドライン2016-2017|日本糖尿病学会
日本糖尿病学会|診療ガイドライン2016
厚生労働省e-ヘルスネット|嗜好飲料(アルコール飲料を除く)
厚生労働省|栄養表示基準に基づく栄養成分表示
高血圧症発症チェック

高血糖高浸透圧症候群とは

ここがポイント!

  • 高血糖高浸透圧症候群とは、急激な血糖値の上昇により、極度の脱水症状を伴う状態である
  • 意識障害、けいれん、血圧低下、頻脈などの症状が現れ、昏睡状態から最悪の場合死に至る
  • 高齢の人に多く、肺炎や尿路感染症などの病気が発症要因となる場合もある

「高血糖高浸透圧症候群」とは、2型糖尿病の悪化により、急激に高血糖状態に陥る事で、極度の脱水症状も伴います。高齢の方に多く理由として、肺炎や尿路感染症などの病気によるストレスや、治療の中断などがあります。高齢の人以外でも、2型糖尿病の人は、感染症、脳血管障害、手術、高カロリー輸液、利尿薬やステロイド薬の投与などにより、「インスリン」が効きにくい状態であると発症しやすいとされています。

高血糖高浸透圧症候群

高血糖高浸透圧症候群では、脱水により高度な高血糖を起こし「意識障害」「けいれん」「血圧低下」「頻脈」などの症状が現れ、昏睡状態から最悪の場合に「死亡」に至ることもあります。高度な「脱水症状」を起こしており、医療機関で点滴による脱水症状の改善やインスリンの適切な投与などの治療が至急必要となります。
糖尿病ケトアシドーシスと症状自体は似ていますが、ケトアシドーシスのように血液が酸性に傾いていないという点、2型糖尿病に多く見られるという点が異なります。

参考

糖尿病治療ガイドライン2016-2017|日本糖尿病学会
日本糖尿病学会|診療ガイドライン2016

まとめ

血糖値が高くなると、様々な危険が起こることについて解説してきました。高血糖は、急性の高度な血糖上昇以外は、ほとんど自覚症状が無いため、放置されてしまいがちですが、一度「糖尿病」を発症すると、完治することはありません。高血糖を予防するために、食事や運動などの生活習慣を十分に気をつけることを努力していきましょう。
Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ