糖尿病は主な失明原因の1つ|失明に至る過程から失明しないためにできる治療法などについて

失明は、生活の質を下げる重大な障害の一つです。生活する上で自分だけでなく、周囲の人の協力も必要になります。失明をしてしまう原因で最も多いのが、糖尿病網膜症という糖尿病特有の合併症であることを知っていますか。糖尿病の方は誰もが失明するリスクがあることを理解し、治療を継続することが重要です。ここでは、糖尿病と失明の関係性について解説します。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01糖尿病は主な失明原因の一つである
  2. 02なぜ糖尿病で失明に至るのか
  3. 03糖尿病で失明しないために早期に治療を受けよう
  4. 04まとめ

糖尿病は主な失明原因の一つである

失明原因の第1位は、日本だけでなく、先進諸国においても「糖尿病網膜症」とされています。糖尿病網膜症は、糖尿病特有の三大合併症の一つであり、高血糖状態が続くことで目の網膜に広がる毛細血管がダメージを受けることで発症する病気です。
失明とは、視覚を失った状態をいいます。視覚には、視力、視野、色覚があり、物を見たり、色を見分けたりと私たちが生きる上でとても重要な役割を果たしています。失明をすると、生活の質が大きく低下するだけでなく、周囲の方の協力も必要になります。
糖尿病の場合は、急に失明するわけではありません。適切な治療を受けていれば防ぐことも可能です。ですから、なぜ糖尿病で失明してしまうのかをよく理解して、治療にのぞむことが重要なのです。

参考

失明 |厚生労働省 e-ヘルスネット
糖尿病網膜症|厚生労働省 e-ヘルスネット
高血圧症発症チェック

なぜ糖尿病で失明に至るのか

ここがポイント!

  • 血糖値が高い状態が続くことで、網膜の血管が破れたり、詰まったりを繰り返す
  • 網膜に血液が十分に運ばれなくなるため、新しい血管を増やし(新生血管)酸素を補おうとする
  • 新生血管はもろく出血を繰り返し、網膜にかさぶたのような増殖膜を作る
  • 増殖膜は網膜剥離の原因となるため、物を見る部分が剥がれてしまうと失明に至る場合がある

糖尿病網膜症は、進行度合いにより「単純糖尿病網膜症」「増殖前網膜症」「増殖網膜症」の3段階にわけられます。

単純糖尿病網膜症

毛細血管が破れて出血したり、毛細血管にこぶ状に膨らんだ毛細血管瘤ができたり、シミである硬性白斑、軟性白斑などが眼底に現れます。この状態では、視力に影響を及ぼすことはなく、適切な血糖コントロールを行うことで改善するとされています。

増殖前網膜症

単純糖尿病網膜症により網膜の血管が詰まったり、シミが複数できたりすることで、血液が十分に運ばれず酸素不足になります。これを補うために、新しい血管を増やすことで酸素を補おうとします。この新しい血管を「新生血管」といい、増殖前網膜症は新生血管ができる前の段階です。

増殖網膜症

増殖網膜症は、新生血管が増殖した状態をいいます。新生血管は、非常にもろく出血するとかさぶたのような膜が張ってきます。この膜は「牽引性網膜剥離」の原因となり、網膜が引っ張られて剥がれてしまう場合があります。網膜剥離によって、物を見るために必要な「黄斑部」が剥がれてしまうと、失明に至ってしまいます。

参考

糖尿病性網膜症|日本眼科学会

糖尿病で失明しないために早期に治療を受けよう

ここがポイント!

  • 糖尿病網膜症は、糖尿病になってから発症までに10年程度掛かる
  • 糖尿病になった段階で、自覚症状がなくとも定期的に眼科を受診することが重要である

糖尿病網膜症が失明の原因になることが理解していただけたでしょうか。
ただし、糖尿病になったからといって必ず糖尿病網膜症を発症するわけではありません。糖尿病網膜症は、糖尿病になってから発症するまでに10年程度掛かるとされています。ですので、適切な血糖コントロールをしながら、定期的に眼科を受診しておくことで、発症したとしても早期に発見し失明を防ぐことができるのです。
糖尿病網膜症は、症状がかなり進行するまで自覚症状は現れません。ですから、視覚に自覚症状が現れていなくとも、糖尿病と診断された時点で眼科の受診をはじめることが推奨されています。

参考

糖尿病網膜症|日本眼科学会
高血圧症発症チェック

まとめ

糖尿病網膜症は、日本人の失明原因の第1位であり、糖尿病の方は誰もが発症するリスクがあります。しかし、糖尿病になってから糖尿病網膜症を発症するまでは10年程度掛かるとされています。糖尿病になったら、医師の指示のもと、適切な血糖コントロールを継続し、定期的に眼科を受診することが重要です。
Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ