AGAによる生え際のM字後退について|AGA治療薬でM字は回復するのかを解説します

「M字ハゲ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。一般的に私たちの額の生え際は、額の中央が最も前に出ており、両方の眉毛の上部は少し後ろに下がっています。「M字ハゲ」は生え際の中でも両眉の上部が徐々に後退して行き、生え際が「M」の文字のようになった状態を指します。
「額の生え際の後退」はAGA(男性型脱毛症)特有の症状であり、このような症状が現れた場合はAGAを発症している可能性があります。また、AGAは進行性であるため、治療をしないと生え際の後退が進んでいきます。ここでは、M字に生え際の後退が見られた場合になぜAGAが疑われるのか、治療をする必要性、治療薬の効果などについて解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01生え際のM字後退はAGAの特徴
  2. 02M字後退は治療しないと進んでいく
  3. 03内服薬はM字に効果的か
  4. 04外用薬はM字に効果的か
  5. 05日常生活におけるM字対策
  6. 06まとめ
この記事のチェックポイント

生え際のM字後退はAGAの特徴

ここがポイント!

  • AGAの特徴的な症状に「額の生え際の後退」がある
  • 成人男性が「額の生え際がM字に後退してきた」と感じた場合、AGAを発症している可能性がある
  • 女性のAGAの特徴的な症状は「頭頂部の比較的広い範囲の薄毛」であり、生え際がM字に後退することは少ない

成人男性の額の生え際が「M」の文字のように後退してきた場合、「AGA(男性型脱毛症)」を発症している可能性があります。

3つのパターンのうちの2つはM字になる

男性のAGAの症状の出方には次のような3パターンがあります。
1)額の生え際が後退する
2)頭頂部の髪の毛が薄くなる
3)額の生え際が後退し、加えて頭頂部の髪の毛が薄くなる

1)と3)の額の生え際の後退は、生え際が徐々にM字に変化していく状態を指し、成人男性で額の生え際がM字に後退してきた場合は、AGAを強く疑います。

生え際がM字に後退してきた実際の写真はこちらです。
前頭部生え際の後退:写真

女性のAGAではM字にならない

AGAは「男性型脱毛症」の略語ですが、女性でもAGAを発症します。女性のAGAの症状は「頭頂部の比較的広い範囲の髪の毛が薄くなる」という特徴があり、男性特有の「生え際のM字後退」や「頭頂部の薄毛」などという症状は現れません。
そのため、女性のAGAでは生え際がM字に後退するという症状は少ないと言えます。

女性のAGA症状について詳しくは「【AGAの症状について】初期症状や特徴的な症状を正しく知って対策を立てよう~かゆみや髪質の変化は本当に起こるのか?セルフチェック付き」をご参照ください。

参考


脱毛症診断チェック

M字後退は治療しないと進んでいく

ここがポイント!

  • AGAは進行性であるため、治療をしないと症状が進行していく
  • 治療を希望する場合は早期に治療を開始することが重要である

生え際のM字後退に気づいた場合は、 AGAが強く疑われるため出来るだけ早めに治療を開始することをお勧めします。AGAは進行性の脱毛症であるため、治療を行わないと症状は進行してしまいます。

ある研究グループがAGAを発症した男性を対象に、AGAを治療をしたグループと治療しなかったグループの毛髪数の変化を5年間かけて比較しました。その結果、治療をしなかったグループは症状が進行したという結果が出ています。この研究では、毛髪数の評価は頭頂部の毛で行われましたが、額の生え際で起こるM字後退もAGAの症状の1つであるため、同じように治療をしないと進行していくと考えられます。

AGAの早期治療の重要性について詳しくは「【AGAの症状と対策】初期症状や特徴的な症状を正しく知って対策を立てよう~かゆみや髪質の変化は本当に起こるのか?セルフチェック付き」をご参照ください。

参考


内服薬はM字に効果的か

ここがポイント!

  • AGA治療の内服薬にはフィナステリド(プロペシアなど)とデュタステリド(ザガーロ)がある
  • 両者とも、研究では頭頂部を評価対象にしていたため、額の生え際に対する効果は不明
  • しかし、飲み薬であり生え際・頭頂部の区別なく作用することから生え際にも同様の効果が期待できる
  • ノコギリヤシサプリなど発毛・育毛を目的としたサプリは、効果が医学的に証明されていないと理解して使用する

AGAの治療に使用される薬には主に内服薬(飲み薬)と外用薬(塗り薬)があります。それぞれが額の生え際のM字後退に効果的であるのかを解説していきます。

フィナステリド(プロペシアなど)

「フィナステリド」はAGAの原因物質である「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作る酵素「2型5α-リダクターゼ」の働きを抑え、その結果DHTを減少させて、AGAを改善する効果が期待される薬剤です。
フィナステリドの発毛・育毛効果に関する研究では頭頂部のみで評価が行われているため、生え際のM字部分における効果は示されていません。しかし、フィナステリドは内服薬であり生え際、頭頂部の区別なく作用することから、頭頂部と同様の効果が期待できます。

フィナステリドが配合された医薬品には、MSD株式会社が製造販売している「プロペシア錠」やそのジェネリック医薬品などがあります。

フィナステリドについて詳しくは「【フィナステリド(プロペシア錠)の治療効果と副作用】AGA内服薬の基本情報からミノキシジル(リアップ)との併用、ジェネリック情報や輸入薬(フィンペシア・フィナロ)の使用についてまで幅広く解説」をご参照ください。

デュタステリド(ザガーロ)

「デュタステリド」は基本的にフィナステリドと同じ働きを持っており、「2型5α-リダクターゼ」に対して作用します。また、AGAの改善効果は今のところ不明ですが「1型5α-リダクターゼ」に対しても作用することが分かっています。デュタステリドを配合した薬を開発したGSK(グラクソ・スミスクライン)株式会社の研究開発チームが中心となって行ったフィナステリドとデュタステリドの効果を比較した研究では、デュタステリドを飲んだ方が頭頂部の発毛・育毛効果が高かったという結果報告がなされています。

フィナステリドと同じように、デュタステリドの生え際のM字後退に対する有効性については示されていません。しかし、内服薬であり生え際、頭頂部の区別なく作用することから、M字後退に対しても頭頂部と同様の効果が期待できます。

デュタステリドが配合された医薬品にはGSK社製造・販売している「ザガーロ」があります。

「デュタステリド」について詳しくは「AGA新薬「ザガーロ」(デュタステリド)を徹底解説|正しい飲み方、効果、副作用、価格など~プロペシア(フィナステリド)との比較表付き」をご参照下さい。

その他のサプリメント(ノコギリヤシなど)

AGAを予防・改善するために発毛・育毛を目的としたサプリメントを使用している人もいるのではないでしょうか。
発毛・育毛を目的としたサプリメントの一つにノコギリヤシサプリがあります。ノコギリヤシの果実から抽出されたエキスを一定期間飲んだ結果、AGAの症状に改善が見られたという論文報告があります。しかし、報告数が少なく明確な医学的根拠が乏しいのが現状です。
他にも亜鉛などの成分を含んだサプリメントも発毛・育毛を目的として販売されていますが、同様にAGAに対する医学的な根拠は乏しいです。

AGAの治療薬について詳しくは「AGA治療薬の効果と副作用|主な3種類の薬~ジェネリック薬情報や値段・通販・輸入薬などについて解説」をご参照ください。
育毛を目的として使用されるノコギリヤシのサプリメントについて詳しくは「【ノコギリヤシサプリの効果について】男性の育毛・頻尿対策サプリとして用いられる理由~女性への効果や副作用についてまで解説」をご参照ください。

参考



医師に脱毛症の相談をしませんか?脱毛症のお悩みを募集しています

外用薬はM字に効果的か

ここがポイント!

  • 外用薬(ミノキシジル)は髪の成長因子の産生促進、周辺組織の血流改善などの作用があり、AGA改善が期待できる
  • これまでの研究では頭頂部を評価対象にしているため、生え際に対する効果は不明だが、最近の研究報告で生え際にも同様の効果があることが示された
  • リアップ以外の育毛剤の効果については、明確な医学的根拠はない


AGA治療で使われる外用薬は、額の生え際のM字後退に効果的であるのか見ていきましょう。

ミノキシジル(リアップ)

フィナステリドやデュタステリドと同様に、AGAへの効果が認められている成分の1つに「ミノキシジル」があります。ミノキシジルは次に示す3つの作用を持っていることから発毛・育毛効果が期待されています。
1)髪の毛の成長因子の産生を促進する
2)髪の毛の周辺組織の血流を改善する
3)髪の毛の基となる細胞の減少を抑制する

現在、日本で唯一製造・販売が国によって認可されているミノキシジル配合薬は大正製薬株式会社から出されている「リアップシリーズ」です。

ミノキシジル配合外用薬の効果に関する研究は、頭頂部での発毛効果を評価したものが多く、生え際のM字部分の効果についての評価は乏しかったですが、最近の報告では、前頭部(生え際)でも頭頂部でも同様の効果があったと示しており、ミノキシジル配合薬は生え際でも頭頂部と同様の効果が得られると考えます。

ミノキシジルについて詳しくは「【ミノキシジル(リアップ)の効果と副作用】AGA外用薬の基本からフィナステリド(プロペシア)との併用、ロゲインやタブレットの使用まで」をご参照ください。

その他の育毛剤

リアップシリーズ以外にも発毛・育毛効果をうたった、さまざまな育毛剤が販売されています。しかし、リアップシリーズ以外の育毛剤については、明確な医学的根拠は乏しいのが現状です。

参考


日常生活におけるM字対策

ここがポイント!

  • 規則正しい生活は頭皮や髪の毛の健康を保持して、髪の毛の成長に間接的な効果が期待される
  • シャンプーは洗い方のポイントをおさえて正しい方法で行えば、間接的に発毛・育毛効果になる

額の生え際のM字後退を引き起こすAGAの治療法として、医学的な根拠をもって推奨されるのは上記で示した内服薬と外用薬です。一方、AGAに対する効果は間接的で明確な医学的根拠はありませんが、日常生活で行えるM字後退への対策法について紹介していきます

規則正しい生活

睡眠不足や過度なストレスなどによって不規則な生活が続くと、体調を崩しやすくなるように、日々の生活は身体の一部である頭皮や髪の毛の健康にも影響する可能性があります。そのため規則正し生活を送ることは体調だけでなく、頭皮や髪の毛の健康にも重要と考えます。
規則正しい生活を送るためには具体的にどのような方法があるのか、睡眠・食事・運動の3つに分けてご紹介していきます。

AGA予防・対策のための生活習慣について詳しくは「【AGAの予防と対策】食事やシャンプーなどの日常生活で出来る対策から予防薬の情報までを解説」をご参照ください。

正しい洗髪方法

洗髪は直接頭皮や髪の毛に触れるため、やり方次第では間接的に発毛・育毛効果が得られたり、逆に脱毛を促進する可能性もあります。
ここでは洗髪をする際に、気を付けるべきポイントを5つご紹介します。
<洗い方のポイント>
1)シャンプーの前にはブラッシングをする
2)髪の毛から地肌までしっかりと濡らす
3)シャンプーは手のひらで泡立ててから使用する
4)爪を立てずに、指の腹でマッサージをするように洗う
5)洗い残しがないように、しっかりと洗い流す
髪と頭皮に優しいシャンプーの手順

AGAの予防・改善につながるシャンプーの方法について詳しくは「【AGAの予防・改善につながるシャンプーの方法とは】おすすめの洗い方からシャンプー選びのポイントまで~今日から試してみよう」をご参照ください。

脱毛症診断チェック

まとめ

額の生え際がM字に後退してきた場合、どのような対策があるのか、また対策をとる必要性について理解できたでしょうか。成人男性の生え際のM字後退は、AGAの症状の一つである可能性が高いです。AGAの症状の進行を防ぐには、早期に医学的根拠のある治療を開始することが必要です。さらに、直接的な発毛・育毛効果はありませんが、日常生活の中で出来る対策もあります。医師や薬剤師と相談しながら治療法を検討し、日常生活において自分自身でも無理のない範囲で工夫することが大切と考えます。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ