発毛・育毛サプリについて|ビオチンや亜鉛などの成分の効果から医学的根拠の有無を解説します

「発毛・育毛サプリを試したいけど、何を選んでいいのか分からない」
「そもそも、サプリメントに効果はあるの?副作用はないの?」
薄毛に悩む人で、このようなことを考えている人もいるのではないでしょうか。
薄毛が気になる人向けに販売されているサプリには、さまざまな種類があります。ここでは、発毛・育毛サプリに配合されている主な成分とその発毛効果、副作用などについて紹介します。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01発毛・育毛サプリの主な成分とその効果
  2. 02発毛・育毛サプリの男女による効果、副作用の違い
  3. 03医学的観点から見た「発毛・育毛サプリの効果」

発毛・育毛サプリの主な成分とその効果

ここがポイント!

  • 「ノコギリヤシ」「魚鱗コラーゲンペプチド」には一定の効果が期待できるかもしれない
  • ナツシロギクには片頭痛の予防効果はあるが、明確な発毛・育毛効果は乏しい
  • イソフラボンには骨粗しょう症の予防効果はあるが、明確な発毛・育毛効果は乏しい
  • 亜鉛、ビタミンB群には、髪の毛の主成分であるタンパク質の合成をサポートする働きがある

発毛・育毛サプリとして、さまざまな種類のものが市販されています。その成分もたくさんあり、代表的なものに、ノコギリヤシ、魚鱗コラーゲンペプチド、ナツシロギク、イソフラボン、亜鉛、ビタミン(ビオチン:ビタミンB7)、などがあります。ここでは、発毛・育毛サプリに含まれている主要な成分について、それぞれ詳しく説明していきます。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは米国東部を原産地とする、ノコギリのようにギザギザしている葉を持つ植物です。ノコギリヤシの果実から絞り出されたエキスが、男性の前立腺肥大による頻尿などの症状に効果的として、昔から欧米諸国で利用されてきました。最近では、男性型脱毛症(AGA)の症状改善に効果を示したという論文報告が複数出ていることから、発毛・育毛サプリとしても利用されています。しかし、検証が十分とは言えず、まだ明確な有効性が示されているとは言えません。

・ノコギリヤシについて詳しくは「【男性注目のサプリ「ノコギリヤシ」とは】AGAや頻尿の改善効果が期待される理由や女性の使用~髪や腎臓に対する副作用の可能性などまで」をご参照ください。
・ノコギリヤシが配合されたサプリの商品については「【ノコギリヤシサプリの効果について】男性の育毛・頻尿対策サプリとして用いられる理由~女性への効果や副作用についてまで解説」をご参照ください。

魚鱗コラーゲンペプチド

コラーゲンは皮膚,血管,骨に存在するタンパク質であり、コラーゲンが熱によって変性したものがゼラチンです。ゼラチンをさらに加水分解し、体内で吸収しやすくしたものがコラーゲンペプチドです。近年、様々なものが健康食品素材として利用されており、魚の鱗(魚鱗)由来のコラーゲンペプチドのことを、魚鱗コラーゲンペプチドと言います。

健康な成人女性64名を対象とし、魚鱗コラーゲンペプチド(5,000mg)摂取群と非摂取群にわけ、8週間後に有効性を評価した論文報告があります。開始時、摂取4週間後、摂取8週間後に頭頂部付近1ヶ所の毛髪径を測定し、摂取群と非摂取群で比較したところ、摂取群で毛髪径の増加が認められました。また、自覚症状に関するアンケートでは、摂取群は非摂取群と比較して摂取8週後の「髪のなめらかさ」が改善しました。以上のことから、魚鱗コラーゲンペプチドを摂取することで、健康な成人女性の毛髪径を改善させることが示されています。このことから、発毛・育毛効果が期待されますが、女性の薄毛の原因は様々であり、加えて男性についての検証はないことから、どのようなケースで有効であるかについては、明確ではありません。

ナツシロギク

ナツシロギクは、フィーバーフュー(feverfew)とも言われ、欧米では関節炎や片頭痛の治療に使われている植物です。主にナツシロギクの葉や花から抽出されたパルテノライド(PLT)という成分が,抗炎症作用を示すことが知られています。特に片頭痛の予防薬としては、一定の効果が認められています。頭皮への抗炎症効果による発毛・育毛効果が期待され、薄毛の方にサプリメントやハーブティーとして摂取されています。しかし、ナツシロギクがAGAを含む薄毛に対して、明確な発毛・育毛効果を示した論文報告はなく、薄毛に対する医学的な効果は乏しいと考えます。

イソフラボン

イソフラボンは大豆の胚芽に含まれており、弱い女性ホルモン作用を示すことがわかっています。女性は、閉経後に女性ホルモンの減少により骨粗しょう症になりやすいため、イソフラボン摂取により骨粗しょう症が予防できると期待されています。実際、一般財団法人生産開発科学研究所の研究では、イソフラボンを継続して摂取することで閉経後の骨粗しょう症の予防に効果を示したという報告がなされています。他にも心筋梗塞などの冠動脈心疾患の予防にも効果が期待できとする論文報告もあります。

一方、イソフラボンの発毛効果については脱毛症(AGAと円形脱毛症)の診療ガイドライン、皮膚科学会のホームページ、厚生労働省などの公的機関のホームページには記載されていません。しかし、FAGA(女性男性型脱毛症)には、AGAと同様に性ホルモンの関与も考えられています。加えて、男性ホルモンに作用する薬剤の有効性も指摘されており、女性ホルモンとしての作用を示すイソフラボンがFAGAに対して効果を発揮する可能性は否定できません。しかし、現状では検証が乏しいため、明確な医学的根拠はありません。

亜鉛

髪の毛の主成分はタンパ
ク質であり、亜鉛にはそのタンパク質の合成をサポートする働きがあります。そのため、重症な亜鉛不足の場合に脱毛などの症状が現れることがあります。このような背景から、毛の成長促進を目的とした亜鉛サプリが販売されています。
しかし、通常の食生活を送っている健康な成人であれば不足する可能性は低く、逆に過剰摂取により健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。
2017年3月に医療用医薬品として、亜鉛製剤(ノベルジン)が「亜鉛欠乏症」という病気に対して、使用可能となりました。脱毛が進行している場合などは、医師と相談のうえ血液検査の上、亜鉛製剤を摂取する場合もあります。

マルチビタミン

マルチビタミンとは言葉通り複数のビタミンのことを指し、それらを配合したものがマルチビタミンサプリとして販売されています。ビタミンはビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、パンテトン酸、ナイアシン、葉酸、ビオチンの13種類があります。
ビタミンの中でも「ビタミンB群」と「ビオチン」の持つ「脂質・糖・タンパク質の代謝を助ける働き」により、頭皮や髪の毛の健康を維持する役割が期待されています。

ビタミンB群やビオチンが配合されているマルチビタミンサプリには、次のようなものがあります。

<ビタミンB群やビオチンが配合されているマルチビタミンサプリ>
商品名 製造企業 価格(税込)
ネイチャーメイド マルチビタミン 大塚製薬 50粒(50日分):1,058円
100粒(100日分):1,814円
マルチビタミン DHC 30粒(30日分):381円
90粒(90日分):956円
マルチビタミン 小林製薬 30粒(30日分):648円
90粒(90日分):1,728円
ディアナナチュラ マルチビタミン アサヒ 20粒(20日分):280円
60粒(60日分):702円
マルチビタミン&ミネラル サントリー 180粒(30日分):2,052円
マルチビタミン 健康家族 62粒(31日分):1,382円
マルチビタミン ファンケル 30粒×3袋(90日分):1728円
30粒(30日分):648円
ビタミンと発毛効果について詳しくは「【AGAの予防と対策】食事やシャンプーなどの日常生活で出来る対策から予防薬の情報までを解説」をご参照ください。

参考


脱毛症診断チェック

発毛・育毛サプリの男女による効果、副作用の違い

ここがポイント!

  • 発毛・育毛サプリで、男女それぞれに限定して作用を検証したものはほとんどない
  • いくつかの成分では、男女で効果が異なる可能性がある

発毛・育毛を目的としたサプリで、男性用と女性用に分けられているものはありません。しかし、いくつかの成分では、男性と女性で効果が異なる可能性があります。ここではノコギリヤシ、魚鱗コラーゲンペプチド、イソフラボンについて、男女による有効性や副作用の違いについて説明します。

ノコギリヤシは男性の薄毛改善に効果が大きい

ノコギリヤシには男性ホルモンの一種であるDHTを減少させることにより、発毛・育毛効果が得られると考えられます。もともと前立腺肥大症に伴う頻尿などの症状改善に使用されていたことから、男性での有効性が多く検証されていました。
2004年にイタリアの研究グループが男性だけでなく女性も対象に含めて、ノコギリヤシの効果を調べたところ。女性を対象に含めた研究でもノコギリヤシが効果的であることを示しており、女性にも一定の効果が期待できる可能性があります。しかし、男性での効果を示した報告が多く、女性への有効性を示す根拠は乏しいと考えます。加えて、10歳の女児が服用したところ更年期のような症状が出現したという報告があり、小児への投与は避けた方がよいでしょう。また、フィナステリドと同様の効果が想定されているため妊娠中の服用も避けた方が良いと考えます。

詳しくは、「【ノコギリヤシサプリの効果について】男性の育毛・頻尿対策サプリとして用いられる理由~女性への効果や副作用についてまで解説」を参照ください。

魚鱗コラーゲンペプチドは健常な女性で効果が検証されている

上の章でも説明したように、魚鱗コラーゲンペプチドは、健常な成人女性を対象とした研究で毛髪径の増加と自覚症状の改善が示されています。女性であっても、薄毛の原因は様々であり、全ての薄毛に効果が得られるとは限らず、また、男性における有効性は明確ではありません。

イソフラボンは女性ホルモン様の作用を示す

イソフラボンは、弱い女性ホルモン作用を示すことがわかっており、その作用によって閉経後の骨粗しょう症の予防に効果があると考えられています。よって、女性ホルモンが関与するような女性の薄毛症状には、効果を示す可能性がありますが、男性の薄毛に効果を示すかどうかの根拠は乏しいと考えます。

魚鱗コラーゲンペプチドは、健常な女性での毛髪径の増加が認められており、FAGAの方に対するエビデンスは少ないですが、ある程度の効果は認められると考えます。

医学的観点から見た「発毛・育毛サプリの効果」

ここがポイント!

  • サプリには明確な定義や基準がなく、その効果は医学的に証明されていない
  • サプリに配合されているいくつかの成分には、有効性が示されているものがある
  • 医学的に効果があると証明されているものは「医薬品」のみ

発毛・育毛を期待する人を対象にしたものには、サプリだけでなく医療機関で処方される医療用医薬品もあります。ここでは発毛効果を持つ医薬品との違いを明らかにしながら、「発毛・育毛
サプリの効果」について詳しく見ていきましょう。

そもそもサプリとは

一般的にサプリとは「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」を指しますが、明確な定義や基準が設けられているわけではありません。食品としての分類では「一般食品」ではなく「健康食品」に分類されますが、「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」などのように、国によって健康補助機能が認められていたり、栄養成分の基準が設けられていたりするものとは区別されています。

医薬品との違いは

医薬品とサプリの違いは、摂取することにより身体にもたらされる効果が医学的に証明されているかによって決まります。

サプリは配合されている成分の作用が明らかであっても、サプリ自体を摂取することにより得られる効果が医学的に証明されているわけではありません。一方、医薬品は厚生労働省などの国の機関によって効果や安全に関する基準が明確に定められており、それらを満たして初めて医薬品として認可されるため、効果や副作用について医学的に証明されていると言えます。

発毛サプリの効果は医学的根拠がない

発毛・育毛サプリには医薬品が持っているような、明確な「医学的に証明された効果」はありません。サプリのパッケージや広告などには、様々な宣伝がされており、中には高額なものもあります。このことをよく理解した上で、サプリを購入、利用するようにしましょう。

参考

脱毛症診断チェック

まとめ

発毛・育毛サプリはドラッグストア、コンビニ、通販などで簡単に購入でき、気軽に飲み始めることができます。ここで紹介したいくつかの成分には、一定の効果が示されているものがありますが、全てのサプリや成分に、有効性が明確に証明されているわけではありません。しっかりとした発毛効果を期待するのであれば、医薬品の使用をお勧めします。医療機関への受診に抵抗がある、もしくは時間的に難しい場合などは、一般用医薬品に分類される発毛・育毛剤であれば、薬剤師のいる薬局で購入できます。発毛・育毛サプリのパッケージや広告などには、様々な宣伝がされており、中には高額なものもあります。サプリを利用する際は、このことを理解した上で、自分の希望やライフスタイルに合わせて試してしていくようにしましょう。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ