抜け毛の平均本数とは|男性と女性による違いなどを解説

私たちの髪の毛は「毛周期」というサイクルを繰り返して、古い髪の毛が抜け新しい髪の毛に生え変わっています。新しい髪の毛が生えてくるためには、古い髪の毛が抜ける必要があります。よって、抜け毛があるのは正常な生理現象です。シャンプー中に抜ける毛や、朝起きた時に枕についている抜け毛がいつもより多く感じられる場合があるでしょうか。では、正常な1日の抜け毛の本数は何本くらいなのでしょうか。
ここでは、1日の抜け毛の平均本数について詳しく説明していくとともに、抜け毛がいつもより多く感じられた場合の対処法についても解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01正常な抜け毛の仕組み〜毛周期
  2. 021日の平均抜け毛本数
  3. 03シャンプー時の抜け毛の本数
  4. 04起きたら枕に付いている抜け毛
  5. 05平均より多いなと思ったら
  6. 06まとめ

正常な抜け毛の仕組み〜毛周期

ここがポイント!

  • 髪の毛は「毛周期」というサイクルを繰り返して生え変わっている
  • 毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」がある

髪の毛は「毛周期」というサイクルを繰り返して、毎日生え変わっています。
毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」があります。髪の毛の成長期は約2~6年間あり、成長期の髪の毛が全体の約85%を占めています。髪の毛が十分に成長すると、退行期に移り約2週間かけて退化し、数カ月その状態のままとどまります(休止期)。同じ毛穴で新しい髪の毛が作られると、古い休止期の髪の毛は自然に抜け落ちる仕組みになっています。

毛周期 期間 内容
成長期 約2~6年 新たな毛を作る器官である「毛包」が成長し、毛が太く長く成長していく
退行期 約2週間 毛の成長が停止する
休止期 約3~4か月 毛は抜け落ちる

参考


脱毛症診断チェック

1日の平均抜け毛本数

髪の毛は1日に100本程度抜けるとされています。しかし、ほぼ同じ本数の髪の毛が再生するため髪の毛の量は一定に保たれています。また、抜け毛の量は個人差があり、髪の毛が長いと抜け毛の量を多く感じる場合もあります。そのため、1日の抜け毛の本数よりも、以前に比べて抜け毛の量が増えていないか、髪の毛自体が細くなっていないかなどの髪質の変化を日々観察することが大切です

参考


シャンプー時の抜け毛の本数

シャンプーをしていると髪の毛が指に絡まり、いつもより抜け毛が多いと感じる方もいるのではないでしょうか。シャンプー時には、髪の毛や頭皮に刺激が加わり抜け毛が生じやすくなります。シャンプー時の抜け毛の本数には個人差があり、洗髪頻度によっても異なります。シャンプー中に抜け毛が多いと感じても、いつもの量と比べて明らかに増えていなければ、過度な心配は不要でしょう。
また、ノンシリコンのシャンプーはシリコン入りのシャンプーに比べて泡立ちにくい傾向があり、髪の毛が絡まりやすいため、抜け毛の原因となる場合があります

参考


脱毛症診断チェック

起きたら枕に付いている抜け毛

就寝中は枕や布団と髪の毛が接しており、寝返りなどの際に擦れるため髪の毛が抜けます。しかしシャンプー時と同様に、枕についている抜け毛が多いと感じても、いつもと比べて急激な増加がなければ、大きな心配はないでしょう。

髪の毛が長い人は、抜け毛がより多く感じられるかもしれません。しかし、普段と比べて急激な抜け毛の増加がなければ、心配ないでしょう。あまり神経質になりすぎないことも大切です。

参考

平均より多いなと思ったら

抜け毛の量がこれまで示した平均本数よりも多い、または以前に比べて抜け毛の本数が増えてきたたという方は一度医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。脱毛症の原因は、1つではありません。脱毛の治療はまず医療機関を受診し、原因を特定することが重要です。脱毛症の診断や治療は、病院の皮膚科、脱毛症専門外来などで受ける事が出来ます。

抜け毛が多い場合の原因と対策について詳しくは「「抜け毛が多い」と感じたら…|性別(男性・女性)や年代別(子ども・高校生・大人)に考えられる原因と対策~多い時期や季節などについても解説」をご参照下さい。

脱毛症診断チェック

抜け毛の本数は男性と女性で異なるのか

ここがポイント!

  • 抜け毛の本数に男女の違いはない

日本皮膚科学会が策定しているAGA診療ガイドラインには、男女の抜け毛の本数の違いに関した記載はなく、医学的根拠は明らかになっていません。
抜け毛の本数は、性別に関係なく個人差があるものです。先ほども解説したように、「髪の毛は1日に100本程度は抜ける」とされていています。また、100本程度と行っても1日の平均なので、シャンプー時に抜け毛が多かったとしてもそれだけでは抜け毛が多いのか判断する事は出来ません。抜け毛の本数ばかりを過剰に気にすることは、逆にストレスとなり良いこととは言えません。
抜け毛の本数は個人差があるので、本数よりも急に抜け毛が増えていないか、抜けた毛の髪質に変化はないか(細く短くなっていないか)などを日々観察し、注意していくと良いでしょう。
AGA(男性型脱毛症)は、進行性の脱毛症なので、早めの対策をとらなければ、症状がさらに悪化する可能性があります。抜け毛に変化があった場合には、原因を特定するためにも、病院の皮膚科や脱毛症専門外来を受診し、医師の診察を受けましょう。
抜け毛の本数も気になるところですが、抜けている毛の「毛根部分のチェック」も大切なことなので、次の章で確認していきましょう。

参考

こんな抜け毛を見つけたら要注意

ここがポイント!

  • 細く短い毛の抜け毛が多くなってきた
  • 毛根が細い場合は、炎症などの異常サインの可能性

脱毛症は、髪の毛が抜けるだけが症状ではありません。脱毛症の原因によっては、髪の毛や毛根に変化が生じている場合もあります。抜け毛は本数だけではなく、髪質の変化にも注意を向ける事が重要です。ここでは、主な脱毛の原因である「AGA」と「円形脱毛症」についてみていきましょう。

抜けた毛が細く短い場合にはAGAの可能性

髪の毛は、毛周期という、「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルによって生え変わりを繰り返しています。AGA(男性型脱毛症)は、「DHT」という男性ホルモンが新たな毛を作る器官である「毛包」に作用することで。髪の毛の成長期が短くなり、髪の毛が長く太く成長する事が出来ないため、薄毛になります。髪の毛の成長期は、通常2〜6年程度ですが、AGAを発症した場合1年未満になってしまうとの報告もあります。

抜け毛を確認して、今までとは違う細く短い毛が増えたと感じたら、AGAが原因の脱毛の可能性があるので注意が必要です。抜け毛の本数だけではなく、抜け毛の髪質にも注意を向けてみてはいかがでしょうか。

円形脱毛症でも毛根が細くなる

円形脱毛症の原因は、まだ完全には解明されていないませんが、免疫細胞が毛根(毛包)の細胞を誤って異物として認識し攻撃する「自己免疫応答」により起こるとされています。攻撃の際に、免疫細胞から放出されたさまざまな炎症性の物質の影響により、毛根の周囲で「炎症」が起きます。この炎症によって毛根が損傷し、髪の毛が抜けるのですが、破壊された毛根は丸みを帯びておらず、根元が細くなる特徴があります。

正常な状態の毛根は、毛の根元が少し膨らんだ抜け毛になるので、抜け毛の根元の状態(毛根)を観察することで、異常な抜け毛を見つける手がかりになります。
しかし、髪の毛を抜いて毛根の部分を肉眼で見ても、小さすぎるため、正常なのか異常なのかを判断するのは難しいことがあります。正確に見るためには、虫眼鏡や皮膚科医がほくろの診察などで使用する拡大鏡(ダーモスコピー)が必要です。
そのため、円形脱毛症の場合、肉眼では毛根部分の損傷が見抜けない可能性が高いです。抜け毛が少しでも気になる場合は、一度病院の皮膚科や脱毛専門のクリニックを受診し、医師に相談してみると良いかもしれません。

参考

脱毛症診断チェック

まとめ

髪の毛は毛周期というサイクルを繰り返して生え変わっています。そのため、髪の毛は平均1日に100本程度抜けるとされています。シャンプー中に指に絡まる抜け毛や、寝起きに枕についた抜け毛を見ると、たくさん髪の毛が抜けてしまっていると不安に感じる場合もあるかもしれませんが、1日100本程度であれば問題ありません。しかし、抜け毛の量も個人差があり、必ずしも1日100本程度とは限りません。抜け毛の本数を心配しすぎるより、日々の抜け毛の量や髪質を観察することが重要と考えます。
抜け毛が増えたり、髪質が変わったと感じる場合、何らかの脱毛症を発症している可能性があります。抜け毛の原因を特定するためにも、病院の皮膚科や脱毛症専門外来を受診することをおすすめします。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ