頭頂部の薄毛はAGA(男性型脱毛症)かも|考えられる原因と改善策とは

頭頂部の薄毛はAGAの症状の一つであり、正面からは目立ちにくいですが、後ろから見た時に目立つ場合があります。さらにAGAは進行性であるため、治療をしないと徐々に進行していきます。
ここではなぜ頭頂部が薄毛になるのか、また頭頂部の薄毛に対する改善策をAGA治療、シャンプー、食べ物などに分けて、それぞれの発毛・育毛効果に医学的根拠があるのかを中心に解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 0120代で頭頂部が薄毛の人は脱毛症の可能性も
  2. 02頭頂部のみ薄毛になる場合もある
  3. 03閉経後の女性の場合は「FAGA」の可能性
  4. 04その他に考えられる頭頂部を中心とした薄毛の原因
  5. 05頭頂部の薄毛の改善策
  6. 06頭頂部の薄毛を目立たせないための対策
  7. 07まとめ

20代で頭頂部が薄毛の人は脱毛症の可能性も

ここがポイント!

  • 成人男性で頭頂部の薄毛が現れた場合、AGAを発症している可能性がある
  • AGAの特徴的な症状は「頭頂部の薄毛」と「額の生え際の後退」

成人男性が頭頂部の薄毛を気にし始めた場合、脱毛症を発症している可能性があります。ここでは頭頂部の薄毛と脱毛症の関連について解説していきます。

頭頂部の薄毛はAGAの特徴的な症状である

AGAは、思春期以降に発症する進行性の脱毛症です。男性ホルモンの一種である「DHT(ジヒドロテストステロン)」が毛包に作用することによって、髪の毛の成長期が短くなり、太く長い毛が細く短い毛に置き換わってしまい薄毛になります。
DHTは、ひげや胸毛に対しては毛を成長させる方向に働くのですが、頭頂部や前頭部では毛の成長を抑制する方向に働きます。そのため、AGAを発症した場合、「頭頂部の薄毛」と「額の生え際の後退」が特徴的な症状として現れます。
20代で頭頂部に薄毛症状が現れた場合には、AGAを発症している可能性が高いといえるでしょう。

AGA以外の脱毛の原因

20代で頭頂部に薄毛の症状がある場合には、脱毛症の可能性がありますが、脱毛症にも様々な種類があります。AGAは、「頭頂部の薄毛」が特徴的な症状の一つです。しかし、頭頂部の薄毛が生じる脱毛症は、AGAだけではありません。
円形脱毛症は、年齢や性別に関係なく発症する事が明らかになっており、20代の脱毛症の原因としても考えられます。頭頂部に円形脱毛症が生じた場合は、頭頂部の薄毛として症状が現れるでしょう。そして、円形脱毛症以外にも、休止期脱毛、内分泌の異常による脱毛、栄養障害による脱毛、皮膚炎など皮膚の病気による脱毛、薬剤・化学物質による脱毛など、様々な原因があり、いずれも頭頂部に脱毛が生じる可能性はあります。

このように脱毛の原因は複数あり原因によって治療方法は異なるので、自己判断をすることは危険です。まずは、脱毛の原因を特定する必要がありますので、病院の皮膚科や脱毛症専門外来などを受診し医師に相談してみましょう。

参考

脱毛症診断チェック

頭頂部のみ薄毛になる場合もある

ここがポイント!

  • AGAは頭頂部のみに薄毛が現れることもある

AGAの症状が出る部位は頭頂部と額の生え際ですが、両方に現れる場合や、頭頂部により強く症状が現れたり、逆に額の生え際により症状が強く現れる場合もあり、人によって症状の出現の仕方は様々です。しかし、思春期以降の男性で頭頂部に薄毛が出現した場合は、AGAの可能性が高いと考えられます。

参考


閉経後の女性の場合は「FAGA」の可能性

ここがポイント!

  • FAGA(女性男性型脱毛症)では頭頂部の薄毛が特徴的
  • FAGAは閉経後の女性に発症しやすい
  • びまん性脱毛症には定義はないが、広範囲で起こる脱毛を指すと考えられる

AGAは女性が発症する場合もあり、男性が発症するAGAと区別してFAGA(Female AGA:女性男性型脱毛症)と言われています。また、頭頂部を中心に広範囲に症状が見られるFAGAをびまん性脱毛症として記載されていることもあります。

びまん性脱毛症に特徴的な症状

びまん性脱毛症には明確な定義はありませんが、「びまん性」の意味が「広範囲に広がっている状態」であることから、広範囲に脱毛が起こっている状態を指す用語として使用されることが多いです。FAGAの症状である「頭頂部の広範囲の薄毛」を含め、「びまん性脱毛症」と記載されているものもあります。

FAGAであれば頭頂部のみ薄毛になる

額の生え際と頭頂部に症状が現れるAGAとは違い、FAGAでは頭頂部を中心に症状が出現します。また発症する年齢については、閉経後が多いと言われています。つまり、閉経後の女性で頭頂部を中心に薄毛が現れた場合は、FAGAを発症している可能性を考える必要があります

参考


脱毛症診断チェック

その他に考えられる頭頂部を中心とした薄毛の原因

ここがポイント!

  • 頭頂部を中心とした薄毛を引き起こす可能性のある病気は、AGAやFAGA以外にもあり得る
  • 脱毛症の種類によっては詳しい検査が必要な場合もあるので、医療機関に相談しましょう

AGAやFAGA以外にも頭頂部の薄毛を引き起こす可能性のある脱毛症には、次のようなものがあります。
  • 休止期脱毛(毛周期の中の休止期にあたる毛包の割合が増えてしまうことにより生じる脱毛)
  • 内分泌の異常による脱毛
  • 栄養障害による脱毛
  • 皮膚炎など皮膚の病気による脱毛
  • 薬剤・化学物質による脱毛など

脱毛症の種類によって原因や治療法が異なり、詳しい検査が必要な場合もあるので頭頂部の薄毛が気になり始めたら自分で判断せず、医療機関を受診するようにしましょう。

参考


後頭部は頭頂部に比べて、なぜ薄毛になりにくいのか

ここがポイント!

  • 2型5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部など限られた場所に存在しDHTを作る
  • そのためAGAの症状は「前頭部や頭頂部」に多く現れる

AGAを引き起こす原因物質は「DHT」という男性ホルモンです。「DHT」は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「2型5αリダクターゼ」という酵素の働きを受けて変換された物質で、髪の毛の成長期を短くすることで薄毛を引き起こします。
2型5αリダクターゼは、「前頭部や頭頂部」の髪の毛の毛乳頭細胞のほか、前立腺など、限られた場所に存在し、DHTを作っています。
DHTは、毛を作る細胞に作用し毛の成長因子に指令を出します。ひげや胸毛などの体毛では、毛の成長を促進する方へ働きかけますが、「前頭部」や「頭頂部」の髪の毛には、毛の成長を抑制する方に働きかけるため、毛が細く短くなり薄毛になってしまいます。後頭部は、この「DHT」の影響を受けないため、AGAを発症しても薄毛になりにくいとされているのです。ちなみに、自毛植毛術は、後頭部の髪の毛は薄毛になりにくいというメカニズムを利用して、後頭部の髪の毛を毛包ごと移植する治療法をいいます。

参考


脱毛症診断チェック

頭頂部の薄毛の改善策

ここがポイント!

  • AGAの場合、まずは「外用薬(ミノキシジル配合)」と「内服薬(フィナステリドやデュタステリド)」で治療する
  • FAGAの場合、内服薬は無効であり、「外用薬」と「自毛植毛」で治療する
  • 発毛・育毛効果が医学的に証明されたシャンプーはなく、美容目的に使用する
  • 発毛・育毛効果が医学的に証明された食べ物はないが、栄養バランスの良い食事は頭皮の健康のサポートとなる

ここでは、頭頂部の薄毛を改善させる治療方法などを解説します。

AGAの場合

AGAによる頭頂部の薄毛の場合、主に外用薬と内服薬が使われます。

外用薬

外用療法では、「ミノキシジル」という発毛作用が認められている成分を配合した薬を直接頭頂部の頭皮に付けます。日本で製造・販売が認可されているミノキシジル配合薬は大正製薬の「リアップシリーズ」のみです。一般用医薬品であるため薬剤師のいる薬局であれば、自分で購入できます。ガイドラインで推奨されている使用濃度は、男性では5%です。

内服薬

内服療法では、AGAの原因であるDHTの産生を抑制して髪の毛が細くなるのを防ぐ「フィナステリド(商品名:プロペシアなど)」「デュタステリド(商品名:ザガーロ)」が配合された薬を使用します。医療用医薬品であり、処方には医師の診察が必要です。

その他の治療

上記の治療で改善が乏しい場合は、自毛植毛術などが検討されます。自家植毛はDHTの作用を受けにくい後頭部から脱毛部に毛包ごと髪の毛を移植する治療法です。侵襲性(痛みを伴う)のある治療になり、費用もかかるため、かかりつけの主治医とよく相談しましょう。

AGAの治療法について詳しくは「【AGAの治療について】3つの治療方法・期間・薬の効果と副作用から保険適用まで網羅的に」をご参照ください。

FAGAやびまん性脱毛症の場合

FAGAの治療でガイドラインに記載のあるものは、外用薬(ミノキシジル)と自毛植毛です。これらの治療法の詳しい内容はAGAと同じですが、ミノキシジルの使用濃度の推奨は男性と異なり1%です。また、FAGAに対してはフィナステリドやザガーロなどのDHTの産生を抑制する内服薬は無効であることがわかっているため、使用は推奨されていません。
なお、びまん性脱毛症については原因が様々であるため、それぞれの原因により治療法が異なります。

改善出来るシャンプーはあるのか

発毛・育毛シャンプーとして販売されているものには発毛に効果的な成分を含んでると宣伝されているものもありますが、発毛・育毛効果が医学的に証明されているシャンプーはありません。実際に発毛・育毛シャンプーは「医薬部外品」や「化粧品」に分類され、効果が医学的に証明されている「医薬品」とは明確に区別されています。
「発毛・育毛シャンプー」を利用するのであれば、上記を理解したうえであくまでも頭皮や髪の毛の健康増進を目的として利用しましょう。

改善出来る食べ物はあるのか

直接的な発毛作用が医学的に証明されている食べ物はありません。しかし頭皮や髪の毛は私たちの体の一部であるため、食べ物に含まれる栄養素によって成長していきます。そのため健康的な頭皮や髪の毛を維持するためには、頭皮や髪の毛に十分な栄養が届くようにする必要があります。そのためには栄養素をバランスよく取り、その上でより頭皮や髪の毛の健康をサポートする働きのある栄養素を意識して摂取することが大切です。

発毛や育毛に関係している栄養素や食べ物について、詳しくは「【AGAの予防と対策】食事やシャンプーなどの日常生活で出来る対策から予防薬の情報までを解説」をご参照ください。

参考


頭頂部の薄毛に効果的な育毛剤とは

ここがポイント!

  • AGAの診療ガイドラインでは、外用薬として「ミノキシジル」の使用が推奨されている

頭頂部の薄毛はAGAの特徴的な症状であると紹介しました。
AGAの診療ガイドラインでは、外用薬として「ミノキシジル」の使用が推奨されています。ミノキシジルは、日本で発毛・育毛効果が医学的に証明されている唯一の育毛剤です。ミノキシジルを配合成分としている「リアップ」という育毛剤は市販されているため、医療機関を受診しなくとも購入し使用する事が出来ます。
しかし、薬の効果は個人差があるため、ミノキシジルを使用しても効果が現れない方もいます。また、医師による診断を受けていない場合、薄毛の原因がAGA以外の病気である可能性も考えられます。また、ミノキシジルを6ヶ月使用して効果が出ない場合は、AGA以外の脱毛症の可能性もありますので、医療機関を受診して、医師の診察を受けましょう。

参考

脱毛症診断チェック

プロペシアは頭頂部の薄毛を改善する効果があるのか

ここがポイント!

  • プロペシアはAGA治療用の内服薬で、発毛・育毛効果が医学的に証明されている
  • プロペシアは頭頂部の薄毛を改善する効果がある
  • しかし、薬の効果は個人差があるため、症状が改善しない場合もある

男性ホルモン(テストステロン)は髪の毛を作る細胞内に入ると「2型5αリダクターゼ」という酵素の働きで、「DHT(ジヒドロテストステロン)」というより強い男性ホルモンに変換されます。「DHT」は前頭部や頭頂部の髪の毛の成長期を短くするよう働くため、薄毛になると考えられています。プロペシアは、「男性ホルモンをDHTに変換する酵素の働きを抑え」原因物質を減らす作用があり、AGAを改善する効果が期待される薬です。

プロペシアの発毛・育毛効果は医学的に認められていますが、治療効果の評価には最低でも6ヶ月以上の継続した使用が必要であるとされています。頭頂部の薄毛の原因がAGAによるものであれば、プロペシアを服用することで改善する可能性はあります。しかし、薬の効果は全ての人に等しく現れるわけではありません。プロペシアの内服を続けても、症状が改善しない方もいます。6ヶ月内服を続けても効果が見られない場合は、このまま内服を続けるか、違う治療に変えるか検討する必要があるため、医師とよく相談をするようにしましょう。また、最近の研究では、年単位で服用を続けないと改善しないケースもあるようです。急いで結果を求めずに、地道に治療を継続することも大切なことでしょう。

参考


頭頂部の薄毛を目立たせないための対策

ここがポイント!

  • 全体の髪の毛を短く切って、薄毛の頭頂部とそれ以外の部分の差が目立たないようなヘアスタイルにする
  • 頭頂部だけの薄毛であれば部分かつらという選択肢もある

頭頂部の薄毛を目立たせない対策として「ヘアスタイル」と「かつら」についてお話ししていきます。

ヘアスタイル

頭頂部が薄毛になると頭頂部は髪の毛が少なくなりますが、それ以外の部分は髪の毛があるため、頭頂部の薄毛がより目立ってしまいます。頭頂部周囲の髪の毛で薄毛を隠そうとする人もいるとは思いますが、動きや風などでヘアスタイルが崩れてしまうとより気になりますよね。
薄毛の目立ちやヘアスタイルの崩れを気にしないために、頭頂部を含め全体の髪の毛を短く切り、頭頂部とそれ以外の部分の差が目立たないようにする方法もあります。

かつら

ヘアスタイルだけではカバーしきれないという場合は、「かつら」という選択肢があります。
薄毛が頭頂部だけなら、部分かつらもあります。かつらの取り付け方にはピン、両面テープ、編み込みなどがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。自分のライフスタイルに合ったものを選ぶと良いと考えます。

かつらについて詳しくは「【AGAや円形脱毛症でも使う医療用かつら(ウィッグ)とは】男性、女性、子ども用の違いや特徴、値段の相場と医療費控除や保険適用など」をご参照ください。

脱毛症診断チェック

まとめ

頭頂部の薄毛はAGAの症状の一つであるため、もし成人男性で頭頂部の薄毛が気になり始めたらAGAを発症している可能性があります。女性の場合も同様に、FAGAの症状は頭頂部の比較的広い範囲の薄毛であるため、頭頂部の薄毛が気になり始めた場合はFAGAを発症している可能性があります。医学的根拠のある頭頂部の薄毛の治療法としては外用薬、内服薬(FAGAに対しては使用しない)、自毛植毛があります。一方、発毛・育毛シャンプーや食べ物の発毛・育毛効果には医学的根拠はないためそのことを心得た上で、頭皮や髪の毛の健康サポートを目的として利用しましょう。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ