【ミノキシジルの副作用とは】外用薬治療を受けている人が知っておくべき副作用を解説

日本皮膚科学会が策定したAGAの診療ガイドラインでは、AGAの治療薬としてミノキシジルを配合した外用薬の使用が推奨されています。ミノキシジル配合の育毛剤は、市販されているため、医療機関を受診しないでも購入することができます。ここでは、薄毛で悩む多くの方が使用していると考えられるミノキシジル外用薬の副作用について、かぶれなどの皮膚症状の他に、むくみ、頭痛、動機などが生じる可能性はあるのか、死亡するケースや子作りに影響する場合はあるのかなど、順を追って解説していきます。

Okada
岡田 里佳 医師監修
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

目次

  1. 01ミノキシジル外用薬とは
  2. 02ミノキシジル外用薬の副作用一覧
  3. 03ミノキシジル外用薬の副作用でむくみは起こるのか
  4. 04ミノキシジル外用薬の副作用で頭痛は起こるのか
  5. 05ミノキシジル外用薬の副作用で動悸は起こるのか
  6. 06ミノキシジル外用薬の副作用で死亡する例はあるのか
  7. 07ミノキシジル外用薬の副作用は、子作りに影響するのか
  8. 08まとめ

ミノキシジル外用薬とは

ここがポイント!

  • 日本で唯一「発毛・育毛効果」が認められている外用薬

ミノキシジルの「発毛・育毛効果」は医学的に証明されており、日本皮膚科学会が策定しているAGAの診療ガイドラインでは、「ミノキシジルの外用薬」を男女ともに第一選択薬として推奨しています。また、男性と女性では、推奨されるミノキシジルの配合量が異なり「男性は5%、女性は1%」とされています。

現在、日本で製造・販売されているミノキシジルを配合した育毛剤は、大正製薬の「リアップ」シリーズのみです。リアップシリーズは市販されており、ドラッグストアや通販で購入することが出来ます。しかし、第一類医薬品に分類されるため薬剤師による「薬の安全性に関した情報提供」を受けることが義務付けられています。ドラッグストアは薬剤師がいる店舗、通販は薬剤師からの薬の情報提供に関するメールに返信をしないと商品が発送されない仕組みとなっています。

AGAの治療薬の種類や効果について詳しくは「AGA治療薬の効果と副作用|主な2種類の薬~ジェネリック薬情報や値段・通販・輸入薬などについて解説」をご参照下さい。
リアップシリーズの効果、種類、価格などについて詳しくは「【リアップ徹底解説】ミノキシジル配合の育毛剤リアップシリーズについて種類・効果・購入方法・費用まで」をご参照下さい

脱毛症診断チェック

ミノキシジル外用薬の副作用一覧

ここがポイント!

  • 基本的には、ミノキシジル外用薬の副作用は少ない
  • よく見られる副作用は、「かぶれ」などの皮膚症状
  • 頭皮が荒れている時は、一時的に使用を中止しよう

一般的に、ミノキシジル外用薬の副作用の出現頻度は低いと言われています。その中でも多い副作用は、「かぶれ」などの局所の皮膚症状です。しかし、ミノキシジル配合の育毛剤「リアップ」シリーズの添付文書には、以下のような様々な症状が副作用の可能性があるとして記載されています。
頭皮が荒れているなど皮膚のバリア機能が障害されている時に使用すると、ミノキシジルが頭皮からいつもより多く吸収され、副作用が出やすくなります。頭皮が荒れている時などは、一時的に使用を中止することをおすすめします。

<ミノキシジルの副作用>
部位 症状
皮膚 頭皮の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感など
精神神経系 頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器 胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系 原因不明の急激な体重増加、手足のむくみ

これらの症状が現れた場合には、直ちに使用を中止し、添付文書を持参して医師または薬剤師に相談することが大切です。ここからは、「かぶれ」などの皮膚症状以外の、むくみ、頭痛、動機などの症状について説明していきます。

副作用は、少しでも薬との関連があると認められた症状は全て記載されます。ミノキシジル外用は、使用方法を守って使う限り、全身的な副作用が出現する可能性は極めて低いと考えられます。

参考


ミノキシジル外用薬の副作用でむくみは起こるのか


ミノキシジルを配合している「リアップ」シリーズの添付文書には、リアップの使用によって「むくみを増強させる可能性が考えられるため、もともとむくみのある人は、リアップの使用前に医師または薬剤師に相談すること、と記載されています。健常な成人が使用した場合、ミノキシジル外用薬の副作用でむくみが生じる可能性は極めて低いと考えます。しかし、心臓などの持病を持っている方は、ミノキシジルの外用薬であっても、心臓などの臓器に影響を及ぼす可能性があり、むくみが増強される可能性が考えられます。

参考


脱毛症診断チェック

ミノキシジル外用薬の副作用で頭痛は起こるのか

ここがポイント!

  • ミノキシジル外用によって、血圧に影響を及ぼしたとする報告は少ない
  • よって、血圧の変化によって頭痛が起こる可能性は低い

ミノキシジルという成分は、もともと血管を拡げて血圧を下げる作用があり「血圧の薬」として使用されていました。そのため、外用薬としての使用であっても、血圧に影響を及ぼす可能性は否定できません。血圧の変化は頭痛の原因にもなるので、ミノキシジルの副作用で頭痛が生じる可能性はあると考えられるのです。しかし、ミノキシジルの外用によって血圧が低下したことを示した論文報告はなく、むしろ外用では血圧が下がらなかったとする報告が多く見られます。よって、健常な成人であれば、ミノキシジル外用薬が血圧に影響を及ぼす可能性は極めて低いと考えます。しかし、リアップの添付文書では、男性用と女性用ともに、「高血圧の人、低血圧の人」は使用前に医師または薬剤師に相談するよう記載されています。もともと心臓に持病があるような方は、使用については主治医や薬剤師に相談することが大切です。

参考


ミノキシジル外用薬の副作用で動悸は起こるのか

ここがポイント!

  • ミノキシジル外用薬の使用で、心拍数が増えた報告はある
  • もともと心臓に持病がある方は、購入する前に主治医や薬剤師に相談する必要がある

ミノキシジル外用薬で動悸が出現したとする報告はあり、特に心臓に持病がある方は使用時に注意が必要と考えます。リアップの添付文書には、男性用・女性用ともに心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性が考えられるとあり、心臓または腎臓に障害のある人は、使用前に医師または薬剤師に相談するように記載されています。健常な成人でも、リアップ使用によって、心拍数が増える可能性は否定できません。リアップ使用により、動悸を自覚する場合は、早めに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

参考


脱毛症診断チェック

ミノキシジル外用薬の副作用で死亡する例はあるのか

ここがポイント!

  • 正しい方法で使用する限り、死につながるような重篤な副作用が出現する可能性は極めて低い

ミノキシジル外用薬の使用によって死亡する可能性があると噂になったきっかけには、1999年の報道が関係しています。
1999年9月に新聞等で「一般用医薬品の副作用と疑われる死亡例が、過去3年間に10例、厚生労働省に報告されていた。うち3例がミノキシジル製剤を使用していた方だった」と報道がありました。これに対して、ミノキシジル配合の育毛剤「リアップ」シリーズの製造元である大正製薬株式会社のホームページには「いずれの例も死亡と薬剤との因果関係は不明で、厚生労働省でも副作用の可能性は低いと正式にコメントされています」と記載されています。

実際に、1999年12月に厚生労働省は「ミノキシジルと循環器系の副作用の関連性については、米国で行われた20,000例の疫学調査から関連がないと結果が得られていることを医学的根拠として、死亡例とミノキシジルの関係を疑うことは難しい」と発表しています。
よって、ミノキシジル外用薬は、添付文書に示されているような使用方法を守る限り、死につながるような重篤な副作用が出現する可能性は極めて低いと考えます。ただし、内服薬(ミノキシジルタブレット)は、外用薬と異なり重篤な副作用が生じる可能性はあり、日本では製造・販売は認められていません。ミノキシジルタブレットの副作用については、詳しくは、〜を参照してください。

参考


ミノキシジル外用薬の副作用は、子作りに影響するのか


AGA治療の外用薬である「ミノキシジル」の副作用には、生殖機能に影響を及ぼすものは報告されておらず、子作りには影響は与えないと考えられます。
一方、内服薬である「フィナステリド」「デュタステリド」は、性欲減退や勃起不全などの副作用が報告されています。また、男の子を妊娠している女性が内服薬の成分を取り入れてしまうと、胎児の生殖器の形成に影響を及ぼすとされています。
いずれにしても、子作りを考えている方は、外用薬を購入前に医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

脱毛症診断チェック

ミノキシジルの副作用で白髪になるのか

ここがポイント!

  •  添付文書や日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインにも、「ミノキシジルの副作用で白髪になる」という記載は無い

日本で製造販売が認可されているミノキシジル配合の外用薬は、大正製薬の「リアップ」シリーズのみです。リアップシリーズの添付文書や日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインによると、ミノキシジルの主な副作用については、「発疹」「かぶれ」「かゆみ」「皮膚が赤くなる」などの皮膚トラブルが記載されています。「ミノキシジルの副作用で白髪になる」という記載は、一切ありません。
白髪が増える原因は加齢による影響が考えられ、色素細胞の働きが弱まり、髪の毛を黒くするためのメラニン色素が作れなくなることで白髪が増えるとされています。
ミノキシジルの主な効果は、「髪の毛の成長因子の産生を促進する」「髪の毛の周辺組織の血流を改善する」「髪の毛の基となる細胞の減少を抑制する」などです。直接的にミノキシジルの副作用で白髪になるとは考えにくいですが、ミノキシジルと白髪の関連性に関しては医学的根拠が乏しく、現在のところはっきりとしたことは分かっていません。
ですが、ミノキシジルを使用してから、白髪が増えた場合には他の原因も考えられますので、医師、薬剤師に使用を継続していいかを含め相談をしてみると良いでしょう。

参考

基本的には、ミノキシジル外用薬の副作用は少ない

ここがポイント!

  • 日本皮膚科学会が策定したAGAの診療ガイドラインでは、有効性と安全性からミノキシジル外用薬の治療が男女共に推奨されている

日本皮膚科学会が策定したAGAの診療ガイドラインでは、AGA治療薬の一つとしてミノキシジルを配合した外用薬の使用が推奨されています。ミノキシジル外用薬は、AGA治療において育毛・発毛に効果があると医学的に証明されており、副作用の少ない治療薬として、有効性と安全性の面から男女共にAGA治療の第一選択薬として推奨されています。また、AGA治療に用いられる内服薬は、男性ホルモンに関与する作用があり、妊婦や妊娠する可能性がある女性や未成年は使用出来ません。そのため、ミノキシジル外用薬は女性のAGA治療においては少ない選択肢の一つでもあります。
ミノキシジル外用薬は、副作用が少ない治療薬と紹介してきましたが、医薬品なので使用には十分に注意が必要です。
主な副作用は「発疹」「かぶれ」「かゆみ」「皮膚が赤くなる」などの皮膚トラブルですが、「頭痛」「めまい」「胸の痛み」「体重増加」「手足のむくみ」などの症状が出ることもあります。このような副作用が現れたら使用を直ちに中止して、医療機関で医師の診察を受けるようにしましょう。また、薄毛を早く治療したいという気持ちから、規定量を超えて、一度に大量に使用することは、副作用が現れる危険性を高める可能性があるため、医師や薬剤師の指示のもと、用法用量を守って正しく使用しましょう。

参考

脱毛症診断チェック

まとめ

ミノキシジル外用薬の副作用として、頭皮の発赤や発疹、かゆみなどの頭皮トラブルが最も多く出現します。しかし、ミノキシジルには血管を拡げて血圧を下げる作用があり、もともとは血圧を下げる飲み薬として開発されました。そのため、ミノキシジルの外用でも、血圧や心臓、腎臓などの働きに影響を与える可能性があると考えられています。そのため、むくみ、頭痛、動悸といった副作用が生じる可能性を否定できません。もともとむくみがある人、高血圧・低血圧の人、心臓または腎臓に障害ががある人などは、副作用がより出やすいと考えられるため、ミノキシジルを使用する前に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。
ミノキシジ ル配合の育毛剤は、市販されていますが薬剤師による情報提供が義務付けられているので、説明を受ける際に気になる点がある方は相談をしてみると良いでしょう。
万が一、ミノキシジルを使用中に体に異変が生じた場合には、ただちに使用を中止し商品と添付文書をもって医療機関を受診するようにしましょう。

円形脱毛症・前頭脱毛症などの脱毛症でお悩みの方へ

Okada
岡田 里佳 医師
TMクリニック院長、日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医、日本内科学会認定 認定内科医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医

プロフィール

2008年名古屋市立大学医学部卒業。内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得。2017年11月、誰にでも最適な医療を提供するためTMクリニック 皮フ科を開設。

この記事の情報の信憑性について

オンラインクリニックでは、医療従事経験者による記事編集、専任の監修医を設けることにより信頼性のある情報提供を心がけておりますが(詳細は「運営方針」をご確認ください)、ユーザーの方ご自身、またはご家族の具体的な医療上の問題を解決する必要がある場合には、医療機関へ相談されるか、または受診をするようにしてください(詳細は「利用規約」をご確認ください)。

記事についてのお問い合わせ