糖尿病の尿検査について|尿に糖分がでる理由から自宅で出来る検査キットまでをご紹介

糖尿病では、尿中に糖分が排出されます。そのため、尿検査で尿糖を調べることで、糖尿病の疑いがあるかどうかを確かめることが出来ます。糖尿病は、自覚症状がほとんどないまま進行していくため、定期的な検査をして早期に発見することが重要です。血液検査のように、糖尿病の確定診断に結びつくものではありませんが、尿検査は手軽に自宅で調べることも可能です。ここでは、なぜ糖尿病で尿検査が行われるのか、尿は甘い匂いになるのか、自宅検査キットなどを解説して行きます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01糖尿病は尿検査が行われる
  2. 02糖尿病になると尿が甘い匂いになる場合もある
  3. 03糖尿病の尿検査は自宅でも出来る
  4. 04まとめ

糖尿病は尿検査が行われる

ここがポイント!

  • 糖尿病で高血糖状態の人は、血中にあふれたブドウ糖(グルコース)が尿と一緒に排出される
  • 糖は身体に必要なエネルギー源で再吸収されるため、正常であれば尿中にもれることはない
  • 「尿糖」検査は、体質や内服薬などによって影響を受けるので、糖尿病の確定診断には採血で「血糖値」を測定することが必要

糖尿病を調べる代表的な検査は、「採血検査」と「尿検査」があります。糖尿病の診断には「採血検査」が必ず必要になりますが、糖尿病を調べるために、なぜ尿検査も行われるのでしょうか。

血糖の状態を調べるための検査

尿に糖分が排出されるメカニズム

糖尿病は、血糖値を下げるインスリンというホルモンの異常によって発症し、血液中に糖分が過剰にある「高血糖」の状態になります。本来、糖は身体に必要なエネルギー源なので、血糖値や腎臓の働きが正常であれば、再吸収されて尿中に漏れ出すことはありません。しかし、糖尿病で高血糖状態が続くと、血液中の糖が増え過ぎて、再吸収できなかった糖が尿にあふれてしまい、「尿糖」として体の外へ出てしまうのです。

尿糖は糖尿病発見の手がかりになる

尿中に排泄されたブドウ糖(グルコース)を「尿糖」といいます。
尿検査で「糖」が陽性だった場合には、糖尿病が発症している可能性があります。しかし、あくまでも尿検査は、「糖尿病の疑い」を見つけるための手段です。尿糖検査では、糖尿病でも尿糖が検出されない方もいます。反対に、体調不良のときや、腎臓の機能が低下している人は、血糖値が正常でも尿に「糖」が出ることがあります。そのため、尿検査だけでは糖尿病かどうか診断するのは難しいのです。
例え、尿検査で糖が出なかったとしても安心して良いというわけではありません。糖尿病の正確な診断には「血糖値」や「HbA1c」の値を採血検査で調べることが必要です。

尿検査で「ケトン体」が出ているか調べることが出来る

尿検査には、尿糖以外にも調べられる検査項目が複数あります。その一つが「尿中ケトン体」です。糖尿病は、血糖値を下げるインスリンというホルモンが出なくなったり、効きが悪くなっている状態です。インスリンが機能していないと、体内に取り込まれた「糖」をエネルギーとして使うことが出来なくなり、高血糖になります。
糖をエネルギーに出来ないと、脂肪が分解されてエネルギーの変わりになります。脂肪が分解される際に、「ケトン体」が作られます。ケトン体が増えすぎると、「糖尿病性ケトアシドーシス」を起こし、強い脱水症状を起こし昏睡状態となることもあります。「糖尿病性ケトアシドーシス」を診断する際には、尿中の「ケトン体」を調べることもあります。
糖尿病性ケトアシドーシスについて詳しくは、糖尿病性ケトアシドーシスとは|糖尿病の急性合併症について解説をご参照ください

尿検査は「糖尿病腎症」の発見の手がかりになる

糖尿病が進行すると、「糖尿病性腎症」という糖尿病特有の合併症を発症するリスクが上がります。糖尿病性腎症は、徐々に腎機能が低下していき、進行すると腎不全となり「透析療法」や「腎移植」が必要な状態に至ります。自覚症状が少なく、むくみや全身倦怠感などに気がついた時には、すでに進行しているケースもあります。
尿検査では、尿中のアルブミンやたんぱくを調べることが出来るため、腎機能の異常を早期に発見する手がかりになります。

<尿中微量アルブミン>
「尿中微量アルブミン」は早期腎症の発見の手がかりになる重要な指標です。
腎機能は悪くなってしまうと治すことが出来ないため、早期腎症のうちから適切な治療を開始することが腎不全へと進行をさせないために重要です。

<尿たんぱく>
健康な人でも、多少は尿にたんぱく質を含んでいますが、尿に必要以上の「たんぱく質」が出ていないかどうかを調べる検査です。たんぱく尿が出ている場合、糖尿病性腎症がすでにかなり進行してしまっている可能性もあります。

糖尿病性腎症について詳しくは、【糖尿病性腎症とは】ステージごとの症状や治療法から人工透析まで解説をご参照ください。

参考

日本糖尿病学会|診療ガイドライン2016
日本糖尿病学会|糖尿病治療ガイド2016~2017
厚生労働省e-ヘルスネット|たんぱく尿
高血圧症発症チェック

糖尿病になると尿が甘い匂いになる場合もある

ここがポイント!

  • 糖が尿と共に排出されると、尿が甘い匂いとなることがある
  • しかし、糖尿病のすべての人の尿が甘い匂いがするわけではない
  • 尿にいつもと違う異常を感じたら医療機関を受診して医師の診察を受けましょう

なぜ尿が甘い匂いになるのか

糖尿病が重症化すると、糖が尿と共に排出されるため、尿が甘い匂いがする場合もあります。ですが、一概に甘い匂いがしたからといって糖尿病になっているとも断定できません。糖尿病の人はが必ず尿が甘い匂いになるわけではありません。ただし、可能性も否定できませんので、甘い匂いを感じ場合は、医療機関を受診して医師の診察を受けると良いでしょう。

糖尿病に見られるその他の尿の特徴とは

尿が泡立ち、時間が経っても消えない

尿が勢いよく出た場合には、健康な方でも泡立つことがあります。しかし、糖尿病性腎症のように尿中にたんぱく質が含まれいる場合には、尿が泡立ち、かつ時間が経っても消えません。

尿量が増える

糖尿病になり血液中にブドウ糖が増えすぎると、体はブドウ糖を尿と一緒に体外に排出しようとします。この働きにより、尿の量や回数が増加します。また、尿量が増えるので、体内の水分が減ってしまい、喉が渇いて多量の水分を摂取してしまう「多飲」という症状も現れます。このように、糖尿病は多尿と多飲の悪循環を引き起こしてしまうのです。

さらに、喉が渇いた際に、甘い飲み物を飲んでしまうと、血糖値が急上昇しさらに糖尿病を悪化させてしまいます。水分補給には水か甘くないお茶を飲むように日ごろから心掛けましょう。

糖尿病で出現する尿の特徴

参考

日本糖尿病学会|診療ガイドライン2016

糖尿病の尿検査は自宅でも出来る

ここがポイント!

  • 糖尿病の尿検査は自宅で出来るキットが販売されている
  • 専用の試験紙に尿をかけるだけで手軽に検査出来る
  • セルフチェックはあくまで健康管理や早期受診に役立てるものであり、年に一回は健康診断を必ず受ける必要がある
  • 尿糖が検出された場合には、糖尿病の疑いがあるので医療機関を受診し検査を受けよう

尿検査は、尿を紙コップにとって、検査紙を尿につけるだけなので、自宅でも手軽に行うことが出来ます。糖尿病の診断は出来ませんが、糖尿病の疑いを早期に発見することが可能です。ここでは、自宅で出来る尿検査キットについて紹介していきます。

尿検査用紙でセルフチェックが出来る

尿検査専用の試験紙が市販されており、尿に糖が出ているかどうかを自宅で調べることが出来ます。この尿検査用紙は、薬局やインターネットでも購入することができます。使い方の手順も簡単で、自分自身で手軽に試してみるこせとが出来る検査です。尿糖検査は医療機関に行かなくても自宅にいながら調べることが出来、すぐに結果もわかるので、気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

自宅での尿検査の手順

1)試験紙に尿を直接かける(又は紙コップなどに尿を採ってから試験紙に付ける)
2)数秒待つと、試験紙の色が変化する
3)付属の色調表と比較し、試験紙が変化した色の濃淡により糖の判定をする
※検査は、中間尿(尿の出始めと終わりの間くらいの尿)を使用しましょう。

検査をするタイミングとしては、原則として食後(1~2時間)の尿で検査をすることが推奨されています。製品によって細かな使い方は異なりますので、取扱い説明書をよく読んでから使用するようにしましょう。
尿糖のセルフチェック

尿検査では糖尿病の診断は出来ない

自宅でのセルフチェックは、健康診断の代わりとなるものではありません。セルフチェックはあ
くまで自身の健康管理や早期発見に役立てるもので、年に一回は健康診断を必ず受けることが必要です。尿糖の簡易検査をして、陽性反応が出た場合には、一時的に糖が出ているのか、それとも糖尿病を発症しているのか診断する必要があります。お近くの内科や糖尿病内科を受診し詳しい診察を受けましょう。

高血圧症発症チェック

まとめ

ここでは、糖尿病の尿糖検査を中心に解説しました。あくまでも、尿検査は糖尿病の疑いがあるかどうかを調べる検査であり、糖尿病の確定診断は採血検査によって血糖値やHbA1cを調べなくてはわかりません。しかし、手軽に自宅でも出来る検査なので、糖尿病が心配な人は、検査をしてみても良いかもしれません。もし、健康診断や自宅でのセルフチェックで尿糖が出た場合は、早めに医療機関で精密検査を受けるようにしましょう。
Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ