AGAに効果的な発毛方法とは|生え際や頭頂部に対する具体的な方法を解説

AGAは30代男性の約3人に1人が発症すると言われており、さらに女性も発症するので、薄毛で悩んでいる人は少なくありません。薄くなってしまった髪の毛を、再度発毛させる方法はあるのでしょうか。口コミサイトや掲示板では、「発毛・育毛効果」を宣伝しさまざまな商品や方法が紹介されています。しかし、それらの中には発毛・育毛効果が医学的に証明されていないものも含まれています。ここでは、AGAの人に対する発毛方法を、AGAの発症メカニズムなどを基にして説明していきます。また、AGAの発毛方法として効果が期待できるもの、実践する時の注意点や、発毛に効果的なシャンプー方法も合わせて紹介していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01AGAの発毛方法
  2. 02発毛に最も有効な方法は「AGA治療薬」
  3. 03女性のAGA治療薬による発毛効果の注意点
  4. 04生え際と頭頂部で薬の効果に違いはあるのか
  5. 05シャンプーで頭皮環境を整えよう
  6. 06まとめ

AGAの発毛方法

ここがポイント!

  • AGA治療用の内服薬は、発症の原因である「DHT」の産生を抑制することで発毛を促す
  • 健康的で太い髪の毛を発毛させるためには頭皮環境を整えることも重要
  • 頭皮環境を整えるために、「食事」「睡眠」「運動」を中心に規則正しい生活を送ろう

AGA(男性型脱毛症)の症状を改善させるための発毛方法には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

男性ホルモンDHTの産生を抑える

AGAの発症には、男性ホルモンの一種である「DHT(ジヒドロテストステロン)」と「遺伝的要因」が関与していることが明らかになっています。男性ホルモンである「テストステロン」は、ある酵素によってDHTに変換されます。DHTは前頭部や頭頂部に対して、髪の毛の成長を抑制するように作用しAGAが発症します。つまり、AGAの症状を改善させるためには、原因物質であるDHTの産生を抑える必要があります。DHT産生を抑える具体的な方法については、次の章で詳しく説明します。

頭皮環境を整える

AGAの発症に明確に関与しているものとしては、先ほど示したDHT以外に「遺伝的な要因」が挙げられています。逆にいえば、それ以外の要因については、AGA発症への関与ははっきりわかっていません。しかし、頭皮環境を整えることは、健康な髪の毛の成長をサポートすることにつながります。頭皮に傷があったり炎症が起こっていたりすると、健康的な髪の毛は生えづらいからです。そのため、頭皮環境を整えることは発毛にとって重要であると言えます。

頭皮環境を整える具体的な方法には、主に「食事」「運動」「睡眠」を意識して規則正しく生活リズムを整える必要があります。
食事、運動、睡眠のより詳しい内容については、「【AGAの予防と対策】食事やシャンプーなどの日常生活で出来る対策から予防薬の情報までを解説」をご参照ください。

参考

脱毛症診断チェック

発毛に最も有効な方法は「AGA治療薬」

ここがポイント!

  • 発毛への有効性が明確に証明されている成分は「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」
  • ミノキシジルは発毛を促進させる主に3つの作用を持ち、外用薬として使用され
  • フィナステリド、デュタステリドはDHTの産生を抑制する作用があり、内服薬として使用される

現在発毛効果が医学的に証明されている成分は、「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」の3種類です。ミノキシジルは主に外用薬、フィナステリドとデュタステリドは主に内服薬として使用されています。ここでは、外用薬、内服薬それぞれについて、有効成分がどのように作用するのか、実際にどのような薬があるのかを紹介していきます。

外用薬

医学的に発毛効果が証明されている外用薬には「ミノキシジル」という有効成分が配合されています。ミノキシジルには次のような3つの作用があり、米国や日本の東京医科大学の研究グループによって、ミノキシジルの発毛効果を示した論文報告がなされています。

<ミノキシジルの3つの作用>
・髪の毛の成長因子の産生を促進する
・髪の毛の周辺組織の血流を改善する
・髪の毛の基となる細胞の減少を抑制する

日本で製造・販売が認められているミノキシジル配合薬は、大正製薬から販売されている「リアップシリーズ」のみです。一般用医薬品に分類されているため、医師の診察・処方がなくても薬剤師を介してドラッグストアやインターネットなどで購入可能です。

ミノキシジルについて詳しくは「【ミノキシジル(リアップ)の効果と副作用】AGA外用薬の基本からフィナステリド(プロペシア)との併用、ロゲインやタブレットの使用まで」をご参照ください。

内服薬

AGAを発症している人が発毛効果を期待するのであれば、原因物質であるDHTの産生を抑える薬を使用する必要があります。現在、日本で認可されている内服薬は「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類です。両者ともテストステロンをDHTに変換する酵素を阻害することで、DHT産生を抑制し、抜け毛を防ぐ効果があります。

フィナステリドが配合された薬は、MSD社から発売され先発品の「プロペシア」がありますが、2015年からはファイザー社を筆頭に後発品が次々と発売されています。デュタステリドが配合された薬には、グラクソ・スミスクライン(GSK)株式会社の「ザガーロ」のみであり、デュタステリドにはまだ後発品はありません。これらの薬は医療用医薬品であるため、医療機関で医師の診察を受けた上で処方してもらう必要があります。

フィナステリドについて詳しくは「【フィナステリド(プロペシア錠)の治療効果と副作用】AGA内服薬の基本情報からミノキシジル(リアップ)との併用、ジェネリック情報や輸入薬(フィンペシア・フィナロ)の使用についてまで幅広く解説」をご参照ください。
デュタステリドについて詳しくは「AGA新薬「ザガーロ」(デュタステリド)を徹底解説|正しい飲み方、効果、副作用、価格など~プロペシア(フィナステリド)との比較表付き」をご参照ください。

参考

女性のAGA治療薬による発毛効果の注意点

ここがポイント!

  • FAGAはAGAと同じ発症機序ではないため、プロペシアなどの内服薬は効果がない
-女性のAGA治療薬で発毛効果が認められているものは、外用薬の「ミノキシジル」のみ

女性でもAGAになることがあり、男性と区別してFAGA(女性男性型脱毛症)と言われています。男性のAGAは「DHT」という男性ホルモンが原因である事が明らかになっていますが、女性のFAGAは、原因が完全に解明されていません。また、DHTの産生を抑制する作用のある内服薬(フィナステリド)は、女性に対しては無効であったという論文報告があり、ガイドラインでは女性への服用は推奨されていません。FAGAを発症した女性の治療薬で発毛効果が認められているものは外用薬の「ミノキシジル」のみですので、注意するようにしましょう。

参考


医師に脱毛症の相談をしませんか?脱毛症のお悩みを募集しています

生え際と頭頂部で薬の効果に違いはあるのか

ここがポイント!

  • AGA治療薬(ミノキシジル)は、生え際と頭頂部で治療効果が異なるとする考えもあるが、同じ効果が得られるとする考えもある

AGAでは頭全体の髪の毛が薄くなるのではなく、主に額の生え際と頭頂部の髪の毛が薄くなっていきます。AGA治療薬、特に外用薬(ミノキシジル)が生え際と頭頂部に対して同じ効果があるかについてはいくつかの考え方があります。
ミノキシジルの発毛効果については、複数の研究報告がありますが、全ての研究において「頭頂部」で薬の効果が評価されており、生え際での効果は検証されていません。生え際と頭頂部では頭皮や血流の状態が異なるため、外用薬の効果も異なる可能性が考えられます。一方、頭頂部と生え際の外用効果は同等と考える論文報告もあります。このような背景を考慮しても、あえて頭頂部と生え際で外用薬を分ける根拠や必要性は乏しく、ガイドラインにも記載はありません。よってここでは、外用薬については同等の効果があると考え、同様に外用を続けることを推奨します。内服薬に配合されているフィナステリド・デュタステリドの効果は、頭頂部と生え際で同等と言えます。

参考


シャンプーで頭皮環境を整えよう

ここがポイント!

  • シャンプーは頭皮環境を整えるために重要であるが、間違った方法は頭皮環境の悪化を招くことがある
  • シャンプーを正しい方法で行い、洗った後にはしっかりと乾かすことで健康的な頭皮環境につながる
  • シャンプーの発毛効果は医学的根拠がなく、あくまでも頭皮や髪の毛の健康サポートが目的である

正しいシャンプー方法

シャンプーを行うことで、頭皮や髪の毛に付いている汚れを除去し頭皮環境を整えることができます。しかし、頭皮や髪の毛に直接触るため、間違った方法で行うと頭皮や髪の毛を傷つけてしまう可能性があります。頭皮や髪の毛を傷つけずに汚れを除去するシャンプーの方法を見ていきましょう。

<シャンプーをする際のポイント>
1)シャンプーの前にはブラッシングを行う
2)熱すぎないお湯で、地肌までしっかりと濡らす
3)シャンプーは手のひらで泡立ててから使用する
4)爪を立てず、指の腹でマッサージするように洗う
5)洗い残しがないようにしっかりと洗い流す
髪と頭皮に優しいシャンプーの手順


上記のポイントに注意しながら、シャンプーを行うようにしましょう。また、髪の毛を痛めないようにシャンプー後には必ずタオルドライを行い、その後頭皮から20センチメートル程度離してドライヤーを使用して髪の毛をしっかりと乾かしましょう。

正しいシャンプー法について詳しくは「【AGAの予防・改善につながるシャンプーの方法とは】おすすめの洗い方からシャンプー選びのポイントまで~今日から試してみよう」をご参照ください。

発毛シャンプーの効果について

ドラッグストアなどでは、さまざまな種類の「発毛シャンプー」が販売されています。発毛シャンプーのコマーシャルでは、シャンプーを使うことで髪の毛が太くなったり、生えてきたりするかのように宣伝しているものもありますが、現状ではシャンプーの発毛効果には明確な医学的根拠は乏しいと考えます。シャンプーはあくまでも頭皮や髪の毛の健康維持が目的であるということを理解した上で使用するようにしましょう。

脱毛症診断チェック

マッサージによる発毛方法

ここがポイント!

  • 頭皮マッサージによる発毛・育毛効果は医学的に証明されていない
  • マッサージによって頭皮の血流を改善する効果は期待出来る
  • しかし、過度な頭皮マッサージは、頭皮にダメージを与える場合があり注意が必要

頭皮マッサージを行う事で「発毛・育毛効果」が得られるかどうかの医学的な証明はされていません。ですが、髪の毛は頭皮の毛細血管を通して、成長に必要な栄養素や酸素を取り入れているため、血行不良になると髪の毛に十分な酸素や栄養が届けられず、髪の毛の成長や健康に影響を与える可能性があると考えられます。
頭皮マッサージを行う事で、頭皮の毛細血管の血流を改善し、髪の毛の成長をサポートする事は出来ます。ここでは、頭皮マッサージの一例をご紹介していきます。

<頭皮マッサージの手順>
① 人差し指と中指をもみ上げに当てる
②生え際に沿って、人差し指と中指で圧迫しながら皮膚を上に引き上げる
③生え際の中央まで達したら今度は中央から頭頂部に向かって円を描くように圧迫する
④こめかみあたりから頭頂部、後頭部の順で手ぐしを通すように圧迫しながら頭皮を引き上げる
⑤両手の指先で頭全体をはじいていく

過度な頭皮マッサージは、かえって頭皮にダメージを与えてしまう場合があります。
お風呂あがりなどに、1日1回程度を目安に行いましょう。頭皮への適度な刺激を与えることで、気分をリフレッシュする効果も期待出来ます。自分が気持ちいいと感じる強さで行うと良いでしょう。

参考

まとめ

AGAを発症した人の発毛方法には、主に内服薬で「DHTの産生を抑える方法」と、外用薬とシャンプーや生活習慣で「頭皮環境を整える」という2つの方法があります。医学的に証明されているAGA治療薬には、ミノキシジル配合の外用薬とフィナステリドとデュタステリド配合の内服薬があり、これらの薬はガイドラインでも使用が推奨されています。
頭皮環境を整えることは、健康な髪の毛を維持することにつながるため発毛においてはとても重要です。栄養バランスのとれた食事・適度な運動・良質な睡眠を基本として、自分ができる範囲で規則正しい生活を送るように意識していきましょう。また、シャンプーは正しい方法で行うことで頭皮や髪の毛の汚れを取り、健康な頭皮環境につながりますが、間違った方法で行うと、炎症を起こすなどして逆に頭皮に負担がかかってしまいます。今回紹介したシャンプーをする際のポイントをおさえて行うようにしてみてください。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ