円形脱毛症に効果的な食べ物とは|関連性を医学的に解説します

ある特定の食べ物が髪の毛に良いと宣伝されているのを見たり聞いたりしたことはありませんか。実は、円形脱毛症を直接改善させる効果がある食べ物、つまり、発毛効果や育毛効果があると医学的に証明されている食べ物は、今のところありません。
一方で、髪や頭皮の健康につながる食べ物はいくつかあり、それらは間接的に円形脱毛症改善の手助けになる可能性があります。
ここではまず、円形脱毛症に直接効果のある食べ物がなぜないのか、その理由を解説します。さらに、髪や頭皮の健康につながる栄養素と、それらの栄養素が豊富に含まれる食べ物について具体的に紹介をしていきます。
円形脱毛症と食べ物との関連性について、医学的に正しい知識を身につけていきましょう。

Ito
伊藤恭太郎 医師監修
日本救急医学会救急科専門医

目次

  1. 01円形脱毛症に直接効く食べ物はない
  2. 02効果的な食べ物がない理由は円形脱毛症の「原因」にある
  3. 03健康的な食生活は症状改善のために重要
  4. 04髪と頭皮の健康につながる食べ物
  5. 05円形脱毛症の悪化につながる食べ物はあるのか
  6. 06まとめ

円形脱毛症に直接効く食べ物はない

ここがポイント!

  • 円形脱毛症の診療ガイドラインには、直接効く食べ物についての記載はない
  • 日本皮膚科学会のHPにも円形脱毛症に直接効く食べ物についての記載はない
  • したがって、少なくとも今のところ円形脱毛症に直接効果を発揮する食べ物はない

まずは、なぜ円形脱毛症に直接効く食べ物はないと言えるのか、解説をします。

日本皮膚科学会は、円形脱毛症に対する診療ガイドラインを作成しており、その中では、円形脱毛症の原因や治療法など、診療に結びつくさまざまな事柄が、医学的根拠となる研究や論文を引用しつつ記載されています。もしも、円形脱毛症に直接効果を発揮すると医学的に証明された食べ物があれば、診療に結びつく事柄の1つとして診療ガイドラインにも記載があるはずです。

ところが診療ガイドラインには、円形脱毛症の改善につながる食べ物についての記載は一切ありません。また、日本皮膚科学会のホームページにも円形脱毛症についての情報はありますが、そこにも円形脱毛症の改善につながる食べ物についての記載はありません。

これは、少なくとも今のところ、医学的根拠をもって円形脱毛症の改善に直接効果を発揮すると言える食べ物はないということを意味します。もしもインターネットやチラシなどで、円形脱毛症に対する効果をうたった食べ物の広告を見かけた場合は、安易に信じるのではなく、その根拠を確認するようにしましょう。

参考


脱毛症診断チェック

効果的な食べ物がない理由は円形脱毛症の「原因」にある

ここがポイント!

  • 円形脱毛症の原因はまだ完全に解明されておらず、効果的な食べ物は存在しない
  • 有力視されている原因や誘因は体質的なものであるため、食べ物による改善は難しい

ここでは、円形脱毛症に効果的な食べ物はなぜ無いのか、その理由を解説します。

円形脱毛症を発症する原因やその詳しいメカニズムは、まだ完全には解明されておらず、今も研究が続けられている状況です。そもそも発症メカニズムがはっきりと解明されていないので、どのような食べ物が効果的であるかはわからず、したがって効果的な食べ物は存在しないのです。

また、これまでの研究成果から日本皮膚科学会は、円形脱毛症の原因として「自己免疫応答」を有力視しています。さらに、円形脱毛症の発症を引き起こす「誘因」となっている可能性があるものとして、「自己免疫疾患」「アトピー素因」「遺伝」を挙げています。
これらの原因や誘因は、生まれつき備わっている体質的な要素が強く、食べ物などの後天的な生活習慣が影響する可能性は低いため、今後メカニズムが詳細に解明された場合でも、食べ物によって直接的に円形脱毛症を予防したり改善したりすることは難しいと考えられています。

円形脱毛症の原因について詳しくは「【円形脱毛症の主な原因について】免疫の病気からストレスの関与などまで、原因とその発症メカニズムを正しく理解しよう」をご参照下さい。

参考


健康的な食生活は症状改善のために重要

ここがポイント!

  • 健康的な食生活は、頭皮や髪の毛を健康な状態に整え、健康的な髪の毛を生やすのに重要
  • 健康的な食生活とは「栄養バランスの良い食事」と「規則正しい食生活」
  • 栄養バランスは、食事バランスガイドを参考にすると良いでしょう

円形脱毛症に直接的な効果のある食べ物はないというわけですが、だからと言って食事をおろそかにしていると、頭皮や髪の毛の基となる細胞が影響を受けて、健康的な髪の毛が生えにくくなってしまう可能性があります。そうならないためにはどのような食事を心がけていけば良いのか見ていきましょう。

バランスの良い食事

円形脱毛症は、毛の組織が炎症を起こしている状態です。したがって炎症が収まれば髪の毛が再び生えてくる可能性がありますが、その際に毛根や頭皮の状態が整っている必要があります。
毛根や頭皮の状態を整えるために気を付けたいのは、栄養バランスの良い食事を取ることです。髪の毛や頭皮も他の臓器と同じく、健康的であるためには食事によって体の外から必要な栄養素をバランス良く体内に取り入れることが重要なのです。

ではバランスの良い食事とは、どのような食材を組み合わせ、それぞれどのくらいの量を取ればいいのでしょうか。それを具体的に知る際に参考に出来るのが、厚生労働省と農林水産省が策定した「食事バランスガイド」です。食事バランスガイドとは、1食を主菜、副菜などに分けて、それぞれどのような組み合わせで、どのくらいの量を食べれば良いかを具体的にイメージしやすくイラストで表したものです。毎日の食事内容を決める際に、ぜひ参考にしてみましょう。

食事バランスガイド
出典:農林水産省

規則正しい食生活

毛根や頭皮の状態を整えるためには、栄養バランスの良い食事に加えて、規則正しい食生活を意識することも重要です。規則正しい食生活のためには、1日3回出来るだけ決まった時間に食事を取るようにします。「時間がないから」「仕事が忙しいから」など、理由をつけて朝食を抜いたり夜遅くに食べたりするのは、体のリズムを崩す原因になるので出来るだけ避けましょう。

参考


医師に脱毛症の相談をしませんか?脱毛症のお悩みを募集しています

髪と頭皮の健康につながる食べ物

ここがポイント!

  • 髪の毛と頭皮の健康のために積極的に取りたい栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミンB群」
  • タンパク質は髪の毛の主な構成成分であり、肉、魚、卵、大豆などに豊富
  • 亜鉛はタンパク質の合成に関与しており、牡蠣、赤身の肉、鶏肉、豆などに豊富
  • ビタミンB群はタンパク質の代謝などに関与しており、レバー、卵、大豆などに豊富

髪の毛と頭皮の健康のために積極的に取りたい栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミンB群」です。それぞれの栄養素が多く含まれる食べ物について見ていきましょう。

タンパク質

タンパク質は私たちの体のあらゆる部分を構成している栄養素であり、髪の毛も90%以上が「ケラチン」というタンパク質で構成されています。そのため、タンパク質が不足すると髪の毛は栄養不足となり髪の毛が健康的に成長出来なくなります。
タンパク質は「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」に分けられ、それぞれ次のような食材に多く含まれています。
タンパク質の分類 豊富に含まれている食材
動物性タンパク質 赤身の肉、鶏肉、魚、卵など
植物性タンパク質 大豆、納豆、豆腐など
タンパク質が多く含まれる食べ物
厚生労働省によると、1日のタンパク質の推奨摂取量は18~69歳の男性で60g、女性で50gです。

亜鉛

亜鉛は、タンパク質の合成に関わる「酵素」の構成成分の1つであるため、タンパク質と同じく健康な髪の毛の成長には必要な栄養素です。
亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣、赤身の肉、鶏肉、豆類、ナッツ類などです。厚生労働省によると、1日の推奨摂取量は18~69歳の男性で10mg、女性で8mgです。
亜鉛が多く含まれる食べ物

ビタミンB群

ビタミンは体の機能を正常に保つために必要な栄養素であり、中でも「ビタミンB群」は、「脂質・糖・タンパク質(三大栄養素)の代謝」や「エネルギー産生」を助ける働きがあります。ビタミンは体内で合成することがほとんど出来ないため、食事から摂取する必要があります。ビタミンB群の中でも、特に髪の毛に良いとされる栄養素は次の表の通りです。
髪の毛に良いとされる栄養素 作用 含まれている主な食材
ビタミンB2 細胞の新陳代謝を促す レバー、卵、大豆
ビタミンB6 タンパク質の合成や分解を助ける かつお、さば、レバー、肉
ビオチン 糖・脂質・タンパク質の代謝を助ける レバー、カレイ、いわし
ビタミンB群が多く含まれる食べ物

これらの栄養の不足が、円形脱毛症の直接的な発症要因にはなりません。しかし、著明な不足は頭部全体の抜け毛の原因になり得ます。

参考


円形脱毛症の悪化につながる食べ物はあるのか

ここがポイント!

  • 医学的根拠をもって円形脱毛症を直接悪化させると言える食べ物はない
  • 栄養バランスの悪い食事や栄養不足は頭皮や髪の毛の不健康につながるので気を付けましょう

最後に、円形脱毛症の悪化につながる食べ物について確認をしましょう。

円形脱毛症の悪化につながる食べ物についても、円形脱毛症の診療ガイドラインや日本皮膚科学会のホームページには記載されていないことから、医学的根拠をもって円形脱毛症を直接悪化させると言える食べ物はないと考えられます。
しかし、ここまでにお話ししてきたように、バランスの悪い食事や栄養不足は頭皮や髪の毛の健康を損なわせ、本来の髪の毛の成長を妨げる原因になる可能性があります。食事バランスガイドなどを利用して、必要な栄養素を出来るだけ過不足なく取るように普段から心がけていきましょう。

参考


脱毛症診断チェック

まとめ

円形脱毛症と食べ物との関連性についていろいろ見てきました。
円形脱毛症の診療ガイドラインにも、日本皮膚科学会のホームページにも、円形脱毛症に対する直接的な改善効果が医学的に証明されている食べ物は記載されていないため、今のところはそのような効果をもつ食べ物は存在しないと言えます。その理由は、円形脱毛症の原因がまだ完全に解明されておらず、また原因や誘因として考えられているものは体質的な要素が強いため食べ物によって予防や改善をするのは難しいと考えられるからです。
一方で、円形脱毛症の直接的な改善は出来なくても、食べ物を工夫することで頭皮と髪の毛の状態を整え、健康な髪の毛が再び生えてくる手助けをすることは出来ます。そのためには、食事バランスガイドなどを参考に栄養バランスの良い食事を心がけることに加えて、髪の毛の構成成分であるタンパク質や、タンパク質の合成・代謝に関与している亜鉛、ビタミンB群が含まれている食材を、普段から積極的に食事メニューに取り入れるようにしましょう。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Ito
伊藤恭太郎 医師
日本救急医学会救急科専門医

プロフィール

東北大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院および聖路加国際病院の救命救急センターにて、救急集中治療医として診療に従事。聖路加国際病院では、救急部チーフレジデントを務め、救急科専門医資格を取得。一般内科外来や在宅診療、重症患者への高度救命処置まで、幅広い分野の診療を経験。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ