コレステロールを下げるサプリとは|含まれている成分や効果について解説します

サプリを飲んでコレステロールを下げることはで出来るのでしょうか。最近では、様々なサプリが、薬局やコンビニやインターネットなどで売られており、誰でも気軽に購入することが出来ます。
しかし、そもそもサプリにコレステロールを下げる効果が期待出来るのでしょうか。ここでは、サプリと医薬品の違いや、コレステロールを下げる成分などについて、医学的に解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01コレステロールを下げる必要がある人とは
  2. 02コレステロールを下げる成分とは
  3. 03市販のコレステロールを下げるサプリ
  4. 04まとめ

コレステロールには善玉と悪玉がある

ここがポイント!

  • コレステロールは、細胞膜や様々なホルモンの材料となる「脂肪」の一つ
  • 善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、余分なコレステロールを肝臓に回収する
  • 悪玉コレステロール(LDLコレステロ ール)は、肝臓で作られたコレステロールを全身へ送るが、増えすぎると「動脈硬化」を進行させる

コレステロールには大きく分けて「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」の2種類があると聞いたことがあるでしょうか。

HDLコレステロール(善玉コレステロール)

HDLコレステロールは、別名「善玉コレステロール」とも言われは、増えすぎた余分なコレステロールを肝臓に回収したり、血管壁に固まったコレステロールを取り除く働きがあります。そのため、HDLコレステロールが少なくなると、余分なコレステロールを回収することが出来ないため、コレステロールが上昇し、動脈硬化を進行させてしまうことになります。

LDLコレステロ ール(悪玉コレステロール)

悪玉といっても、有害物質というわけではありません。コレステロールは、そもそも、細胞膜や様々なホルモンの材料となる「脂肪」の一つで、身体にとって無くてはならない重要な働きをしています。
しかし、LDLコレステロ ールは、別名「悪玉コレステロール」とも言われ、血液の流れに乗って、肝臓から全身にコレス テロールを送り届ける働きをします。LDLコレステロールは、増えすぎると、血管壁にコレステロールを付着させ、動脈硬化を進行させてしまうので、一般的に悪玉コレステロールと呼ばれています。

参考

厚生労働省e-ヘルスネット|コレステロール
厚生労働省e-ヘルスネット|LDLコレステロール
厚生労働省e-ヘルスネット|HDLコレステロール
高血圧症発症チェック

コレステロールを下げる必要がある人とは

ここがポイント!

  • 高コレステロール状態が続くと動脈硬化を進行させ、「脳卒中」や「心筋梗塞」のリスクを上げる
  • サプリは薬との飲み合わせによっては、過剰に作用したり反対に阻害してしまう場合もある
  • 病気の治療中で薬を飲んでいる人は、サプリを飲む前に、主治医に相談しよう

LDLコレステロールが高いと動脈硬化を進行させてしまう

積極的にLDLコレステロールを下げる必要がある人は、どのような人なのでしょうか。
血液中の「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」が増えすぎると、血液の流れが悪くなり、やがてコレステロールが血管の内壁に蓄積して固まっていくことで、動脈硬化が徐々に進んでいきます。動脈硬化は、「脳卒中」や「心筋梗塞」といった突然死のリスクがある病気の原因になります。

動脈硬化学会によると、「冠動脈疾患」の既往がある場合は、再発のリスクが高いため、生活習慣の改善とともに薬物療法が必要になります。他にも、LDLコレステロールを下げる必要がある人は、「糖尿病」「慢性腎臓病(CKD)」「非心原性脳梗塞」「末梢動脈疾患(PAD)」の病気がある人や、加齢、喫煙歴なども影響するため、これらに当てはまる人も、生活習慣の改善を十分に行い、改善が困難な場合には薬物療法が開始されます。

コレステロール値がどの程度だと注意が必要なのか

動脈硬化が進行する基準とされているコレステロールの値はどのくらいなのでしょう。
コレステロール値が異常値になると、「脂質異常症」と診断されます。
日本動脈硬化学会の脂質異常症の基準値は、LDLコレステロールが140mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL以下、中性脂肪が150mg/dL以上とされています。

<脂質異常症の基準値>
LDLコレステロール 140mg/dl以上
HDLコレステロール 40mg/dl未満
中性脂肪 150mg/dl以上

参考

日本動脈硬化学会|動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症治療のエッセンス
国立循環器病研究センター|循環器情報サービス

コレステロールを下げる成分とは

ここがポイント!

  • 青魚に多く含まれる「EPA」「DHA」や、オリーブ油に多く含まれる「オレイン酸」は、LDLコレステロールを減らす
  • 「食物繊維」には、LDLコレステロールの吸収を抑える効果がある
  • 「ポリフェノール」や「カロテノイド」には強い抗酸化作用があり、動脈硬化の進行を抑える

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は、体内で作ることができない必須脂肪酸なので、食品から摂取する必要があります。不飽和脂肪酸は、植物や魚の脂に多く含まれています。

いわし・さば・あじなどといった青魚に多く含まれている「EPA」「DHA」は、LDLコレステロールを減らす働きがあります。他にも、「EPA」「DHA」には、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるといった効果も期待されるため、積極的に摂取するようにしましょう。
植物性脂肪である、オリーブ油に多く含まれる「オレイン酸」も不飽和脂肪酸に含まれ、LDLコレステロールを下げる効果があります。

食物繊維

食物繊維には、LDLコレステロールの吸収を抑える効果があります。
コレステロールを下げるために、野菜類・海藻・きのこ・こんにゃくなどの食物繊維を豊富に含んでいる食品積極的に食べましょう。

また、食物繊維には、食後に血糖値が急激に上昇することを抑える効果や、整腸作用による便秘解消、肥満防止も期待出来ます。

抗酸化作用のある成分

LDLコレステロールは、増えすぎると活性酸素などの影響で酸化し血管壁に固まっていきます。それが蓄積していくと「動脈硬化」が進行していきます。この酸化を防ぐために、抗酸化作用のある成分が効果的といえます。

ポリフェノール
ポリフェノールには、強い抗酸化作用があります。
ブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」、大豆に含まれる「イソフラボン」や「サポニン」、ゴマの成分が変化してできる「セサミノール」、そばに含まれる「ルチン」、緑茶の「カテキン」と紅茶・ウーロン茶などに含まれる「タンニン」などに、ポリフェノールが多く含まれています。
カロテノイド
カロテノイドも、強い抗酸化作用があります。
緑黄色野菜や果物などに含まれる「β-カロテン」や「リコピン」、えびやかになど甲殻類や、さけ・ますなど魚類がもつ「アスタキサンチン」などにカロテノイドが多く含まれています。

他にも、「ビタミンC」や「ビタミンE」なども抗酸化作用が強い栄養素になります。
抗酸化物質には、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こす要因となる活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える効果があるため積極的に摂取しましょう。

食事から摂ることが基本

サプリは手軽に購入もでき、飲みやすく作られていますが、身体に良い成分だからといって、サプリで過剰に摂取すると、かえって体調を崩すこともあります。
栄養バランスを考えて、バランスの良い食事をすることが大切なのです。ですが、実際にどのくらいが適量なのかというと、厚生労働省は一般向けに「日本人の食事摂取基準」を作成しています。どの栄養素をどの程度摂ったらいいかの目安にしてみましょう。

サプリと薬の相互作用

サプリで特定の成分を多く摂取することが、かえって体に良くない場合もあります。
特に病気の治療中で薬を服用している人は、サプリと併用して飲むことで、薬の作用を過剰に強めたり、反対に薬の作用を阻害してしまうことがあります。
病気の治療中の人で、サプリを試そうと思っている人は、飲む前に担当の医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

参考

厚生労働省e-ヘルスネット|不飽和脂肪酸
厚生労働省e-ヘルスネット|食物繊維の必要性と健康
厚生労働省e-ヘルスネット|抗酸化物質
厚生労働省|日本人の食事摂取基準
健康食品の正しい利用法(pdf資料)|厚生労働省医薬食品局食品安全部
国立循環器病研究センター|循環器情報サービス
高血圧症発症チェック

市販のコレステロールを下げるサプリ

ここがポイント!

  • サプリには、医学的に証明された明確な治療効果はない
  • 治療効果が医学的に証明されているのは、医師から処方される「医療用医薬品」のみ
  • サプリはあくまで栄養補給の補助的な役割であることを理解しておこう

コレステロールが高い人向けに宣伝されているサプリが販売されています。これらのサプリを飲むことでコレステロールは下げることが出来るのでしょうか。ここでは、サプリの効果について解説します。

サプリはあくまでも健康食品の一つ

そもそもサプリとは、一般的に「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」を指しますが、法的な定義が設けられているわけではありません。
サプリは見た目も錠剤やカプセルの形状であり、医師から処方される「医療用医薬品」と似ていますが、大きく分けると「健康食品」に分類されます。

医療用医薬品とサプリの違いは、摂取することにより身体にもたらされる効果が医学的に証明されているかどうかです。医療用医薬品は開発されるまでに、動物実験や臨床試験によって、効果や安全に関する基準が明確に定められており、それらを満たして初めて厚生労働省から販売が認可されるため、効果や副作用について医学的に証明されています。

コレステロールを下げる成分が入っているサプリなら効果があるのか

サプリのパッケージや広告などに、様々な宣伝がされていますが、サプリには医療用医薬品が持っているような、明確な「医学的に証明された効果」はありません。
サプリに配合されている成分の作用が明らかであっても、サプリ自体を摂取することにより得られる効果が医学的に証明されているわけではありません。つまり、コレステロールを下げる成分がサプリに含まれているとしても、そのサプリを飲めばコレステロールを下げられるという明確な医学的証明はされていないのです。

市販されているサプリ

医学的に証明された治療効果はありませんが、あくまでも食事で摂りきれない栄養を補助的にサポートする目的であると心得て使用すると良いでしょう。
コレステロールを下げる成分が配合されているサプリを一部ですが紹介していきます。

製造企業 商品名 主な成分 価格(税込) URL
サントリー DHA&EPA DHA・EPA・DPA・セサミン・ビタミンEなど 120粒(約30日分):5,500円(初回価格) https://www.suntory-kenko.com/contents/ad/40/lst/dha/id_ep2/?key=7035&utm_source=330%2F1280%2F%2F7035&utm_medium=PC_20&CASO23768749&utm_campaign=dha%2fad%2fSLS01Y01L01C01000A01%2f0000%2f0000&utm_term=epa+%u5065%u5eb7%u98df%u54c1%2fb&gclid=EAIaIQobChMIwLrdo56Z3AIViiQrCh2C-g_fEAAYASAAEgJ-mfD_BwE
大正製薬 大正DHA・EPA DHA・EPA・ビタミンEなど 150粒(約30日分):4,320円(初回価格) https://www.taisho-direct.jp/products/detail/1231?lu03
DHC DHA DHA・EPAなど 120粒(約30日分):1,191円 https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32674

参考

健康食品を正しく理解しよう!|独立行政法人国民生活センター(pdf資料)
健康食品の正しい利用法(pdf資料)|厚生労働省医薬食品局食品安全部
「健康食品」の安全性・有効性情報|国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所

まとめ

サプリはあくまでも、食事で摂りきれない栄養を補助的に摂取することを目的としています。コレステロールが高いと指摘された場合は、医師による診断を受けて、まずは食事療法や運動療法を行い、効果が得られない場合は薬物療法を行うことが基本となります。コレステロールが高いと健康診断などで指摘をされた人は、まずは医療機関へ相談し、医師の診察を受けるといいでしょう。
Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ