痛風は治るのか|症状が落ち着くまでの期間や控えたい食べ物などを解説

痛風発作は、尿酸値が高い状態が続くことで、関節内に尿酸の結晶ができることによって生じる関節の炎症をいいます。痛風発作は、数日間続き、「風が吹くだけでも痛い」と呼ばれるほど、突然強烈な痛みが生じる特徴があります。このような痛みを繰り返さないためにも、痛みが治っている間でも尿酸値を下げる必要があるのです。ここでは、痛風は治療により治るのか、治すために控えたい食べ物などを解説します。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01そもそも痛風は完治するのか
  2. 02痛風の治療にかかる期間
  3. 03痛風を治すために控えたい食べ物
  4. 04まとめ

そもそも痛風は完治するのか

ここがポイント!

  • 痛風は、尿酸値が高い状態が続くことで、尿酸の結晶が関節内にできることによって生じる炎症
  • 痛風発作の痛みは、薬を飲めば治るが、尿酸値を下げなければ再発する可能性が高い
  • 痛風の方は、痛みが治っている間でも尿酸値を低く保つことが重要

痛風は高尿酸血症が原因で発症する

痛風は、尿酸値が高い状態が続くことで、関節内に尿酸の結晶ができた結果発症する関節炎です。体を守る免疫細胞が、関節内に溜まった結晶を「異物」と誤認し、攻撃することで炎症の発作が引き起こされます。この発作を「痛風発作」といいます。痛風発作は、突然生じ、とても強い痛みが生じます。

痛風を改善するには尿酸値を下げる必要がある

痛風は、関節に突然激しい痛みと腫れが生じます。「風に当たるだけでも痛い」と表現されるほど、強い痛みです。痛風発作が最も起きやすい場所は、足の親指の付け根であり、痛みから歩行困難になる場合もあります。痛風発作は、薬を飲めば治りますが、痛みが治っている間も尿酸値を下げなければ、再度発作を起こしてしまいます。そのため、痛風は一度治っても「完治」する分けではないのです。痛風発作を起こさないようにするためには、尿酸値を低く保つことが重要であり、再度尿酸値が上がれば再発する可能性があります。

参考

高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版
高血圧症発症チェック

痛風の治療にかかる期間

ここがポイント!

  • 男女ともに7.0mg/dLを超えると「高尿酸血症」と呼ばれる
  • 男女ともに尿酸値を6.0mg/dL以下に管理することを推奨れている
  • 生活習慣の改善を行いながら、医師の指示に従い処方された薬をしっかりと飲むことが重要

前の章でも解説しましたが、痛風は尿酸値が高い状態続く限り、再発する可能性があります。痛風発作の痛みは、痛み止めを飲めば軽減しますが、痛みが治ったからといって、安心せずに、生活習慣の改善や薬物治療により尿酸値を下げることが再発予防には重要です。

尿酸値はどの程度下げれば良いのか

痛風を再発させないためには、尿酸値を低く保つことが重要です。
尿酸値は、男女ともに7.0mg/dLを超えると「高尿酸血症」と呼ばれます。尿酸は7.0mg/dLが血液に溶けきる限界の値とされており、それを超えると尿として排出されきれず、結晶化してしまいます。
そのため、痛風発作の再発を防止するためには、男女ともに尿酸値を6.0mg/dL以下に管理することを推奨しています。

尿酸値を下げるには長期間の治療が必要

痛風を発症している場合には、尿酸値の数値に関係なく薬物治療が開始されます。尿酸値を下げる薬を飲むと一時的に尿酸値は正常値に戻ります。しかし、薬をやめると尿酸値は再び上昇してしまいます。そのため、生活習慣の改善を行いながら、医師の指示に従い処方された薬をしっかりと飲むようにしましょう。個人差はありますが、治療は長期間続けていくことが必要ですので、根気強く向き合って行きましょう。

参考

高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版

痛風を治すために控えたい食べ物

ここがポイント!

  • 尿酸はプリン体が体内で分解される際に産生される物質
  • 1日のプリン体摂取量は、400mgを超えないことが望ましいとされている
  • 高プリン食品には、白子やレバーなどがある
  • メタボリックシンドロームは痛風の要因となるため、食べ過ぎや高脂肪、高カロリーの食事を避ける
  • アルコールには、尿酸値を上げる作用があるため控える必要がある

尿酸はプリン体が分解されて作られる

尿酸は、プリン体が体内で分解される際にできる物質です。プリン体のほとんどは、体内で作られており、食品から取り入れるプリン体は全体の2割程度です。通常、尿酸は尿中に排出されますが、尿酸が増えすぎると、排出が十分にされないため、血液中尿酸値が上昇してしまうのです。

高プリン体食品は控えよう

高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインでは、「プリン体の1日摂取量は400mgを超えないようにする」ことが示されています。プリン体は、細胞の核を作る成分です。そのため、レバー、たらこ、いくらなど細胞数の多い食品に豊富に含まれています。

高カロリーや高脂肪の食事は控える

尿酸値の上昇には、メタボリックシンドロームが関連していることが明らかになっています。実際に、痛風を発症している方はメタボリックシンドロームの割合が高く、日本でも痛風の方の約37%にメタボリックシンドロームが認められたとの報告もあります。そのため、食べ過ぎ、高脂肪、高カロリーなどの生活習慣が、痛風の原因になると考えられています。
食事を摂取する際には、糖質、脂質、カロリーなどの表示を確認するように心掛けましょう。

お酒の飲み過ぎに注意しよう

お酒は、種類によってはプリン体が比較的多く含まれており、ビールは大瓶1本50mg程度のプリン体が含まれています。しかし、先ほど紹介した高プリン体に比べると、含有量は少ないことがわかります。しかし、プリン体自体は食品の方が少ないのですが、お酒にはプリン体とは別に尿酸値をあげる作用があるのです。

アルコールにより尿酸値が上がるメカニズム

アルコールには、尿酸の産生を増加させる、尿酸の排出を阻害する、利尿作用により尿酸を濃縮するという3つの作用があります。これらの作用に、お酒に含まれるプリン体が上乗せされることで、さらに尿酸値が上がりやすくなるのです。
また、お酒のつまみには、白子やレバーなどの高プリン食品も多いため、お酒をよく飲まれる方は痛風になりやすいとされています。
高血圧症発症チェック

まとめ

痛風は、尿酸値が高い状態が続くことで発症する病気です。そのため、痛風の痛みがない期間でも、尿酸値を下げる治療を続ける必要がありますし、一度下がっても再度上昇した場合には再発する可能性があります。また、尿酸値を下げる治療は、生活習慣の改善や薬物治療により長期間続ける必要があります。自分一人で無理をせず、医師や栄養師など専門スタッフと一緒に、しっかり向き合っていきましょう。
Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ