【ノコギリヤシとは】AGAや頻尿の改善効果が期待される理由から腎臓に対する副作用の可能性まで

「AGA(男性型脱毛症)」と「男性の頻尿」は、一見すると関係がないように思われますが、実はどちらも発症には男性ホルモンの一種である「DHT」が関与すると考えられています。「ノコギリヤシ」という植物に含まれる成分は、このDHTに作用する可能性があるとされており、脱毛症や頻尿で悩む人に対する改善効果を宣伝する市販の「ノコギリヤシサプリメント」に含まれています。
ここではノコギリヤシについて、基礎知識、育毛効果や頻尿改善効果が期待される理由とその医学的な信頼性、副作用の有無などを、複数の医学論文を参考にしながら解説していきます。ノコギリヤシについて、医学的に正しい知識を身につけていきましょう。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01ノコギリヤシとは
  2. 02脱毛症に対する育毛サプリとして期待される理由
  3. 03ノコギリヤシは前立腺肥大に効果があるか
  4. 04頻尿改善サプリとして期待される理由
  5. 05ノコギリヤシ+亜鉛サプリは育毛効果の増強が期待出来るのか
  6. 06ノコギリヤシは女性にも効果があるのか
  7. 07ノコギリヤシに副作用はあるのか
  8. 08わが国におけるサプリメントの位置付け
  9. 09まとめ

ノコギリヤシとは

ここがポイント!

  • ノコギリヤシはヤシ科の植物で、ノコギリのような葉が扇状についているのが特徴
  • 果実は前立腺肥大による排尿障害に効果的であるとして昔から使用されてきた

まずは、「ノコギリヤシ」とはどのような植物なのかを確認しましょう。

ノコギリヤシとは、米国東部を原産地とするヤシ科の植物です。細くて1メートル前後の長い葉が扇状に付いているのが特徴的で、葉の形がノコギリのようにギザギザしていることから「ノコギリヤシ」と名付けられています。冬になると2~3cm程度の果実を複数つけ、その果実から絞り出されたエキスや果実自体が伝統療法や民間療法として昔から使用されてきました。実際欧州では、昔から前立腺肥大による頻尿などの排尿障害を改善する効果を期待して使われており、現在では医薬品としても認可されています。

参考


脱毛症診断チェック

脱毛症に対する育毛サプリとして期待される理由

ここがポイント!

  • ノコギリヤシエキスにAGAの原因であるDHTを減少させる働きがあると示した論文報告がある
  • ノコギリヤシエキスに脱毛と関連の深い「炎症」を抑える効果があると示した論文報告もある
  • 実際にノコギリヤシエキスによるAGAの症状改善を示した論文報告も複数ある

AGA発症に関わる「DHT」を減らしたという研究論文がある

AGA(男性型脱毛症)の発症には、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が関与していると知られており、実際にDHTを作る酵素の働きを抑えることによりDHTを減少させる薬がAGA治療薬として使われています。
同様にDHTを減らす作用がノコギリヤシエキスにもあるという論文が、1998年にイタリアの研究グループにより報告されています。研究グループは、前立腺肥大症の人に、ノコギリヤシエキスを1日320mgずつ3カ月間毎日飲んでもらい、患部におけるDHTなどの量の変化を確認しました。その結果、飲んだグループは飲んでいないグループに比べてDHTの減少が見られました。この研究での測定部位は尿道などの泌尿器であり、頭皮での結果を示したものではありませんでしたが、ノコギリヤシエキスにDHTを減らす効果があることが示されました。
こうした背景から、育毛に効果的であると宣伝もされているノコギリヤシサプリには、DHTを減らす効果が期待されているというわけなのです。

DHTについて詳しくは「AGAを引き起こす男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」とは~男性ホルモンに共通の役割とDHTの特徴からAGA治療薬がDHTを減らす作用の仕組みまで解説」をご参照ください。

毛根の炎症を抑えて脱毛を防ぐ可能性を示す研究論文もある

頭皮や毛根周囲の炎症は脱毛を促進します。特に円形脱毛症は、毛根周囲に炎症が起こることで脱毛すると考えられており、その治療には炎症を抑える薬が使用されています。
ノコギリヤシが炎症を抑える効果についてはいくつかの国で研究が行われ、報告されています。
米国の研究グループは、ノコギリヤシエキスにカルニチンやチオクト酸という成分を加えた複合剤に、炎症に関与する遺伝子の働きを抑える効果があると示しました。また、フランスの研究グループは、ノコギリヤシエキスが炎症細胞を活発にする物質の働きを抑えたと報告しています。
このようにいくつかの研究報告から、ノコギリヤシエキスには毛根を含む体内で炎症を抑える作用がある可能性が示されているのです。

実際にAGAを改善したという論文報告も

ノコギリヤシが実際にAGAを改善したという研究論文も、各国から複数報告されています。
タイの研究グループは、20~50歳の男性に24週間ノコギリヤシエキスを飲んでもらった結果、飲む前に比べて毛髪数が12週目、24週目それぞれで増加していたという結果を報告しています。
また、米国の研究グループは、AGAを発症している23~64歳の男性10人にノコギリヤシエキスを飲んでもらった結果、6人に改善の傾向が見られたと報告しています。

さらに、実際にAGA治療薬として使用されている「フィナステリド」と効果を比較した研究も行われています。
イタリアの研究グループは、AGAの男性100人をランダムに2つのグループに分け、一方には「ノコギリヤシエキス320mg」、もう一方には「フィナステリド1mg」を24カ月間毎日飲み続けてもらい、その効果を比較しました。結果として、ノコギリヤシを飲んだグループは38%、フィナステリドを飲んだグループは68%の人に発毛・育毛効果が見られ、フィナステリドの方が効果が高かったものの、ノコギリヤシにもAGAを改善する効果が認められました。またこのとき、フィナステリドは男性のAGAで症状が出やすい前頭部と頭頂部の2カ所で効果がありましたが、ノコギリヤシの効果は頭頂部のみで見られたとのことです。

フィナステリドについて詳しくは「【フィナステリド(プロペシア錠)の治療効果と副作用】AGA内服薬の基本情報からミノキシジル(リアップ)との併用、ジェネリック情報や輸入薬(フィンペシア・フィナロ)の使用についてまで幅広く解説」をご参照ください。

ここで紹介してきたノコギリヤシエキスの効果に関する研究論文は、対象人数の少なさなどにより、全てが統計学的に顕著で強い医学的根拠を示すとは言い切れないものの、それぞれ効果の傾向は見られており、したがって、ノコギリヤシは脱毛症に対する育毛サプリとして期待出来る可能性があると考えるのが妥当でしょう。

ノコギリヤシの育毛効果について詳しくは「【ノコギリヤシの育毛効果について】ノコギリヤシが育毛に効果がある理由~実際に含まれている育毛剤やサプリの紹介まで」をご参照ください。

参考



ノコギリヤシは前立腺肥大に効果があるか

ここがポイント!

  • 前立腺肥大症とは、前立腺が腫大することで、頻尿などの尿路症状が出現すること
  • ノコギリヤシは、前立腺肥大症に効果があるとは言い切れない

前立腺肥大とは

最初に「前立腺肥大症」についてお話しします。
前立腺は男性だけが持つ生殖器であり、膀胱のすぐ下に尿道を取り囲むように位置しています。精液の産生に関与し、射精や排尿を調整する機能があります。通常は栗の実程度の大きさですが、大きくなり尿道を圧迫して狭くすることがあり、これを「前立腺肥大症」と言います。
前立腺肥大症の発症には、いくつかの要因が関与していると言われていますが、最大の発症要因は加齢です。男性は年を重ねるごとに、前立腺肥大症の発症率が高くなり、症状は進行性と言われています。加齢以外にも、遺伝、食生活、肥満・高血圧・高脂血症などの生活習慣病等が発症に関与しているとされています。食事や嗜好品の関与としては、野菜,穀物,大豆などに多く含まれるイソフラボノイドやリグナンは,弱エストロゲン作用を有するため、前立腺肥大症発症の抑制因子と推測されています。一方、喫煙や飲酒の関与は明らかにはなっていません。また、血の繋がった家族に前立腺肥大症の既往があると、発症しやすくなりことがわかっており、遺伝的要因の関与が指摘されていますが、現状では原因遺伝子は特定されてはいません。

前立腺肥大症の病態ーDHTの関与

前立腺肥大症の病態は完全に解明されていませんが、AGAの原因物質でもある「ジヒドロテストステロン(DHT)」の関与が考えられています。そもそも、前立腺は胎生12週に発生しますが、その際 精巣からのテストステロンが前立腺内で5αリダクターゼによりDHTに変換され, これらの男性ホルモンにより前立腺は刺激され成熟していきます。そして、前立腺は 思春期以降に急速に増大して成人と同じ大きさに達します。前立腺が成熟する際に、「テストステロンが5αリダクターゼによりDHTに変換」されますが、これはAGAが発症する際に毛包(毛乳頭)で起きていることと同じです。前立腺肥大症とAGAは、同じDHTが発症に関与していることがわかっており、治療薬も全く同じものが使われています。治療薬については次の項で詳しく説明していきます。

ノコギリヤシは前立腺肥大症に効くのか

前立腺が腫大し尿道が圧迫され狭くなると、尿が出づらくなり排尿に時間がかかる、残尿感がある、夜間に何度もトイレに行く、しっかり膀胱に尿が貯められない、尿の勢いが弱くなるなどの症状が現れます。よって、前立腺肥大症の治療は、これらの排尿に関連する症状の改善が主な目的となります。排尿障害は、悪化すると尿意があっても出せなくなる「尿閉」という状態になる場合もあり、症状が強い場合は手術(前立腺切除術)が行われることがあります。前立腺肥大症の原因は完全に解明されていませんが、AGAの原因物質でもある「DHT」の関与が考えられており、体内のDHTの量を減らす作用のある「アボルブ」という薬が、前立腺肥大症の治療薬として国内で認可・使用されています。「アボルブ」は、デュタステリドという成分が配合されており、2 種類の 5αリダクターゼ(I型とII型)の両方を阻害し、DHTの産生をほぼ完全に抑制するとされています。「アボルブ」は、AGAの治療で用いられる「ザガーロ」と同じ薬剤です。AGAのために「サガーロ」を内服すると、前立腺肥大症がある方は、前立腺のサイズが縮小する可能性があります。ここで注意したい点は、「アボルブ」と「ザガーロ」は全く同じ薬剤ですが、前立腺肥大症の治療のために「アボルブ」を服用する時は、公的な医療保険の適用となりますが、AGAの治療のために「ザガーロ」を服用する時は、公的な医療保険が適用にならず、自費診療となります。

では、ノコギリヤシは前立腺肥大症の症状改善に効果を発揮するのでしょうか。日本泌尿器科学会が策定している前立腺肥大症診療ガイドラインでは、これまで国内外から報告された多くのノコギリヤシに対する研究報告から、その有効性について検証されています。その結果、前立腺肥大症に対するノコギリヤシの有効性は明確には評価されず、推奨グレードはC2(十分な科学的根拠がないので、推奨ができない)となっており、「有効性を支持する根拠は乏しい、または一貫しない。 安全性の保証も不確実で,患者負担も高い」と判断されています。また、多くの研究報告をまとめて統計学的に検討した海外からの報告でも、ノコギリヤシの前立腺肥大症に対する改善効果は否定され、さらに前立腺サイズの縮小効果も認められませんでした。しかし、症状が改善したとする報告もあり、人によっては効果が期待できる可能性があります。次の項目では、前立腺肥大症に伴う頻尿に、サプリとして期待される理由について説明していきます。

参考


脱毛症診断チェック

頻尿改善サプリとして期待される理由

ここがポイント!

  • 男性の頻尿の原因となる「前立腺肥大症」を予防・改善する効果があるという研究論文が複数ある
  • 前立腺肥大症の診療ガイドラインでは、ノコギリヤシの明確な効果は認められていない

ノコギリヤシは、AGAに対する効果が注目される以前から前立腺肥大の予防・改善に効果的であるとされ、頻尿改善サプリとして販売されてきました。しかし、日本泌尿器科学会が策定している前立腺肥大症診療ガイドラインや、海外での大規模な分析では、前立腺肥大症による症状への明確な効果は否定されました。しかし、ここで示すように男性の頻尿の原因となる「前立腺肥大症」を予防・改善する効果があるという研究論文が複数あることも事実です。よって、人によってはある程度の効果が期待できる可能性はあると考えます。ここでは、なぜノコギリヤシが頻尿改善のサプリとして使用されるのかについて詳しく見説明していきましょう。

前立腺肥大への予防効果を示す論文

ノコギリヤシエキスがDHTの生成を抑え、その結果前立腺肥大の予防に効果的であったと示す研究論文は、各国から複数報告されています。
例えば、イタリアで行われた研究では、前立腺肥大症の25人にノコギリヤシエキスを1日320mg、3カ月間飲んでもらったところ、体内のDHTが減少するという結果が得られました。同様の結果を示す論文が複数出ていることから、ノコギリヤシエキスは前立腺肥大症の予防に効果的であるとされています

前立腺肥大の治療効果および頻尿改善効果を示す論文報告も

ノコギリヤシは前立腺肥大の予防だけでなく、実際に改善効果があると示す論文も報告されています。
例えば、フランスで行われた研究では、前立腺肥大症の人110人にノコギリヤシエキスを1日320mgずつ30日間飲んでもらったところ、夜間頻尿の回数や残尿感など前立腺肥大症の症状が改善したという結果が得られています。

ガイドラインや大規模な分析では効果が否定されていますが、ここで示したように、有効性を評価している報告もあります。よって、人によってはある程度の効果が期待できる可能性があると考えます。

サプリメントは市販されており、誰でも簡単に摂取することが可能です。一方で、効果がしっかり確認されていない点や、医療用医薬品と異なり、その費用は全て自己負担になります。使用したいと思っているサプリメントについては、自分でしっかり調べてから購入するようにしましょう。


参考


ノコギリヤシ+亜鉛サプリは育毛効果の増強が期待出来るのか

ここがポイント!

  • 亜鉛は健康な髪の毛や頭皮環境を保つために必要な栄養素
  • 亜鉛サプリには髪の毛の成長をサポートする効果が期待されている
  • ノコギリヤシと亜鉛の併用による育毛効果の増強は、今のところ医学的に証明されていない

ノコギリヤシに加えて亜鉛が配合されているサプリも市販されており、一部の広告では「ノコギリヤシと亜鉛を一緒に取ることで育毛効果が増強する」とされていますが、これは医学的に証明されているのでしょうか。

亜鉛サプリに期待される効果

亜鉛は、健康な髪の毛や頭皮環境を保つために必要な栄養素です。
髪の毛は主に「ケラチン」などのタンパク質から構成されており、亜鉛はそうしたタンパク質を合成するときに働く酵素の成分であるため、亜鉛サプリには髪の毛の成長サポートが期待されています。
サプリメントであれば亜鉛を手軽に取ることが出来ますが、亜鉛は牡蠣や赤身の肉などの食材に豊富に含まれています。

本当に育毛効果が増強されるのか

ノコギリヤシと亜鉛の併用による効果を検証した医学論文は今のところ報告されておらず、したがって併用による増強効果については医学的根拠があるとは言えません。そのことを理解した上でノコギリヤシと亜鉛が一緒に配合されたサプリメントを利用するようにしましょう。

ノコギリヤシと亜鉛について詳しくは「ノコギリヤシと亜鉛サプリは併用で育毛効果が上がるのか|さらにビタミン、大豆イソフラボン、リジンを併用した場合の効果についても正しく解説」をご参照ください。

参考



脱毛症診断チェック

ノコギリヤシは女性にも効果があるのか

ここがポイント!

  • ノコギリヤシの効果を期待出来るのは男性には限らない
  • 男女混ぜて発毛効果を調べた研究論文はあるが、女性に限定した論文は今のところない
  • したがって、女性に対する効果があるかどうかは不明

ノコギリヤシは、男性ホルモンDHTを減らすことによる育毛効果や頻尿改善効果を期待するものであるとお話ししてきましたが、女性に対する効果は期待出来ないのでしょうか。

男性に限定せず、女性も含めてノコギリヤシの効果を調べた研究が、イタリアの研究グループにより論文報告されています。この研究では、18~48歳の男性34人と女性28人を3つのグループに分け、それぞれ次のように過ごしてもらい、経過観察をしました。
グループ1:ノコギリヤシエキスが入ったサプリを飲むグループ
グループ2:グループ1のサプリからノコギリヤシエキス成分のみを除いたものを飲むグループ(プラセボ)
グループ3:ノコギリヤシエキスが入ったシャンプーやローションを使用するグループ
その結果、グループ1では35%の人で髪の毛の本数や量の増加が見られ、グループ3では20%の人で髪の毛の増加が見られました。一方グループ2(プラセボ)では、特に変化が見られませんでした。このとき、髪の増量効果に加え、皮脂の減少効果も見られたそうです。
この論文では女性に限定した結果は示されていませんが、このようにノコギリヤシが女性も含めて効果的だったと示した論文もあることから、効果が期待出来るのは男性には限らないと考えても良いでしょう。

参考


ノコギリヤシに副作用はあるのか

ここがポイント!

  • ノコギリヤシには循環器症状や消化器症状などの副作用が報告されているが、関連性は明確でない
  • 血液をサラサラにする効果がある薬と併用すると、効果が増強する場合があるとされている
  • サプリの服用により気になる症状が出たらすぐに医療機関や薬局に相談しましょう

ここでは、ノコギリヤシには副作用があるのか、あるのであればどのような症状が挙げられるのかを見ていきます。

消費者庁がノコギリヤシに関して医学論文などを利用して行った調査や、厚生労働省による調査の結果、ノコギリヤシの作用との関連性は明確ではないものの、高血圧や心悸亢進(しんきこうしん、心臓の鼓動の増加による不快感)などの循環器症状、腹痛などの消化器症状、その他頭痛、鼻炎、疲労感、尿路感染、膀胱炎などが見られる場合があると挙げられています。またノコギリヤシは血液をサラサラにする作用のある抗血小板薬や抗血液凝固薬と併用した場合に、薬の効果の増強が見られたという症例報告が出ています。

ノコギリヤシは作用メカニズムなど、まだ不明な部分があるため、もしもノコギリヤシサプリなどを飲み始めてから体調不良を感じた場合には、すぐに内服を中止し医療機関や薬局に相談しましょう。

ノコギリヤシの副作用について詳しくは「【ノコギリヤシサプリの効果について】男性の育毛・頻尿対策サプリとして用いられる理由~女性への効果や副作用についてまで解説」をご参照ください。

参考


脱毛症診断チェック

わが国におけるサプリメントの位置付け

ここがポイント!

  • サプリメントとは、医薬品以外の食品の中で、国によって機能や栄養成分が認可されていないもの
  • サプリメントの中には病気や症状に対する効果を証明していないものもある
  • 病気に対する治療効果が医学的に証明されているものは「医薬品」のみ

サプリメントは健康補助食品

私たちが普段の生活で口から摂取するものは大きく「食品」と「医薬品」に分類されます。サプリメントは食品の中でも一般食品とは違い、「健康食品」に分類されます。さらにサプリメントは、健康食品の中でも「トクホ(特定保健用食品)」や「栄養機能食品」などのように、国によって健康補助機能が認められていたり、栄養成分の基準が設けられていたりするものとは区別されています。
つまり、サプリメントに記載されている成分や効果などは国などの公的機関によって認められているものではないのです。そのため、商品によってはサプリメントの効果が医学的に証明されていないものもあります。

治療効果が証明されているのは「医薬品」のみ

病気に対する治療効果が認められているのは「医薬品」に分類されるものです。そのため、脱毛症や前立腺肥大症の人がサプリメントを使用する場合は、病気に対する効果が医学的に証明されているわけではないことを理解した上で使用しましょう。治療効果を期待するのであれば、医薬品を使用することをお勧めします。

参考


まとめ

ノコギリヤシは、AGAによる薄毛や前立腺肥大症による頻尿の予防・改善につながるとして市販されているサプリメントの成分です。ノコギリヤシには、AGAや前立腺肥大症の原因とされている「DHT」の量を体内で減少させる効果があるとされており、実際にそれらの効果を示した論文報告も複数出ています。また、ノコギリヤシを一定期間飲んでAGAや前立腺肥大症が改善したという研究結果も複数報告されています。このような研究結果から国によってはノコギリヤシを配合したものを医薬品として認可しているところもありますが、日本では医薬品としては認可されておらず、サプリメントとして販売されています。一方、本邦のガイドラインや海外での大規模な分析では、前立腺肥大症に対する効果は否定されています。しかし、ここで示したように、有効性を評価している報告も多数あるため、人によってはある程度の効果が期待できる可能性があると考えます。
サプリメントは効果を医学的に証明する必要はない健康食品に分類されるため、効果を確実に期待出来るものではありません。そのことを理解した上で、ノコギリヤシサプリを使用しましょう。脱毛症や頻尿に対する治療効果を期待する場合には、サプリメントではなく「医薬品」を利用するようお勧めします。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ